学校の授業が3倍わかりやすくなる方法

授業

nblog1

↑ 道山はいま何位?

すごく当たり前の話なのですが、
これをするだけで学校の授業が、
3倍わかりやすくなる魔法の方法があります。

私の感覚だと、
オール4以上の成績を取っている子の
8割くらいは当たり前に行っている
勉強方法になります。

もしお子さんがやっていなければ、
是非この記事をシェアしてあげると
良いのかなと思います。

その方法は何かというと、、、
予習です!

なぜ授業がわからなくなるのか?

数学教科書
そもそも授業がわからなくなる、
一番の原因って、何だと思いますか?
それは、

 

「先生が説明するスピード
学ぶスピードが付いていけていない」
ことです。

 

例えば先生が、
連立方程式を説明したとします。
中学校の数学の中でも、
連立方程式はかなり難しい分野です。

 

だから先生も、
できる限り時間をかけて説明します。

 

しかし、
中学校には年間の学習カリキュラム
と言うものがあって、

 

教師はそのカリキュラムを
1年間で終わらせるペースで、
授業を進めていかないといけません。

 

その結果、
どうしても一つの分野に
割ける時間と言うのが限られてくるわけです。

 

その結果、
全体の5割くらいの子しか
理解できないペースで、
授業を進めざるを得ないのです。

前日に15分予習するだけで理解度が3倍に

時間 では、早い授業ペースに
付いていくためには、
どうしたら良いのかと言うと、

 

予め翌日に学ぶ問題を
理解しておく良いです。
これが予習なのです。

 

例えば連立方程式の場合、
前日に連立方程式の解説が書いてあるところを、
読んでおくようにしてください

 

もちろんまだ習っていない範囲なので、
読んでも理解できないところが、
いくつかあると思います。
それでも全く問題ありません。

 

わからないところが出てきたら、
その部分に丸をつけておき、
翌日の授業で注意して聞くようにしましょう。

 

予習をしておくと、
授業中は予習でわからなかったところだけに
集中して聞くことができるので
一気に理解度が上がります。

わからないのは頭が悪いからではない

予習
ここまで読んでいただければ
わかると思うのですが、
授業を聞いていてわからなくなるのは、
お子さんの頭が悪いからではありません。

 

授業の速度が速いため
付いていけないだけなのです。

 

だから前日に少し予習しておけば、
どんなに難しい問題でもついていける
ようになるので、
点数も大幅アップできると思いますよ!

 

明日ですが、
「ご褒美を提示しても欲しいものがない場合」
というお話します。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山はいま何位?

関連記事

  1. すごい学習メソッド

    子どもを勉強させたいときに読むべき書籍

  2. 親は子供の勉強にどこまで関わるべきか

  3. おすすめ家庭教師

    道山流おすすめ家庭教師マニュアル2016をお配りします

  4. 5教科合計131点上がった成果報告

  5. 塾

    目的で考える!正しい学習塾の選び方

  6. 5教科の合計が67点UPした成果報告

  7. 音楽を聴く

    洋楽でリスニング力はつくのか?

  8. 勉強しない

    子どもが勉強しない真の原因は何か?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

道山は今何位?

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

プロフィール

思春期の子育てアドバイザー。親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。>>続きはこちら
PAGE TOP