元中学校教師道山ケイの公式ブログです!現在道山ケイは思春期の子育てアドバイザー、成績UPコンサルタントとして中学生の子どもやそのお父さんお母さん向けに、効率の良い勉強の仕方や不登校、反抗期の解決策などを伝える勉強会を定期的に行っています!

menu

道山ケイ公式ブログ|効率の良い勉強法や不登校解決策を紹介

イライラしてしまったら試合終了

イライラ

私は仕事柄、
毎日たくさんの人と接します。

例えば教材購入者のサポートで、
毎日20名くらいの保護者の方と
メールでやり取りします。

教師時代も、
たくさんの子どもたち、保護者の方と
接してきました。

いろいろなアドバイスを
今までしてきているのですが、
結果が出る人と出ない人では、
反応に大きな違いがあります!

結果が出るのが早い人の特徴

親子
勉強面、子育て面、受験面、
なんでもそうなのですが、
結果が出るのが早い人というのは、
とにかく素直です。

 

過去に紹介した、
たくさんの成果報告を読むとわかるのですが、
>>過去に紹介した成果報告

 

みなさん口をそろえて、
「道山先生にアドバイスいただいたように」
「マニュアルに沿って」
「とりあえず信じてみようと思い」

 

という感想をくれます。
とにかく素直に実践してみる
ということなのです。

 

一方結果が出ない人に、
いろいろ状況を聞いてみると、

 

「道山先生に勉強のことを言ったらだめ
と言われたのですが、いろいろ言ってしまい」
「今の時点ではご褒美の設定はしていません」
という感じで、

 

私のアドバイスを、
そのままやってくれる人って、
かなり少ないんです。

イライラしてしまった時点で結果が出ない

イライラ
そのままやれない人には、
「きちんとやらないと結果は出ないですよ」
「今まで通りの接し方を続けていても
今まで通りの結果(勉強しない状況)が
続くだけですよ」

 

とアドバイスをします。
すると少しずつ変わってくれます。
そういう人は時間はかかっても、
徐々に良い結果が出るようになります。

 

最悪なパターンは、
イライラしてしまって、
「もうやめた!」ってなってしまう人です。

 

こうなってしまうと、
もう私はどうすることもできません。

 

勉強、子育て、受験だけではなく、
仕事、夫婦関係、部活動、友達関係、
なんでもそうなのですが、

 

イライラしてしまったら、
そこで試合終了なんです!

刺激と反応の間にはスペースがある

7つの習慣
このことは、
私が過去最も繰り返し読んだ、
7つの習慣の中にも書いてあります。
>>7つの習慣

 

「刺激と反応の間にはスペースがあり、
そのスペースをどう活用するかで、
人生は大きく変わる」と。

 

本当にそうなんですよね。
アドバイスという刺激に対して、
イライラして無視という反応をしてしまったら、
もうそれ以上進まなくなります。

 

ただそこで、
素直に聞くという反応ができると
様々な点で結果が出るわけです。

 

もしこの記事を読んでいるあなたが、
中学生だとしたら、

 
  • 部活の先生からのアドバイス
  • 学校の先生からのアドバイス
はできるだけ素直に聞いたほうが、
上達スピードや成績が上がるスピード
早くなると思います。

 

もしあなたが保護者の方で、
親子関係を良くしたいとか
子どもの成績を上げたいという目的で
私の記事を読んでいるとしたら、

 

できるだけお伝えしたとおりに、
実践していただいたほうが、
親子関係が良くなるスピードも、
成績が上がるスピードも早くなると思います。

 

その結果、
お子さんの未来は今よりもさらに
素敵なものになると思いますよ!

 

明日ですが、
「新学期の子どもの様子で気を付けること」
というお話します。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

子どもの成績を短期間で上げたいお母様へ

image

子どもの反抗期を改善したいお母様へ

思春期の子育てメール講座    
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログランキング参加中

ブログランキング

7日間の成績アップ無料メール講座

7日間のメール講座

思春期の子育てメール講座

思春期の子育てメール講座

オフィシャルサイト

道山ケイオフィシャルサイト

プロフィール

道山ケイ

2014年まで公立の中学校で教師をしていた。その時、学年最下位のクラスをわずか9か月で学年トップに導く。また、体育大会や合唱コンクールの2冠を取るなど、子どもたちをやる気にさせる方法を習得。その後独立し、現在はメルマガやセミナーなどを通して、中学生の保護者向けに、子どもをやる気にさせる方法や効率の良い勉強方法、正しい子どもへの接し方(子育て方法)などを教えている。

>>続きを見る

>>プライバシーポリシー・運営者情報