元中学校教師道山ケイの公式ブログです!現在道山ケイは思春期の子育てアドバイザー、成績UPコンサルタントとして中学生の子どもやそのお父さんお母さん向けに、効率の良い勉強の仕方や不登校、反抗期の解決策などを伝える勉強会を定期的に行っています!

menu

道山ケイ公式ブログ|効率の良い勉強法や不登校解決策を紹介

オール4以上の子どものお母様に理解してもらいたいこと

成績

 ← 道山はいま何位?

私の元には毎日、
50通以上相談メールが来ます。

ほとんどが
親子関係に関する相談なのですが、
2日に1回くらいのペースで、
こんな相談が来ます。

うちの子の点数は今
470点(5教科)なのですが、
1日2時間しか勉強していません。

もっと勉強させるにはどうしたら良いですか?
うちの子は今、
オール5なのですが、
家では全く勉強しません。

このままだとまずいですよね?
うちの子は学年3位です。
どうしたら学年1位を取らせることが
できるのでしょうか?

上記の3つの相談は、
実際に私の元に来た相談です。


そこで本日は、
既にオール4以上
(5教科で400点以上)取れている
中学生の保護者向けの話をします。

子どもが既にオール4以上ある場合、
まず最初にやってもらいたいステップは、
「子どもに何点取りたいかを聞く」
というステップです。

例えばあなたのお子さんが、
どうしても将来医者になりたいとします。
その場合やはり内申点でいうと
42以上の高校に入った方が、
医者になれる可能性が高いです。

であれば、
42以上の内申点を取るために、
親子で取り組んでいけばよいです。
※もちろん私も全力でサポートします。

ただあなたのお子さんが現在
特になりたい職業などなく、
高校に入ってから考えればいい
と思っているのであれば、
これ以上勉強させない方が良いです。

なぜなら、
オール4ある時点で、
行きたい高校の8割くらいは合格できます。
子ども自身は既に頑張っているので
これ以上頑張らせると荒れてしまう
「お母さんは何点取れば満足なの?」
という不信感が生まれます。

勉強するという行為は時間を使うので、
中学校の思い出が勉強ばかりになってしまう。
その結果人生を振り返った時に、
もっと遊んでおけばよかったと後悔するからです。

※上記はあくまでも私の考えなので、
これが100%正解かどうかはわかりません。

あともし仮に高校に入ってから
「医者になりたい」という夢が
見つかったとします。

こういった状況であっても、
オール4以上の学校に通っていれば、
高校で勉強を頑張れば、
医学部に入ることができます。

だからオール4以上の学校に入れば、
あなたのお子さんの進路が狭くなる
ということはまずありません。
だから私自身の考えとしては、

  • まずは勉強する目的を考える
  • 夢があるならそこまで点数を上げる
  • 何もなければまずは高校に入れる最低レベルであるオール2を目指す
  • 子どもがやる気ならオール4までめざす
それを達成したらそれ以上は勉強させない
と言うのが良いと思います。
※あくまでも私の考え方です。


私たちは昔から、
勉強をすること=優秀なこと
という洗脳を受けているので、
ついもっと上!もっと上!
と頑張らせてしまいがちです。

 

ただこの考え方は
子どもを苦しめる考え方なので、
やりすぎると子供が非行や不登校になります。

 

ある程度の結果が出たら、
それで満足してあげた方が、
良いのかなと私は思います。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックをいただければとても嬉しいです 🙂

 ← 道山はいま何位?

 

関連記事

子どもの成績を短期間で上げたいお母様へ

image

子どもの反抗期を改善したいお母様へ

思春期の子育てメール講座    
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログランキング参加中

ブログランキング

7日間の成績アップ無料メール講座

7日間のメール講座

思春期の子育てメール講座

思春期の子育てメール講座

オフィシャルサイト

道山ケイオフィシャルサイト

プロフィール

道山ケイ

2014年まで公立の中学校で教師をしていた。その時、学年最下位のクラスをわずか9か月で学年トップに導く。また、体育大会や合唱コンクールの2冠を取るなど、子どもたちをやる気にさせる方法を習得。その後独立し、現在はメルマガやセミナーなどを通して、中学生の保護者向けに、子どもをやる気にさせる方法や効率の良い勉強方法、正しい子どもへの接し方(子育て方法)などを教えている。

>>続きを見る

>>プライバシーポリシー・運営者情報