元中学校教師道山ケイの公式ブログです!現在道山ケイは思春期の子育てアドバイザー、成績UPコンサルタントとして中学生の子どもやそのお父さんお母さん向けに、効率の良い勉強の仕方や不登校、反抗期の解決策などを伝える勉強会を定期的に行っています!

menu

道山ケイ公式ブログ|効率の良い勉強法や不登校解決策を紹介

塾

先日こんな相談をいただきました。
※プライバシー保護の関係で、
内容の一部を変更しております。

 新中3です。
志望校に逆転合格したいです。

でも塾の先生には、
「絶対無理、次元が違う」
的なことを言われます。
どうすればよいでしょう?

メールを読んでいて、
そんな酷いことを言う先生がいるんだ
と呆れてしまいました。

少し厳しい話ですが、
真実をお伝えしたいと思います。

無理な志望校に合格させるのが塾の役割

合格
そもそも学習塾の役割って
何だと思いますか?
それは志望校に合格させることです。

 

今の時点では入れない志望校に
きちんと合格させることが、
塾の役割なのです。

 

にもかかわらず、
子どもが行きたい志望校に、
入れないと言ってしまったら、
塾の存在意義がなくなってしまいますよね。

 

であれば、
この塾にいる必要はないと思います。
今すぐ塾を変えるか、
自宅学習に切り替えた方が良いですね。

なぜ酷いことを言ってしまうのか?

自信ない
ではどうしてこの塾の先生は、
子どもに対して酷いこと
言ってしまったのでしょうか?

 

おそらく先生としては、
悪気はなかったのだと思います。

 

ただ、
志望校のレベルが高かったため、
その高校に合格させられる自信
無かったのだと思います。

 

だから、

次元が違う

という言い方をしてしまったのだと思います。

子どもに現実を伝えるのは12月で十分

受験勉強
「では道山先生、
明らかに次元が違う高校を、
子どもが志望している時って、
どうしたら良いのでしょうか?

 

もしかしたらあなたは、
こう思われるかもしれません。
この時は次の3つのステップを、
踏んであげてください。

ステップ1 大丈夫だと伝える

まず最初に、
絶対に大丈夫!一緒に頑張ろう」
と伝えてあげてください。

 

心の中で、
「ちょっと厳しそうだな」
と思っていても問題ありません。

 

「あなたなら大丈夫よ!」
「お母さんの子なんだから!笑」
と言ってあげてください。

 

無条件に応援をしてあげることが、
親や教育者としてやるべきことです。

ステップ2 保険の学校を探す

夢を追い求めて、
最後に叶わなかったら、
人生が台無しになってしまいます
さすがにそれはまずいです。

 

ですので、
第一志望を応援しつつ、
絶対に受かる第二志望を、
子どもと一緒に探してあげてください。

ステップ3 12月に事実を伝える

その後はひたすら勉強を
頑張らせていけば良いのですが、
もし志望校のレベルまで、
実力が上がらなかったらどうするのか?

 

この時は、
中学3年生の12月になったら、
「今の実力だと厳しそうだけどどうしたい?」
と伝えてあげてください。

 

それでも子どもが、
第一志望を受けたいというなら、
受けさせてあげれば良いです。

 

いきなり否定してしまうと、
子どもは勉強にやる気をなくします。
それは一番ダメです。
※今回の塾の先生の失敗。

 

そうではなく、
まずはできる限りサポートをします。
そして最後偏差値が上がって来なかったら、
そこで事実を伝えるようにしてください。

 

明日ですが、
「ありえないほど運気を上げる3つの方法」
というお話します。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

関連記事

子どもの成績を短期間で上げたいお母様へ

image    
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログランキング参加中

ブログランキング

7日間の成績アップ無料メール講座

7日間のメール講座

思春期の子育てメール講座

思春期の子育てメール講座

オフィシャルサイト

道山ケイオフィシャルサイト

プロフィール

道山ケイ

2014年まで公立の中学校で教師をしていた。その時、学年最下位のクラスをわずか9か月で学年トップに導く。また、体育大会や合唱コンクールの2冠を取るなど、子どもたちをやる気にさせる方法を習得。その後独立し、現在はメルマガやセミナーなどを通して、中学生の保護者向けに、子どもをやる気にさせる方法や効率の良い勉強方法、正しい子どもへの接し方(子育て方法)などを教えている。

>>続きを見る

>>プライバシーポリシー・運営者情報

アーカイブ