作文や感想文が書けない時は?

作文、感想文

nblog1 ← 道山はいま何位?

先日こんな相談をいただきました。
※プライバシー保護の関係で内容を一部変更しております。

こんばんは。
うちの娘ですが、作文や感想文など意見を書くものは
授業でも宿題でも『書けないから』と
やらなくどんなに言っても後回しにしてしまいます。

小学校の頃は公立だったので、それでもよかったのかもしれませんが、
中高一貫校に入学した後、この状況では成績も伸ばせず、
まして大学受験やこれから社会人になってからの
小論文やレポートに困ることが心配です。

紙に何も書かないで、出来ないという娘に
どうしたら書けるようになるでしょうか?

 

この相談は
保護者の方から頂いたものなので、
今日は保護者向けの対策をお話ししようと思います。

保護者向け!子どもが作文を書けない時

本を読む親子
まず保護者向けの話をします。
もしわが子が作文や読書感想文が書けなかったら、
一緒に書いてあげるようにしてあげてください

 

例えば夏休みに、読書感想文の宿題が出たとします。
まずはお子さんに「好きな本買いに行こう」と言って、
好きな本を買ってあげてください。

 

それが読み終わったくらいのタイミングで、
「じゃあ一緒に感想文を書こう」と言って、
本の感想を聞きながら親が文章を作ってあげれば良いです。

 

当たり前ですが、
あなたもお子さんと同じ本を読むようにしてくださいね
最後は親が創った文章を、
子どもが清書をして完成となります。

感想文なんて書けなくても生きていける

夢
今回相談を下さった方は、
おそらく親が感想文を作ってあげたら、
子どもが将来仕事などで困るのではないか
と思って相談をしていただいたのだと思います。

 

ただ私の感覚だと、感想文や作文なんて書けなくても、
全く問題ありません。
なぜなら私自身、
中学生の頃は本当に文章を書くのが苦手でした。

 

読書感想文なんてあらすじを写して提出!
みたいな感じで出していました(笑)

 

教師になってからも本当に苦手で、
教育論文などはお金を払って、
業者にやってもらったことすらあるくらいです。
※きちんと教務の先生に許可を取りました(笑)

 

それくらい苦手な私が今、
あなたに向けて毎日文章を書くという仕事をしているわけです。

 

つまり、感想文や作文なんて書けなくても、
将来全く困らないというわけです。

 

もちろん作家さんになりたいのであれば、
それなりに文章を勉強する必要はありますが、
そういった夢がある子以外は、
無理に苦手な力を伸ばす必要はない思います。

苦手な力よりも得意な力を伸ばす方が良い

部活
今回相談をくれた方のお子さんは、
とにかく文章を書くのが苦手なのだと思います。

 

ただこういった文章を書くのが苦手な子は、

 
  • スポーツが得意
  • 数学などの計算が得意
  • 友達と遊ぶのが得意
  • 工作など物を作るのが得意
 

と言う感じで、
必ず他の分野で得意なことがあるはずです。

 

だからそういった分野を伸ばしてあげた方が、
将来活躍できる人間になると私は思っています。
ですので、
苦手な分野はとりあえず親が手伝ってあげれば十分!
将来その分野の力が必要になれば自分で学ぶので問題なし!
今はお子さんの得意分野を伸ばすこと意識する!
と考えるのが良いのかなと私は思います。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1 ← 道山はいま何位?

 

関連記事

  1. テスト後にやるべきこと

    定期テスト後にやるべき2つの行動

  2. 部活

    部活動の顧問の対応が理不尽なときは?

  3. スマホ

    スマホを注意すると子供が暴れる場合の対処法

  4. 授業眠い

    授業中眠い時の対処法

  5. 親子勉強

    子どもは親と一緒に勉強しても良いのか?

  6. アプリ

    アプリで英会話力は伸びるのか?

  7. 国語

    高校生におすすめの参考書(国語)を紹介!

  8. 勉強

    24時間365日学習で成績は上がるのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

道山は今何位?

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

プロフィール

思春期の子育てアドバイザー。親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。>>続きはこちら
PAGE TOP