勉強の開始が遅い子どもへの対応

親子

先日こんな相談を頂きました。
※プライバシー保護の関係で、
内容の一部を変更しております。

中学2年生の娘ですが、
勉強を始めると言いながら
トイレに行ったり歯を磨いたり
なかなか始めません。

いつも10分位遅れて
スタートします。
また勉強を始めても、
文句をタラタラ言います。

忙しい中、
よく頑張っていると思いますが、
今やるべき事を考え、
計画しコツコツ努力して欲しいです。

100人のお母さんが読んだら、
90人の方が「うちも同じ!」
と言いたくなる悩みだと思います。

ではお子さんの
勉強の開始が遅いとき、
親としてどのように対応したら
良いのかまとめます。

この対応と考え方を
理解しておけば、
ちょっとだけイライラ
治まると思いますよ。

人間には2つのタイプが存在する

テキパキ
そもそも人間には、
2つのタイプが存在します。

 

私は個人的に、
テキパキタイプと慎重派タイプ
呼んでいます。

テキパキタイプの人の特徴

何をするにもテキパキこなし、
いわゆる仕事ができる系の人です。
勉強も家事もテキパキするので、
まさに会社が欲しがる人材です。

 

しかし一緒にいると疲れると
陰で愚痴を言われることがあります。
またせっかちなので、
ミスをすることもあります。

慎重派タイプの人の特徴

何をするにも慎重なので、
作業スピードが遅いのが特徴です。
家でもダラダラするのが好きで、
いつも時間ギリギリです。

 

しかし友人から、
「落ち着く」と言われ、
親しみを持たれることが多いです。

 

また慎重派タイプなので、
ミスが少ないのも特徴です。

どちらが優秀だと思いますか?

仕事場
ここで考えてほしいのは、
テキパキタイプと慎重派タイプ、
どちらが優秀かということです。
実は居場所によって異なります。

 

例えば仕事であれば、
テキパキタイプの人が多い方が、
新しい商品をたくさん作ることができます。

 

しかし数人慎重派タイプもいないと、
ミスが多い商品ができてしまうので、
そういう意味では両方必要です。

 

家庭においても、両方必要です。
テキパキタイプだけだと、
家が居心地が悪くなるので、
子どもが荒れる確率が上がります。

 

一方慎重派タイプだけだと、
家の中が散らかったままになったり、
冷凍食品だらけの食事になったりします。

 

※上記は全て極論なので、
「そんなことはない!」という意見は、
ここでは置いておきます。

 

何が言いたいのかというと、
どちらのタイプも必要ということです。

子どもタイプを尊重することが大事

家族
今回の相談って、
実は毎日のように届きます。

 

これはどうして起きるのかというと、
親がテキパキタイプで子どもが慎重派タイプ
だからおきます。

 

私もテキパキタイプなので、
教え子の慎重派タイプに対して、
イライラした経験があります。

 

ただここで、
「慎重派タイプの子も社会に必要」
だと考えてあげることが大事なのです。

 

また面白いことに、
テキパキタイプの人は、
なぜか慎重派タイプの人と、
惹きつけあいます。

 

夫婦、友達、上司と部下で、
仲が良い人は真逆のタイプのことが
非常に多いのです。

 

もしお子さんが自分とは違うタイプでも、
それを否定せずに受け止めてあげることが
大事なのかなと思います。

 

もしサポートするなら、
「早くやりなさい」と叱るのではなく、
「何か手伝えることがあったら言ってね」
と支えてあげると良いです。

本日のまとめ

愛情
子どもの勉強開始が遅いとき、
ついイライラしてしまうと思います。
しかし全部悪いわけではないです。

 

それをすべて否定するのではなく、
しっかりと受け止める。
そのうえで手伝えることがあったら
手伝ってあげると良いと思います。

 

厳しく叱って子どもが伸びるなら
これほど子育てに悩んでいる方は
いないと思います。

 

上手に子どもに愛情を注ぎながら、
向き合ってあげましょう。

 

明日ですが、
「【続編】お母さんの辛い一日」
というお話をします。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

  1. 親に相談

    子どもが親に相談しようとしない理由とは?

  2. 夢

    夢の実現率が急上昇するサポート法

  3. 親の不満

    子どもが先生に対して親の不満を言う場合の対処法

  4. 受験勉強

    受験生2学期の学習優先順位

  5. 心配

    子どものことを必要以上に心配する方が多いです!

  6. 不登校

    毎日明るい言葉を使うようにしよう

  7. 読書

    国語と英語の長文読解力を付ける方法

  8. 悩む子供

    嫌いな友達と同じ志望校になった時は?

コメント

    • かこ
    • 2017年 10月 28日

    いつもブログを楽しみにしています。
    今日の記事は『確かに そう!!!』と妙に納得してしまいました。
    勉強を始める時間を決めても、取り組むまでにトイレにいったり お茶を飲んだり・・と、
    さっと取り組めない中1の息子。
    なんでかな~・・と、イライラしていました。

    ですが考えてみると 私もギリギリになってからしぶしぶ取り組むタイプだったので、
    そこは遺伝なのかな・・・と、妙に納得してしまいました。
     (ちなみに 夫はテキパキタイプです)

    つい ガミガミ言ってしまいがちですが、
    息子のタイプをきちんと理解すると、余計な一言を言わずにすむのかな・・と思いました。

    これからも先生のブログを楽しみ&励みにしています♪。

    • いつも読んでいただきありがとうございます。
      お子さんのタイプに合わせて向き合ってあげてくださいね

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

道山は今何位?

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

プロフィール

思春期の子育てアドバイザー。親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。>>続きはこちら
PAGE TOP