元中学校教師道山ケイの公式ブログです!現在道山ケイは思春期の子育てアドバイザー、成績UPコンサルタントとして中学生の子どもやそのお父さんお母さん向けに、効率の良い勉強の仕方や不登校、反抗期の解決策などを伝える勉強会を定期的に行っています!

menu

道山ケイ公式ブログ|効率の良い勉強法や不登校解決策を紹介

オール2以下だと高校に行けないのか?

オール2

先日こんな相談を頂きました。
※プライバシー保護の関係で、
内容の一部を変更しております。

道山先生こんばんは。
5教科が全て2です。

テストは40点から50点提出物もだして
ノートも出してBとAをもらい
Cはとってないと息子は言ってますが全て2です。

先生に聞いて見ましたが前期との総合だと。
二学期制なので二年生の後期の成績が
内申にひびきます。
もう高校には行かれませんか?

定時制ですか?
内申21点しかとれませんでした。
公立は2があったらダメ。
私立は23から24だそうです。

成績がオール2以下だと、
高校に行けないのか?
という相談なのですが、
そんなことはありません。

きちんと行ける学校はあります。

高校に行ける最低の成績とは?

家
では内申がいくつ以上あれば、
高校に進学できるのかというと、
正直オール1でも高校に進学できます。

 

ただ一つ条件があります。
それは「家を出る必要がある」
ということです。

 

私たちは知らないうちに、
「自宅から通える距離」という条件で、
学校を選んでしまいがちです。

 

それだと、
  • オール3以上ないと公立に行けない
  • 私立でもオール2は必要
みたいな条件に縛られます。

 

しかし自宅から通うことをやめ、
下宿することを決意すれば、
オール1でも入れる学校はたくさんあります。

高校から家を出たほうが出世できる

縄文時代
「道山先生、それは本気ですか?」
「高校から家を出るなんてうちの子には無理です」
とあなたは思うかもしれません。
でもこれってかなり視野が狭くなっています。

 

なぜなら、
江戸時代は元服という大人になる儀式を
15歳で行います。

 

つまり15歳になったら、
大人として仕事をしないと
いけなかったのです。

 

もっと古い時代を考えると、
狩りで獲物を取っていた時代は
さらに小さいころから仕事をしていました。

 

だから人間というのは、
高校から一人暮らしをしたり、
寮に入ることは可能なわけです。

 

※現にプロスポーツ選手を目指す子たちは、
ほとんど県外の学校に進学します。

 

15歳から家を出たほうが、
出世できるともいえると思います。

家から通いたいなら勉強を頑張るしかない

勉強
ただどうしてもお子さんが、
「家から通いたい」
「まだお母さんと離れたくない」
というのであれば、

 

勉強を頑張るしかないです。
※この記事をお子さんにシェアしてあげてください。

 

この世の中は本当に平等です。
頑張った子には良い生活環境が与えられ、
さぼった子には辛い生活環境が与えられます。

 

勉強したくないなら、
無理にする必要はありません。
中学卒業後に就職すればよいです。

 

ただ中学卒業後は、
家から通える高校に進学したいなら、
それ相応の努力をしないといけないのです。

 

自分の人生を決められるのは、
自分だけなのです。

 

明日ですが、
「これからの時代に上手くいく仕事の条件とは?」
というお話します。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

子どもの成績を短期間で上げたいお母様へ

image    
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログランキング参加中

ブログランキング

7日間の成績アップ無料メール講座

7日間のメール講座

思春期の子育てメール講座

思春期の子育てメール講座

オフィシャルサイト

道山ケイオフィシャルサイト

プロフィール

道山ケイ

2014年まで公立の中学校で教師をしていた。その時、学年最下位のクラスをわずか9か月で学年トップに導く。また、体育大会や合唱コンクールの2冠を取るなど、子どもたちをやる気にさせる方法を習得。その後独立し、現在はメルマガやセミナーなどを通して、中学生の保護者向けに、子どもをやる気にさせる方法や効率の良い勉強方法、正しい子どもへの接し方(子育て方法)などを教えている。

>>続きを見る

>>プライバシーポリシー・運営者情報

アーカイブ