中3の学年末テストは勉強すべきか?

勉強

中学3年生の子は、
まもなく受験本番だと思います。

 

高校受験前日と当日の過ごし方、
面接のコツなどは、
こちらのページにまとめてあるので、
参考にしてみてくださいね。

 

●高校受験前日と当日の過ごし方
>>高校受験前日と当日の勉強法
●高校受験の面接対策
>>高校入試の面接対策の秘訣をまとめてみました!

 

さて3年生にとって、
頭を悩ませる問題の一つに、
学年末テストがあります。

 

そもそも学年末テストの成績は、
高校受験に影響するのか?
またテスト勉強と受験勉強は
どちらを優先させるべきか?

 

について、
私なりの意見をまとめます。
中学3年生のお子さんには、
是非伝えていただけると良いかと思います。

高校受験の合否への影響

学校
まず初めに、
3年生の学年末テストの、
高校受験の影響なのですが、
これは学校や都道府県によって異なります。

 

3年生の2学期までしか
提出しないところもありますし、
学年末テストが終わってから、
調査書を作るところもあります。

 

なので担任の先生か、
進路担当の先生に聞いてみるのが、
良いのかなと思います。

 

ただ、
この後の記事を読むと、
正直聞く必要はないのかなと
感じるのではないかと思います。

中3の学年末テストは勉強すべき

勉強
高校受験が影響する場合もしない場合も、
学年末テストは勉強したほうが良いからです。
なぜなら、中3の学年末テストは、
高校受験の練習になるからです。

 

多くの学校で、
学年末テストは中学3年間の
総復習が出題されます。

 

これって結局、
高校受験当日の問題と同じなんですよね?
だから学年末テストの勉強は、
受験対策の勉強そのものなのです。

 

もちろん最近習った範囲が、
より重点的に出題されると思います。
ただこの部分も受験に出題されるので、
結局受験勉強をする形になるからです。

理想的な勉強スケジュール

スケジュール
では中学3年生の場合、
どういったスケジュールで、
勉強していけば良いのでしょうか?

 

まず定期テスト3週間前までは、
ひたすら受験勉強をします。
その後3週間前になったら、
学年末テスト対策に切り替えます。

 

まだ範囲が出ていないと思うので、
わかる範囲で進めていく形です。
それと並行して、

 
  • 英単語の暗記
  • 英熟語の暗記
  • 漢字の暗記
 

は行っていきましょう。
また余裕があれば、
高校受験の過去問を1日1教科ずつ
解いていくと良いと思います。

 

すると受験勉強と、
学年末テストの勉強が同時にできるので
結果的に合格率も上がるわけです。

本日のまとめ

合格祈願
中学3年生にとって、
学年末テストは、
微妙なタイミングでやってきます。

 

一番受験勉強をしたい時期にあるので、
手を抜いてしまう子が多いです。
しかし3年生の学年末テストは
高校受験の練習です。

 

ここで点数が取れないと、
受験本番も点数が取れないです。
だからこそ早め早めから、
勉強をしていくと良いと思います。

 

なお3年生だけではなく、
1年生、2年生の学年末テストの勉強法は、
こちらのページにも詳しくまとめてあるので、
参考にしてみてください。

>>学年末テストの勉強法を公開します!

 

明日ですが、
「集中力が切れたら〇〇を変えよう」
というお話をします。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

  1. 高校受験合格体験談ver2

  2. 学校

    迷った時の第一志望を決める方法

  3. 受験勉強

    受験勉強前に意識すべき2つのポイント

  4. 受験失敗

    高校受験に失敗した時のケア方法

  5. 受験前日当日

    高校受験当日と前日の過ごし方と意識すべきこと

  6. 高校受験

    高校受験の推薦基準って何?

  7. 勉強しない

    受験が迫っているのに勉強しない場合

  8. 男子校女子高

    男子校女子校と共学高校のメリットデメリット

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

道山は今何位?

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

プロフィール

思春期の子育てアドバイザー。親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。>>続きはこちら
PAGE TOP