夢を見つける新しいアプローチ

夢

昨年度行ったこちらの勉強会って、覚おえていますでしょうか?

>>自信が持てる伝え方勉強会の様子を紹介します!

話し方のプロである、磯谷祐介先生と一緒に行った、自信が持てる伝え方勉強会です。

この勉強会に参加された方の中で、「さらに細かいところまで指導してほしい」という方が数名いたので、少人数で教室を行うことになりました。

題して、「自信が持てる伝え方教室」です。今年の1月からスタートし、先日全10回の授業が終わりました。

※こんな感じで、非常にアットホームな雰囲気で行いました。

>>自信が持てる伝え方勉強会の画像1

>>自信が持てる伝え方勉強会の画像2

>>自信が持てる伝え方勉強会の画像3

>>自信が持てる伝え方勉強会の画像4

>>自信が持てる伝え方勉強会の画像5

その結果、10回の授業を終えた子たちに、ものすごい変化が起こりました。その変化とは、「全員将来の夢が明確になった」ということです。

そこで本日は、この教室で講師の先生たちが行った夢を見つけるアプローチ法についてお話しします。今まで私が行ってこなかった方法なので、これは非常に勉強になると思います。

自信が持てる伝え方教室の概要

スピーチ

最初に今回行った、自信が持てる伝え方教室について、簡単に紹介します。この教室は、人前で自信をもって話すことができない子ども向けに、
  • 人前でも堂々と話ができる心を作る
  • 他人を説得するプレゼン力をつける
  • 子どもたちに自信を持たせる
という目的で行ったものです。私がメインで行った教室ではなく、
  • 磯谷祐介先生(元FMラジオ局のナビゲーターで話し方のプロ)
  • アコ先生(現役のファッションモデルで見せ方のプロ)
  • 諒子先生(オープンマインドカウンセラーで強い心を作るプロ)
という3名の先生に運営をお願いしました。私がメインで行わないプログラムで、5か月間という長いプログラムは初めてだったので、正直私自身もドキドキでした。ただ終わってみると、
  • 参加者みんなが家族のように仲良くなっている
  • 子どもたちのスピーチ力が大きく向上している
  • お母様たち自身も心に良い変化が現れた
ので、大成功だったと思います。

これまでに道山が行ってきた方法

愛情

話を夢に戻します。私自身、今まで子どもたちに夢を見つけさせるためには、
  • 愛情バロメータを上げる
  • たくさんの経験を積ませる
という2つのアプローチが重要だと考えてきました。

愛情バロメータを上げると子どもは前向きになる

愛情バロメータが低いと、子どもは自分の人生に希望を持たなくなります。自分の人生に希望がない状態で、夢を見つけることはできません。だから最初にすべきことは、愛情バロメータを上げることです。

たくさんの経験を積ませる

サッカーをしたことがない子が、サッカー選手になりたいという夢を持つことはありません。愛情バロメータを上げた後は、子どもに様々な経験をさせることが大事です。

私が定期的に行っている夢プロは、いろいろな経験を積ませるのが目的です。

>>21世紀型夢プロジェクト公式ページ

この2つが子どもに夢を見つけさせるために私が行ってきたアプローチです。

このアプローチだけでは夢が見つからない場合

落ち込む子供

これまでに紹介した2つのアプローチは今でも効果的です。まだ実践されていなければ、まずはできるところから始めてみてください。それだけで夢が見つかる子もたくさんいます。

ただ、この2つのアプローチだけだと、どうしても乗り越えられないがありました。それは「過去にものすごく辛い経験」をしている子だと、このアプローチだけでは夢が見つからないということです。

これが私の悩みでした。実は今回行った教室では、この問題を解決する糸口が見つかりました。

実は過去に辛い経験をしている子たちの場合、自分自身の辛い経験を受け止め肯定するというプロセスを行うことで、夢が見つかるようになったのです。

今まで私は、愛情バロメータを上げるだけで、人生に前向きになれると思っていました。しかし愛情バロメータを上げる過程で、親や第3者が子どもの辛い過去を肯定しないと、夢が見つからなかったのです。

オープンマインドカウンセラーの諒子先生にお願いしました

諒子先生

自信が持てる伝え方教室では、オープンマインドカウンセラーの諒子先生にこのパートをお願いしました。

諒子先生はこの分野のスペシャリストです。上手に子どもたちの辛い過去を聞き出し、それを肯定していきました。

すると少しずつ、子どもたちの夢が見えてきたのです。まさにマインド(心)がオープンになった瞬間だったと思います。

どれだけ愛情バロメータを上げても、過去の辛い経験を肯定できないと、将来に希望を持つことはできません。

今回はそれを諒子先生が行いました。もしあなたのお子さんが、過去の経験が原因で夢が見つかっていないなら、それをそっと聞き出し、肯定してあげてください。

心がオープンになれば、将来やりたいことが自然に見つかりますよ。

本日のまとめ

将来の夢

子どもの夢を見つけさせるためには、
  1. 愛情バロメータを上げる
  2. 過去に辛い経験がある子ならそれを肯定する
  3. たくさんの経験を積ませる
というステップが大事になります。今まで私はステップ2についてあまり意識をしていませんでした。だから過去に辛い経験をしていた子だけ夢が見つからないということがありました。

今回このステップが見つかったことにより、今後はさらに高確率で、子どもたちの夢を明確にできるようになると思います。

参考までに、今回教室のサポートをお願いした諒子先生は、ステップ2のスペシャリストです。

もし今あなた自身やあなたのお子さんが、同じ悩みを持っているなら、一度諒子先生のブログを読んでみるのも勉強になると思います。

>>オープンマインドカウンセラー飯田諒子先生のブログ

明日ですが、「子どもがテストでカンニングをしたら?」というお話をします。今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

  1. お金

    お金の使い方に親はどこまで干渉すべきか?

  2. 母子家庭

    母子家庭だと子どもは荒れやすいのか?

  3. 世界

    あなたの子育てで世界が変わる

  4. 喧嘩

    喧嘩ばかりしてしまう子の原因

  5. 祖父母

    おじいちゃんおばあちゃん向け!孫への接し方

  6. イライラする子供

    中学生の反抗期対策をまとめました!

  7. 反抗期

    子どもの反発に耐えられない場合

  8. 学童保育

    夜遅くまで仕事をしていませんか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

道山は今何位?

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

プロフィール

思春期の子育てアドバイザー。親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。>>続きはこちら
PAGE TOP