元中学校教師道山ケイの公式ブログです!現在道山ケイは思春期の子育てアドバイザー、成績UPコンサルタントとして中学生の子どもやそのお父さんお母さん向けに、効率の良い勉強の仕方や不登校、反抗期の解決策などを伝える勉強会を定期的に行っています!

menu

道山ケイ公式ブログ|効率の良い勉強法や不登校解決策を紹介

道山流!通信制高校の選び方

通信制高校

nblog1

↑ 道山はいま何位?

先日こんな相談をいただきました。

中学3年生の息子がいますが、
中学1年の2月から登校出来ていません。

親子関係等も見直し、
学校には行けませんが
5月から個別指導の塾に通えるようになり、
塾だけはまじめに行っています。

ただ、出席日数が足りないため
大学進学の可能性も視野に入れた
通信制の高校を考えています。

通学範囲に10校ほどの通信制があり、
すでに数校の見学会や説明会に参加していますが、
形態など様々で何を基準に選ぶべきかがよく分かりません。

もし、アドバイスなどありましたら、よろしくお願いします。

最近の通信制高校と言うのは
本当にすごいです。

将来的には全ての学校が通信制に
なってしまうのではないかと思うくらい、
サポート体制が充実しています。

ただ選択肢が多すぎるため、
親としては逆に悩んでしまう
という状態にもなりかねません。

そこで通信制を選ぶ基準について
私なりにまとめてみたいと思います。

 

通信制高校の仕組みと種類

学校
そもそも通信性高校とは何かというと、
  • 不登校などで全日制に通えない子
  • 芸能活動などで学校に通えない子
  • 働きながら高校卒業の資格を取りたい子
などのために、学校に通わなくても、

レポートやテストなどで単位を取れば、

高校卒業の資格を取られる学校です。

 

 

ただ実際には、

通信制高校に通っている子は少なく、

多くは通信制サポート校に通っています。

 

 

これはどういう仕組みなのかと言うと、

引きこもりの子が一人で自宅で、

通信制教育を受けるのってなかなか厳しいですよね?

結局続かずに辞めてしまうことが多いです

 

 

そうならないために、

週に3回くらい通信制サポート校に登校して、

そこで通信制高校のカリキュラムの学習を行い、

高校卒業資格を取っていくわけです。

 

 

例えば先日私は廣岡正幸先生の結婚式に

参加させていただいたのですが、

廣岡正幸先生が運営している学校もこの形です。

 

 

ただその分費用も掛かるので

まずは通信制高校に直接進学するのか、

通信制サポート校を通して進学するのかを

決めると良いと思います。

 

 

※もちろん通信制高校に直接進学しても、

学校に登校できるところもあります。

通信制高校を選ぶ基本ステップ1 高校リサーチ

リストアップ
では具体的には、

どういった流れで通信制高校を

選んでいけばよいのでしょうか?

まず最初に行ってほしいのが高校のリサーチです。

 

 

例えばこちらのようなサイトから、

自宅から通える通信制高校の資料を、

10校以上取り寄せてください。

>>通信制高校比較サイト

 

 

一つ注意点があって
  • 電話で資料請求をする
  • よく使うメールアドレスを登録する
という形で資料請求を行うと、

 

 

あとから大量のメールがきたり、

営業の電話がたくさんかかってきます。

ですのでできるだけ、

 

 
  • 電話で資料請求をしない
  • メールアドレスは普段使わないフリーの物にする
という形にしてください。

 

 

資料を送ってもらうので、

住所を書くことは仕方がないのですが、

それ以外はできるだけ普段使わないものにする良いです。

 

通信制高校を選ぶ基本ステップ2 高校見学

学校
たくさんの高校の資料を取り寄せたら、

その中から親目線で、
  • 金銭的に厳しいもの
  • カリキュラムに納得できないもの
は省いてしまいましょう。

 

 

おそらく半分くらいはこれで省けると思います。

 

 

そして残ったものの中から、

お子さんにどの高校に興味があるかを聞き、

(できれば一緒に資料を見ていくと良いです)

その中から興味のある学校3校くらいを見に行くと良いです。

 

 

スクーリングがない学校であれば、

わざわざ見に行く必要はないですが、

スクーリングがあるなら、

週に何回か高校に通う必要があるからです。

 

 

また、
  • 通信制高校
  • 通信制サポート校
は学校によって先生の質が大きく変わります。

 

 

そういったレベルを把握するためにも、

親子で一度見に行くと良いです。

 

良い高校悪い高校って何が違うの?

比較
スクーリングがない学校であれば、
  • 学費
  • 学べる内容
だけで決めれば良いです。

 

 

ただスクーリングがある学校の場合、
  • 学校の雰囲気
  • 自宅からの距離
  • 先生の質
などが大きく関係してきます。

これがお子さんに合う学校が良い学校、

合わない学校が悪い学校という感じになります。

 

 

だからたくさんの学校の資料を集め、

その中から興味のある学校を見に行くことで、

高確率で悪い学校に入る可能性が下がります。

 

 

まずは、

10校以上の高校の資料を集める

と言うところから始めてみてくださいね。

 

なお志望校が見つかった後は、
道山流!高校受験の勉強法にそって、
偏差値を上げていきましょう!

 

 

明日ですが、

「一番の親孝行は長生きすること」

というお話します。

 

 

今日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

道山ケイ

 

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山はいま何位?

関連記事

子どもの成績を短期間で上げたいお母様へ

image    
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログランキング参加中

ブログランキング

7日間の成績アップ無料メール講座

7日間のメール講座

思春期の子育てメール講座

思春期の子育てメール講座

オフィシャルサイト

道山ケイオフィシャルサイト

プロフィール

道山ケイ

2014年まで公立の中学校で教師をしていた。その時、学年最下位のクラスをわずか9か月で学年トップに導く。また、体育大会や合唱コンクールの2冠を取るなど、子どもたちをやる気にさせる方法を習得。その後独立し、現在はメルマガやセミナーなどを通して、中学生の保護者向けに、子どもをやる気にさせる方法や効率の良い勉強方法、正しい子どもへの接し方(子育て方法)などを教えている。

>>続きを見る

>>プライバシーポリシー・運営者情報

アーカイブ