1年の始めに必ず行うこと!残り2つは?

日の出

今年の正月に掲載した、
こちらの記事って
読んでいただきましたか?
>>1年の始めに必ず行う3つのこと

 

1年の初めに行う3つのこと
というタイトルの記事だったのですが、

 

記事が長すぎたため、
3つのポイントを
書くことができませんでした。

 

そこで本日は、
上記の記事に書けなかった、
残り2つのポイントを紹介します。

 

1月の間に、
このポイントをやっていただければ、
今年1年の充実度が大きく上がります!

目標は決まりましたか?

目標
こちらの記事では、
>>1年の始めに行う3つのこと
最も大事な目標を決める
という点についてお伝えしました。

 

その後3週間経ちましたが、
目標は決まりましたでしょうか?

 

目標が決まっていないと、
本日お伝えする2つのポイントを
実践できないので必ず決めてくださいね。

 

参考までに、
読者の方から送っていただいた、
今年の目標をいくつか紹介します。

 
  • 高校受験の第一志望合格
  • 毎月1冊本を読む
  • 子どもに勉強しろと言わない
  • 毎日子供においしい料理を作る
 

上2つは中学生から、
下2つは保護者の方から、
頂いたものです。
よかったら参考にしてみてください。

ポイント2 目標を達成する理由を考える

甲子園
目標が決まったら、
次にやるべきことは、
理由を考えることです。

 

これをしないと、
目標を達成することはできません。
例えば第一志望に合格するという
目標を決めたとします。

 

この場合、
  • 授業料が安いのでお父さんとお母さんが喜ぶから
  • 夢であった甲子園に出場するため
  • 自宅から近いため自転車で通える
 

などが理由になると思います。
「なんとなく第一志望に合格したい」
と思っていてもは叶いません。

 

人間は理由がないと
行動できないからです。

 

もし理由が見つからないなら、
理由を考え直すか、
目標を変えるのがおすすめです。

ポイント3 やることリストと期限を決める

リスト
最後にやることは、
やることリストと期限を決める
ということです。

 

例えば第一志望に合格が目標なら、
やることリストと期限は
以下のようになります。

 
  • 5教科の入試対策問題集1回目を終わらせる(1月31日)
  • 面接のワークをつくる(2月15日)
  • 5教科の入試対策問題集2回目を終わらせる(2月28日)
  • 面接の練習を10回行う(2月28日)
 

こういった感じです。
ポイントは期限をつくることです。
人間は期限がないと行動できません。

 

いつかやろうのいつかは
永遠に来ないのです。

 

何をすべきかと期限を決めれば、
目標の達成は確実ですので、
必ずやるようにしてください。

本日のまとめ

正月
1月1日に、
目標を決めようというお話をしたあと
次の2つをお伝えするのが遅れてしまい
申し訳ございませんでした。

 

年末年始は、
いろいろなことでばたばたしていて、
つい忘れてしまいました。

 

※ご指摘してくださった方、
本当にありがとうございました。

 

1月中にこの3つのポイントを
行うだけで、
1年間の充実度が大きく変わります。
必ず実践してくださいね。

 

明日ですが、
「5教科合計131点上がった成果報告」
というお話をします。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

  1. 将来の夢

    将来の夢が見つかる30の質問

  2. 1週間にテレビを見る時間の平均とは?

  3. ファッション

    中学生はファッションを意識しよう!

  4. 中学生やりたいこと

    中学生の時にやらないと後悔すること

  5. ロボット

    21世紀に生き残るキーワードは脱AI

  6. 仕事始めた理由

    なぜ道山は今の仕事を始めたのか?

  7. ワーキングメモリ

    ワーキングメモリ切れに注意しよう

  8. 過去と未来

    過去と未来・・・どっちが大事?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

道山は今何位?

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

プロフィール

思春期の子育てアドバイザー。親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。>>続きはこちら
PAGE TOP