中学生向け!やる気を維持する方法

勉強

勉強は特にそうですが、
やる気を維持するのは非常に大変です。

私のもとには毎日20通以上、
中学生からメールやLINEが来るのですが、

勉強を頑張ろうと思うのですが、
ついやる気がなくなってしまいます。
どうしたらよいのでしょうか?

という相談を毎日のようにもらいます。

そこで本日は、
道山流やる気を維持する方法について
紹介します。

お父様お母様は、
ぜひお子さんにも
シェアしていただけると
良いかと思います。

作戦1 小さなご褒美を用意する

ご褒美
最初の方法は、
自分で小さなご褒美を用意する
という方法です。

 

私が中学生の時は、
図書館で勉強していました。
そこには大好きな雑誌がありました。

 

そこで、
1時間勉強したら15分雑誌を読む。
という流れで勉強をしていました。

 

15分の雑誌閲覧というのが、
当時の私のご褒美です。

 

甘いものが好きな子であれば、
2時間勉強したらコンビニでチョコを買う。
友達との会話が好きな子であれば、
2時間勉強したら30分友達と話す。

 

こういったご褒美を決めて、
勉強をすると頑張ることができます。

作戦2 限界ー5分の時間設定をする

タイマー
勉強や部活の練習をするときに、
集中できる限界の時間があると思います。
もし45分勉強を集中できるなら、
5分引いた40分間勉強するとよいです。

 

自分の限界よりも短い時間なので、
ストレスが少なくて済みます。
もし15分しか集中できないなら、
10分勉強すればOKです。

 

10分を6回繰り返すのと、
60分を1回行うのでは、
総合的な時間は変わりません。

 

無理して長時間勉強しても、
最後集中力が下がりダラダラします。
そうなるくらいなら、
時間を細切れにしたほうが良いです。

作戦3 やらざるを得ない環境を作る

図書館
最後は環境です。
私が中学生の時図書館で
勉強していた理由は、
勉強が嫌いだったからです(笑)

 

嫌いなことを、
一人で家でもくもくとやるのは、
想像以上にきついです。

 

だからこそ、
周りがみんな勉強している図書館に、
身を置いたわけです。

 

するとやらざるを得ないので、
仕方なく勉強をするようになります。
塾の自習室やカフェなどもおすすめです。

本日のまとめ

勉強
勉強や部活を続けられないのは、
あなたが悪いわけではありません。
やり方が良くないのです。

 

一度上記の3つの作戦を、
試してみてください。
集中力が一気に上がると思います。

 

またお父様お母様は、
このお話をお子さんに伝えて
頂けると嬉しく思います。

 

大人からすると当たり前のことでも、
知らない子は多いと思います。

 

明日ですが、
「道山流!大学入試必勝法」
というお話をします。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

  1. 中学生用辞書

    道山流おすすめ中学生の辞書とは?

  2. 高校勉強法

    高校の勉強法vs中学の勉強法

  3. 警察

    子どもが鑑別所に入った時は?

  4. スマホ

    スマホを持たせると子どもは荒れるのか?

  5. ケアレスミス

    道山流!ケアレスミス対策法

  6. 兄弟

    兄弟の愛情バロメータに差がある場合の対応策

  7. まずはオール2を目指そう!

  8. 勉強机

    家だと勉強ができない悩みの解決法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

道山は今何位?

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

プロフィール

思春期の子育てアドバイザー。親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。>>続きはこちら
PAGE TOP