元中学校教師道山ケイの公式ブログです!現在道山ケイは思春期の子育てアドバイザー、成績UPコンサルタントとして中学生の子どもやそのお父さんお母さん向けに、効率の良い勉強の仕方や不登校、反抗期の解決策などを伝える勉強会を定期的に行っています!

menu

道山ケイ公式ブログ|効率の良い勉強法や不登校解決策を紹介

無駄な通信教育を続けるべきか?

通信教育

nblog1

↑ 道山はいま何位?

教材購入者の方から頂く相談の中で、

  • 今進研ゼミなどの通信教育をしている
  • ただ成績が上がっていない
  • やめた方が良いのか?
というものがあります。

 

学習塾の場合、友達との交流という
目的もあるのですが、通信教育の場合は、
そういった目的もありません。

 

では結果が出ていない通信教育の場合、
すぐに辞めた方が良いのでしょうか?
通信教育

通信教育の上手な活用法

通信制高校
そもそも通信教育には、様々な種類があります。
詳しくはこちらのページを
参考にしていただきたいのですが、

 

>>通信教育を受講しようか悩んでいる方へ

 
  • 自宅に教材が送られてくるもの
  • インターネット学習塾
  • インターネット家庭教師
の3つに分類できます。

 

私自身、この中で唯一おすすめできるのが、
「インターネット学習塾」になります。
なぜなら動画授業をだらだら見ているだけでも
復習になるからです。

 

ただしっかり学ぶとという目的であれば、
学校の問題集を繰り返した方が良いです。

 

ちなみに今一番値段が安く、
動画授業のクオリティが高いのは、
こちらのアプリになります。

 

>>スタディサプリ

結果が出ていないなら辞めるべき

書店の問題集
上記のアプリのように、
・習ったことを動画で復習する
と言う目的で使用するのであれば、
非常に通信教育は良い選択肢だと思います。

 

ただ、

 
  • 自宅に教材が送られてくるもの
  • インターネット家庭教師
 

を契約していて、

 
  • 今全く成績が上がっていない
  • 教材がほとんど消化できていない
  • ここに時間がかかるため学校の問題集ができていない
のであれば、正直やめた方が良いです。

 

すぐに契約解除して、そのお金で週1回家庭教師を雇い、
テキストは学校の問題集+書店の問題集
かえた方が成績は上がります。

子どもの意志+お金で判断する


ただここで一つ大事なことがあります。
それは何かというと、
一番大事なことは点数ではなく、
子どもの意志と言うことです。

 

もし結果が出ていなくても、
子供が「どうしても続けたい」と言うなら、
私は無理に辞めさせない方が良いと思います。

 

なぜなら過干渉になってしまうので、
愛情バロメータが下がるからです。
「でも道山先生、お金が無駄じゃないですか?」
と思われる方もいると思います。

 

はい、その通りです。ですので、
お子さんにこう伝えてください。

 

「今やっているゼミはあまり使っていないよね。
あなたが続けたいなら続けるのはいいよ。
でも毎月5000円かかっているから、

 

もし辞めて成績が上がったら、
その5000円をお小遣いとしてあげようか?」
と伝えるのです。

 

要するに、
今毎月5000円の通信教育に入って
成績が上がっていないならお金の無駄です。

 

どうせ5000円を捨てるなら、
それをご褒美にして子どもの成績を伸ばした方が、
子ども自身のやる気アップにもつながるし、
お金の節約にもなるわけです。

 

もちろんこれを伝えても、子供がやりたいというなら、
続けさせてあげれば良いと思います。
※費用的に問題がなければですが。

 

無理に辞めさせるのではなく、
子どもの意志でやめるように、
いろいろと代案を考えてあげるのが
親の役目なのかなと思います。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山はいま何位?

 

関連記事

子どもの成績を短期間で上げたいお母様へ

image    
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログランキング参加中

ブログランキング

7日間の成績アップ無料メール講座

7日間のメール講座

思春期の子育てメール講座

思春期の子育てメール講座

オフィシャルサイト

道山ケイオフィシャルサイト

プロフィール

道山ケイ

2014年まで公立の中学校で教師をしていた。その時、学年最下位のクラスをわずか9か月で学年トップに導く。また、体育大会や合唱コンクールの2冠を取るなど、子どもたちをやる気にさせる方法を習得。その後独立し、現在はメルマガやセミナーなどを通して、中学生の保護者向けに、子どもをやる気にさせる方法や効率の良い勉強方法、正しい子どもへの接し方(子育て方法)などを教えている。

>>続きを見る

>>プライバシーポリシー・運営者情報

アーカイブ