元中学校教師道山ケイの公式ブログです!現在道山ケイは思春期の子育てアドバイザー、成績UPコンサルタントとして中学生の子どもやそのお父さんお母さん向けに、効率の良い勉強の仕方や不登校、反抗期の解決策などを伝える勉強会を定期的に行っています!

menu

道山ケイ公式ブログ|効率の良い勉強法や不登校解決策を紹介

嫌いな友達と同じ志望校になった時は?

悩む子供

先日こんな相談を頂きました。
※プライバシー保護の関係で、
内容を一部変更しております。

2年前からずっと愛読してます。
進路の相談です。
現在中3の男の子です。

 

中1の時に友達と揉めて、
いまだに悪口を言われています。

 

うちの子は専願で、
相手の子は併願で同じ私立男子校を
受験する事が分かったのです。
分かってからは情緒不安定です。

 

唯一高校での生活を
夢見ていたのが一気に崩れてしまいました。
大事な時期、不安で泣きじゃくる子供に
どの様に対処すれば良いのでしょうか?

 

子供には、
今まで相手にしないで放っておけばいい、
高校で気の合うお友達を作っていけばいい
と話しておりました。

 

学校には、今まで伝えてはおりませんでした。
今更、他の学校に変えることも出来ません。

もしあなたが今年受験をする
中学3年生だとして、
大嫌いな友達と同じ学校を志望
することになったらどうしますか?

 

一度自分だったらどうするか、
考えてみてください。

私なら気にせず第一志望の高校を受験します

高校
私自身は、
周りの言葉などを気にしないタイプなので、
気にせず第一志望の高校を受験します。

 

また嫌いな友達のせいで、
自分の人生が狂ってしまうのは、
それこそ嫌だと思うので、

 

絶対にこちらが志望校を
変えることはしません。

 

また高校に進学したら、
新しい友達ができる可能性もあるので、
そういった面からも気にしないです。

 

おそらく今回相談をくれたお母さまも、
私と同じタイプの人間なのかなと思います。

お子さんとあなたは違います

やる気でない
ただここで考えてほしいのは、
親と子供は違うということです

 

今回の相談者の方の場合、
大嫌いな友達と同じ進路というのが
分かった瞬間、情緒不安定になっています。

 

つまり子供の立場からすると、
これは非常に大きな問題なのです。
またもしその子が志望校に合格したら、
3年間苦しむ可能性があります。

 

それを考えると、
そもそもその高校に受かりたいと
思わなくなるので、
勉強にも身が入らなくなるわけです。

志望校を変えることをお勧めします

明るい未来
こういった事実を考えると、
私が親なら志望校を変えることを
子供に提案します。

 
  • お母さんはあなたがその子を嫌いなのはすごくわかる
  • 高校に入ってからずっと苦しむのは見ていられない
  • だから志望校を変えるのはどう?
 

という感じで提案をします。

 

専願なので、
もし学校を変える場合、
中学校には大きな迷惑をかけると思います。

 

私が教師だったら、
「おい!いい加減にしてくれよ!」
って思うと思います。

 

ただ私が親なら、
先生に土下座をしてでも、
お子さんの未来を明るくしてあげたい
って思います。

最終判断は子供にさせるのが良い

親子会話
もちろん、
今から他の志望校を探すのは、
非常に大変なことだと思います。

 

それに今の志望校よりも
良い学校は見つからないでしょう。
だから上記の提案をしても、
子供が「やっぱり受ける」という可能性もあります。

 

この場合は、
「じゃあ進学してから嫌になったら、
お母さんが転校できる学校を探すから
無理せず言ってね」という感じで伝え、
その高校を受験すればよいです。

 

最後どうするかは、
子供の判断で決めさせることが
一番大事なことになります。

 

明日ですが、
「中学生の反抗期対策をまとめました!」
というお話します。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

関連記事

子どもの成績を短期間で上げたいお母様へ

image    
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログランキング参加中

ブログランキング

7日間の成績アップ無料メール講座

7日間のメール講座

思春期の子育てメール講座

思春期の子育てメール講座

オフィシャルサイト

道山ケイオフィシャルサイト

プロフィール

道山ケイ

2014年まで公立の中学校で教師をしていた。その時、学年最下位のクラスをわずか9か月で学年トップに導く。また、体育大会や合唱コンクールの2冠を取るなど、子どもたちをやる気にさせる方法を習得。その後独立し、現在はメルマガやセミナーなどを通して、中学生の保護者向けに、子どもをやる気にさせる方法や効率の良い勉強方法、正しい子どもへの接し方(子育て方法)などを教えている。

>>続きを見る

>>プライバシーポリシー・運営者情報

アーカイブ