健全な反抗期と病的な反抗期の違い

中学生

小学5年生くらいから、高校1年生くらいまでの時期は、第二次反抗期と呼ばれています。私のメルマガやLINEの読者の方はこの反抗期で、悩んでいる方が多いです。

実は第二次反抗期には、2種類あるというのを、ご存知でしょうか?健全な反抗期と病的な反抗期です。

この2つの違いが理解できると、現在のお子さんの状態を、客観的に見ることができるようになります。その結果、お子さんも落ち着くようになります。

健全な反抗期は問題ない

イライラ

最初に健全な反抗期について説明します。この反抗期は子どもが自立する過程で、「自分の意思でやってみたい」という気持ちから起こります。

今までは親にいろいろ言われて、その通りやってきました。そこに自立という気持ちが加わると、親の意思と自分の意思がぶつかります。

また親だけではなく、学校の校則と自分の意思がぶつかることもあります。すると知らないうちにストレスがたまり、無意識でイライラしてしまうのです。

つまり健全な反抗期の子どもは、なぜ自分がイライラしているのか、自分でも理解できていないのです。

我々大人が、「何をそんなにイラついているの?」と聞いても、「理由なんてなくて何となくイラつく」という返事が返ってくるのは、健全な反抗期の特徴です。

病的な反抗期はかなりマズい

殴る

一方病的な反抗期というのは、愛情バロメータが下がることが原因で起こります。愛情バロメータが下がると、人を信じられなくなります。その結果、
  • あいつの態度がムカツクから殴る
  • あの定員の顔がキモイから万引きする
  • 生きている人間がウザイから無差別に人を殺す
というような行動をとります。彼らは自分の中では、社会や他人に反発するための明確な理由を持っています。

酷い場合だと、自分の行動は正しいとさえ、思ってしまいます。この状態が発展すると、子どもは大きな問題行動を起こします。

親がやるべきことは非常にシンプル

成長

病的な反抗期の場合も、健全な反抗期の場合も、親が行うことは非常にシンプルです。まずは愛情バロメータをしっかりとあげます。

これをすると病的な反抗期から、健全な反抗期に戻ることができます。※愛情バロメータの上げ方は、こちらのメール講座で詳しく解説しています。

>>思春期の子育てメール講座

健全な反抗期が始まったら、「失敗させる気持ちで待ってあげる」ことをすればいいです。自分の意思でやってみたいだけなので、それを見守ってあげればよいのです。

あとは自分で失敗をしながら学んでいきます。もちろん絶対に許されない失敗は、体を張って止めないといけません。しかしそれ以外は、失敗させて成長させれば問題ありません。

本日のまとめ

愛情

あなたのお子さんの反抗期は、健全ですか?それとも病的ですか?もし健全なら問題ありません。少し失敗させる気持ちで見守りましょう。

一方病的なら、1日も早く愛情バロメータを上げていきましょう。少し時間はかかりますが必ず改善できます。なお反抗期については、こちらの記事にもまとめてあるので、参考にしてみてください。

>>中学生の反抗期対策まとめました!

明日ですが、「家庭教師を雇ったのに成績が上がらない場合」というお話をします。今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

  1. 親子関係

    見せかけの親子関係に騙されるな

  2. 親子

    親に悩みを打ち明けない子供の特徴

  3. 旅行

    中学生で宿泊旅行に行くのはあり?

  4. 親が読む本

    保護者が絶対に読むべき書籍ベスト5

  5. 夫婦会話

    子どもに聞こえるように勉強の話をしても良いのか?

  6. 悲しむ

    死にたいという子どもの救出法

  7. 兄弟

    子どもの兄弟喧嘩がひどい場合の対処法

  8. 過保護

    自立が早い子のお母さんがしてしまう大きなミス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

道山は今何位?

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

プロフィール

思春期の子育てアドバイザー。親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。>>続きはこちら
PAGE TOP