元中学校教師道山ケイの公式ブログです!現在道山ケイは思春期の子育てアドバイザー、成績UPコンサルタントとして中学生の子どもやそのお父さんお母さん向けに、効率の良い勉強の仕方や不登校、反抗期の解決策などを伝える勉強会を定期的に行っています!

menu

道山ケイ公式ブログ|効率の良い勉強法や不登校解決策を紹介

奨学金をもらってまで大学に行くべきか?

奨学金

nblog1 ← 道山はいま何位?

そもそもあなたは、お子さんを大学に通わせるとき、
費用面はどうしようと考えていますか?

大学はかなりお金がかかるところ
私立の場合は年間100万円の授業料、
国立大学でも年間50万円の授業料がかかります。

また大学の場合ほとんどの子が、
下宿と言う形をとるので、
上記のお金に加え別途仕送りが必要になります。

当たり前ですが、
こんな大金を子どものバイト代と親の給料だけで
支払うのは厳しいので、多くの方が「奨学金」という制度を利用します。

奨学金は借金!返済地獄になる人多数

お金
奨学金と言うのは、結局借金です。
利息はかなり少ないのですが、
後で返さないといけないお金になります。

 

最初借りるときは、
「社会人になったら毎月数万ずつ返せば大丈夫」
と言って借りることになるのですが、
実は最近このお金が返せずに悩んでいる人がたくさんいます。

 

と言うのも、ここ最近奨学金が返済できずに、
銀行などともめて裁判になっているケースが
うなぎ上りに増えています。

 

>>奨学金返還をめぐる訴訟件数
つまり、昔は会社の給料が良かったので、
奨学金を借りて良い大学に入れば、すぐにお金を返済できました。

 

ただ今は不景気なので、なかなか奨学金を返すことができず、
その結果ローン地獄になっている人が増えているわけです。

遊ぶために大学に行くのは無駄

スノボ
もちろん奨学金を借りてでも
大学に行くメリットはたくさんあります。

 
  • 新しい友達がたくさんできる
  • バイトをすることで社会人の準備ができる
  • 時間に余裕があるので今しかできない経験ができる
  • 研究に没頭することができる
  • 専門資格などを取ることができる
 

言い始めればきりがないくらい、
大学に行くメリットはたくさんあります。
ただ卒業後に進む進路にメリットがないなら、
無理していく必要はありません。

 

大学に行くことで得られるメリットと、
卒業後にやってくるローン地獄のデメリットを
比較してどちらが優勢なのか冷静に考える必要があります。

 
  • 保育士
  • 教師
  • 看護師
 

などの専門職は、
やはり大学か専門学校に入らないと慣れないので、
奨学金を借りてでも大学に行った方が良いです。

 

ただ普通の会社のOLになるのであれば、
ローン地獄になるデメリットもきちんと理解して
判断することが大事なのかなと私は思います。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1 ← 道山はいま何位?

 

関連記事

子どもの成績を短期間で上げたいお母様へ

image    
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログランキング参加中

ブログランキング

7日間の成績アップ無料メール講座

7日間のメール講座

思春期の子育てメール講座

思春期の子育てメール講座

オフィシャルサイト

道山ケイオフィシャルサイト

プロフィール

道山ケイ

2014年まで公立の中学校で教師をしていた。その時、学年最下位のクラスをわずか9か月で学年トップに導く。また、体育大会や合唱コンクールの2冠を取るなど、子どもたちをやる気にさせる方法を習得。その後独立し、現在はメルマガやセミナーなどを通して、中学生の保護者向けに、子どもをやる気にさせる方法や効率の良い勉強方法、正しい子どもへの接し方(子育て方法)などを教えている。

>>続きを見る

>>プライバシーポリシー・運営者情報

アーカイブ