元中学校教師道山ケイの公式ブログです!現在道山ケイは思春期の子育てアドバイザー、成績UPコンサルタントとして中学生の子どもやそのお父さんお母さん向けに、効率の良い勉強の仕方や不登校、反抗期の解決策などを伝える勉強会を定期的に行っています!

menu

道山ケイ公式ブログ|効率の良い勉強法や不登校解決策を紹介

1日何時間勉強すればよいのか?

勉強時間

nblog1 ← 道山はいま何位?

中学生の子から良くいただく相談に、
「長時間勉強したくないんだけど、テストで高得点を取りたい」
というものがあります。

実は私も自分が子どもだった時は、
同じような希望を持っていたので、
こういった相談をくれる子の気持ちは良くわかります。

ただ指導する立場になって分かることは、
「成績を上げるためには最低限の時間が必要」
ということです。

勉強時間は嘘をつかないが友達は嘘をつく

授業風景
あなたの周りにもおそらく、
「俺はテスト勉強を1分もせずに80点取れる」
「前日に徹夜すれば90点は取れる」
と言っている子がいると思います。

 

そういった言葉を聞くと、
「もしかしたらある魔法の勉強法を行えば、
1日5分の勉強で90点以上取れるのではないか」
と思うかもしれません。

 

ただこれは大きな誤解です。
100%ではないのですが、私の経験上こういったことを言う子は、
必ず陰で人一倍勉強をしています。

 

確かに私が今までに教えた子の中で、1人だけ授業を聞くだけで、
毎回95点以上の点数を取る子がいました。
(お母さんから相談を受けたので間違いないです)

 

ただ今までたくさんの生徒と出会ってきて、
本当にその子一人だけです。
確立にすると0.1%くらいだと思います。

 

あと参考までに、上記の子は授業中の集中力が、
他の子の10倍くらいありました。
寝ていることは一度もありませんし、誰よりも早く問題を解いて、
授業中にワークを進めたりしていました。

 

そのくらいやらないと、
勉強せずに90点取ることは不可能なのです。

成績と勉強時間の目安とは?

時計
では成績と勉強時間の目安とはどれくらいか?
あくまでも私の経験なのですが、

 

●オール4以上の中学生
日常の勉強は1日3時間
テスト前の平日は1日5時間、土日は8時間

 

●オール3の中学生
日常の勉強は1日1時間
テスト前の平日は1日2時間、土日は4時間

 

●オール2の中学生
日常の勉強は1日15分
テスト前の平日は1日30分、土日は1時間

 

くらいだと思います。
内申点を9上げようと思ったら、大体今の勉強量の3から4倍
くらいはやらないと、厳しいというわけです。

 

逆に考えると、上記の勉強量を行っているのに、
上記の内申点を取れていないとしたら、
それは勉強の仕方を間違えているわけです。

1日何時間勉強すればよいのか?

勉強
もしあなたがオール4以上の成績を取りたいなら、
最低でも上の目安くらいの時間は勉強しないといけません。

 

よく「1日何時間勉強したらよいですか?」
という質問をもらうのですが、
その答えは人によって異なるわけです。

 

良い成績を取りたいのであれば、
それなりの努力が必要になります。
だから必要な努力の量を考えて、
自分が取りたい点数を考えないといけないのです。

 

全員が全員オール4以上を取る必要はありません。
あなたにとって必要な成績を取ればそれでよいのです。
さすがにオール2くらいはないと高校進学が厳しいので、
オール2くらいまではあげた方が良いと思います。

 

ただそれ以上どこまで上げるかは、
自分で決めれば良いのではないかと私は思います。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1 ← 道山はいま何位?

 

関連記事

子どもの成績を短期間で上げたいお母様へ

image

子どもの反抗期を改善したいお母様へ

思春期の子育てメール講座    
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログランキング参加中

ブログランキング

7日間の成績アップ無料メール講座

7日間のメール講座

思春期の子育てメール講座

思春期の子育てメール講座

オフィシャルサイト

道山ケイオフィシャルサイト

プロフィール

道山ケイ

2014年まで公立の中学校で教師をしていた。その時、学年最下位のクラスをわずか9か月で学年トップに導く。また、体育大会や合唱コンクールの2冠を取るなど、子どもたちをやる気にさせる方法を習得。その後独立し、現在はメルマガやセミナーなどを通して、中学生の保護者向けに、子どもをやる気にさせる方法や効率の良い勉強方法、正しい子どもへの接し方(子育て方法)などを教えている。

>>続きを見る

>>プライバシーポリシー・運営者情報