道山流!高校受験の問題集の選び方

問題集

先日こんな相談をいただきました。
※プライバシー保護の関係で、
内容の一部を変更しております。

道山さんの模試の勉強方法の動画を見ました。
高校受験の問題集を解く。
と書いてありましたが、

どの問題集を解けばよろしいのでしょうか?
教えてください。お願いします。

高校受験の問題集に限らず、
問題集を選ぶときには、
絶対に守るべき2つのルールがあります。
それをお伝えします。

解説が詳しい問題集を選びましょう!

時間
どの教科にも言えることですが、
解説が詳しい問題集
選んだ方が良いです。

 

絶対にダメなのは、
答えしか載っていない問題集です。
これだとわからないところを、
全て質問しないといけません。

 

その結果、
かなり時間がかかります。

 

解説が詳しければ、
ある程度は自分で解説を読めば、
わからないところを理解できます。

 

特に数学や理科などは
解説が分厚い問題集を、
選ぶようにしてください。

自分のレベルに合った問題集を選ぶ

問題集
例えば高校受験の場合、
5教科が1冊にまとまったものと、
バラバラになっているものがあります。

 

目安としては、
  • 偏差値45~50以上⇒バラバラ
  • 偏差値45~50以下⇒1冊のもの
を選ぶと良いです。

 

もし偏差値45~50以下の学校を
志望している子が、
5教科がバラバラになった
問題集を選んでしまうと、

 

おそらく入試までに、
全ての問題が解けないと思います。
これは良くないです。

 

逆に偏差値45~50以上の子が、
1冊にまとまった問題集で勉強をしていても、
自分が目指す学校のレベルまで上がらないです。

 

問題集を選ぶとき、
最も大事なことは、
自分のレベルに合っているものを選ぶ
ということです。

最後は自分が使いやすいものを選ぶ

本屋
はっきり言って、
上の2つさえ守れていれば、
どんな問題集を選んでも、
成績は上がります。

 

じゃあその子にとって、
一番おすすめの問題集って、
何なのかというと、

 

結局最後は、
その子が一番使いやすい問題集
になります。

 

だから一度大きな書店に行って、
自分が使いやすいものを選んで、
それを購入すればよいです。

 

今の時代、
書店で売っている問題集は、
どれも良いものばかりです
だから何を使っても成績は上がります!

 

一つ参考にするとしたら、
高校受験の問題集選びで迷ったら、
この問題集と似たような形式のものが
おすすめだと思います。

 

>>高校入試合格でる順数学4訂版 

 

明日ですが、
「道山流で大学に合格した成果報告」
というお話します。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

&nbsp

関連記事

  1. 学習計画

    塾を辞めた後の学習計画

  2. 勉強し過ぎ

    子どもが勉強し過ぎて困っています

  3. 大学

    道山流!大学入試必勝法

  4. 漢検

    漢検を取る2つのメリット

  5. 階段

    子どもの態度を変える魔法の方法はあるのか?

  6. 親子勉強

    子どもに付きっきりで勉強するのはNG?

  7. 親子

    子どもが親に本心を話さない理由

  8. 受験前日当日

    高校受験当日と前日の過ごし方と意識すべきこと

コメント

    • 山田
    • 2017年 8月 30日

    夜分に失礼します。
    問題集は自分のレベルに合ったものから手に取り、徐々に難しい問題集を解くことがいいのでしょうか?
    それとも目指しているレベルの問題集を選び、繰り返し解くほうがいいのでしょうか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

道山は今何位?

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

プロフィール

思春期の子育てアドバイザー。親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。>>続きはこちら
PAGE TOP