高校入試で不利になる3つの条件

欠席

nblog1 ← 道山はいま何位?

先日こんな相談をいただきました。
※プライバシー保護の関係で、
内容を一部変更しております。

私の志望校は、●●大学附属高校です。
私は地方に住んでいる中学2年生で、
中1から起立性調節障害という病気で
ほとんど学校に行っていません。

7月から入院出来る事になり、
冬までには毎日学校に行けるほどよくなるだろうという事で、
3年生からはしっかり学校生活を送れそうです。

しかし、中1中2とかなり休んでいて
テストもあまり受けれていないとなると、
やはり内申点が低く入試で相当不利でしょうか。

細かい点は学校や都道府県によって違うのですが、
どんな条件でも必ず不利になる条件が3つあります。
それをお話ししようと思います。

条件1 3年生の欠席日数

進路指導
相談をくれた子は、
1,2年生の欠席日数を気にしていました。
ただ1,2年生の欠席日数というのは、

 
  • 都道府県
  • 学校
ごとに関係するかどうかが変わります。

 

だからまずは進路指導の先生に聞いてみることが大事です。
どの学校でもどの都道府県でも100%関係するのは、
「3年生の欠席日数」です。

 

これが多いだけで、
入試を受ける前から不合格になることもありますし、
不合格にならなくても必ず、
「なぜこんなに欠席が多いのですか?」と面接で聞かれます。

 

病気であれば大丈夫な学校もあれば、
病気だとしても関係なくダメな学校もあります。
つまりこの辺りは先生に聞いてみないことには、わからない部分です。

条件2 3年生の遅刻回数

遅刻
欠席日数と同じで、遅刻回数も一定を超えると良くないです。
これも細かくは学校や都道府県によって異なるのですが、
私の感覚だと、年間で30回を超えたらかなりまずい
と考えた方が良いと思います。

 

もちろんこれも、

 
  • 通院で仕方なく遅刻したのか
  • サボっていて遅刻したのか
によって変わっては来るのですが、
やはり遅刻が多いと、
高校に与える印象は良くないので注意しましょう。

条件3 部活がコロコロ変わっている

部活
入った部活が合わない子は良くいます。
この場合次の部活に変わるのは問題ないです。
ただ2回も3回も部活を変わっていたら、それは問題です。

 

「この子は少し嫌なことがあるとすぐに逃げ出すんだ」
と判断されてしまうからです。

 

私の感覚だと、1度部活を変わって、
その部活を最後まで続けているなら、
全く問題ない思います。

 

ただもし1度でも部活を変わったなら、
できるだけその部活はやめずに、
最後まで続けた方が良いのかなと思います。

 

※もちろん無理して部活に行くのはもっと良くないので、
そのあたりは臨機応変に考えてください。

 

この3つの条件と言うのは、
高確率で高校入試に響きますので、
注意するようにしてくださいね。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1 ← 道山はいま何位?

 

関連記事

  1. やる気でない

    志望校が決まったのにやる気が出ない時は?

  2. 高校受験合格

    高校受験合格の成果報告を紹介します!

  3. 学校

    迷った時の第一志望を決める方法

  4. 受験失敗

    高校受験に失敗した時にすべき親のフォロー方法

  5. 階段

    子どもの態度を変える魔法の方法はあるのか?

  6. 高校受験

    高校受験の推薦基準って何?

  7. 塾

    塾の先生に志望校を否定されたときは?

  8. 緊張を和らげる

    入試本番の緊張を少しでも和らげる方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

道山は今何位?

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

プロフィール

思春期の子育てアドバイザー。親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。>>続きはこちら
PAGE TOP