他人と違うことこそその子の才能

才能

私たち日本人というのは、
海外の人の価値観と、
一つ大きな違いがあります

それは何かというと、
「他人と同じこと=安心」
という考え方です。
これって冷静に考えると、

かなり危険な考え方です。

学校教育で洗脳される唯一のデメリット

学校
私自身、
元々公立の中学校で、
教師をしていました。

 

今でも学校が大好きで、
当時の友人たちと月に1度ペースで、
食事をしたり遊んだりしています。

 

だから中学校のことを否定はしませんし、
学校には絶対に行ったほうが良い
思っています。

 

しかし1点だけ、
中学校に通うデメリットがあります。
それは知らないうちに、

 
  • みんなと同じこと=良いこと
  • みんなと違うこと=悪いこと
 

という洗脳を、
受けてしまうことです。

中学校は集団教育だから仕方がない

授業
これは学校教育が悪いわけではなく、
集団で生活をしているため、
どうしてもこういった教育を、
せざるを得なくなります。

 

例えば授業が9時から始まるとします。
全員が9時から授業を受けるように、
子どもを教育していかないと、
平等に教育をしていくことができません。

 

「うちの学校はフレックスタイムを採用」
と言って、

 
  • ある子は10時に登校
  • ある子はお昼から登校
 

みたいな感じになってしまったら、
学校として機能しなくなってしまいます。
だから「全員同じ時間に来て同じ時間に帰る」
という教育をせざるを得ないのです

 

これができない子には、
「きちんと9時に登校しなさい」
と叱らざるを得ないのです。

他人と違うことは悪いことではない

悪い子
ただ冷静に考えると、
周りの子と違うことをしているから
その子は悪い子というわけではありません。

 

例えば私は現在、
教師という仕事をやめて、
  • 成績UPコンサルタント
  • 思春期の子育てアドバイザー
という仕事をしています。

 

学校の先生という立場でも、
  • 子どもに勉強を教える
  • 保護者の方に子どもへの向き合い方をアドバイスする
という仕事があるので、

 

やっていることは、
教師時代とあまり変わりません。
ただ教師という大きな枠組みで見ると、
私は完全に他の教師と違うことをしています。

 

もし私が子供だったら、
「お前は劣等生だ!きちんと教師に戻りなさい」
と注意されると思います。

 

じゃあ私の仕事は、
教師と比べて悪かというと、
そうではありません。

 

つまり、
子ども時代というのは、
他の子と違うことをする=悪
なのですが、

 

大人になると、
他の人と違うことをする=悪ではない
になるわけです。

他の子と違う行動をしていたら才能

絵を描く
もしあなたのお子さんが、
周りの子と違う行動をしていたら、
それを真っ向から否定することは、
できるだけやめたほうが良いと思います。

 

なぜならその行動は、
その子の才能である可能性があるからです。

 

例えば授業中に、
勉強を全然やらずずっと絵を描いている子
いるとします。

 

学校教育という立場から見ると、
他の子と違う行動をしているので、
教師はその子を叱らざるを得ません。

 

でももしかしたらその子は、
「絵を描く」ことに、
素晴らしい才能がある可能性があるのです。

 

だから、
「学校では注意されると思うし、
学校はみんなと同じことをしないといけないから、
授業中はしっかり勉強するんだよ」

 

「でもそれだけ絵を描くことが好きなら、
あなたは絵の才能があるのかもしれない。
だから授業中以外は好きなだけ絵を描いていいよ」
と伝えてあげてほしいのです。

 

あなたがこういったフォローをしてあげないと、
お子さんは「他人と違うことをする=悪いこと」
だと勘違いしてしまい、
絵を描くことをやめてしまうかもしれません。

 

そうなってしまったら、
せっかくの才能が開花しなくなる可能性があります。

 

他人と違うことこそ、
その子の才能につながる可能性もあるので、
全て否定しないほうが良いのかなと、
私は思っています。

 

明日ですが、
「子どもが親に本心を話さない理由」
というお話します。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

  1. 子供の才能

    子どもの才能を理解した子育てをしよう

  2. ユーチューブ

    子どもがyoutuberになりたいと言ったら?

  3. 花火大会

    夏休みは親子関係を良好にするチャンス

  4. 親の不満

    子どもが先生に対して親の不満を言う場合の対処法

  5. 親子

    子どもを傷つけてしまったときの対処法

  6. テスト

    わが子の強みがわかる秘密のテスト

  7. 父親

    父親の在り方を学べる最高の動画を紹介

  8. オセロ

    オセロ子育てになっていませんか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

道山は今何位?

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

プロフィール

思春期の子育てアドバイザー。親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。>>続きはこちら
PAGE TOP