子どもが仮病で休もうとするときは?

仮病

いろいろな無料メールを
見させていただいております。

まだまだ初心者ですが、
早速、先日、学校を休みたいと
息子が仮病を使ってきました。

今までの私なら、はー?
熱もないのだから行きなさいっ!でしたが、
仕事も休み、彼も学校を休み、胃腸科へ行きました。
その後、何かが変わった気がします。

彼を受け入れてるんだよ
っていう気持ちが伝わったと思っています。

勉強はイマイチですが、
少しずつ彼がベストを尽くせるような
環境作りにしていこうと思えました。
教えてくださりありがとうございました。

これは質問というよりも、
報告という感じなのですが、
親として非常に素晴らしい対応
できていると思います。

もしあなたのお子さんが、
仮病を使って学校を休みたい
と言ったらどうしますか?

子どもは親を試していると考える

引きこもり
そもそも子どもが仮病を使う理由は、
  • 親に心配をかけたくないから
  • 親に叱られたくないから
のどちらかです。

 

つまり親に気を遣っているため、
わざわざ嘘をついて休もうとするわけです。

 

ここでもしあなたが、
「何を言っているの!いいから行きなさい!」
と言ってしまったら子どもはどう思いますか?

 

「やっぱりお母さんは、
俺の気持ち理解してくれてないや」
と思うわけです。

 

そしてもっと巧妙な仮病を使ったり、
いずれ部屋に引きこもるようになります

 

子どもが仮病を使ってきたら、
それは子どもの信頼を取り戻すチャンス
だと考えるのが大事です。

仕事を休んで子どもに付き合ってあげる

親子
では親として、
どういった対応をすればよいのか?

 

私だったら、
仮に嘘だとわかっていても、
「それは辛いね。」
と言って仕事を休み家にいます。

 

これが無条件の愛というやつです。

 

すると子どもは、
「嘘をつく自分を信じて、
付き合ってくれるお母さんなら、
本当のことを言ってもいいかも」と思います。

 

そして、
「実は学校でこんなことがあって、
学校に行きたくないんだ」と
本音を言うわけです。

 

今回プライバシー保護の関係で、
割愛をしたのですが、
この相談者の方のお子さんも
この後病院で親に本当の理由を話されました。

 

愛情バロメータが、
大きく上がった瞬間ですね。

本当の原因を解決するサポートをする

親子の手
ここまで来たら、
最後は解決に向けて、
サポートを進めていきましょう。

 

例えば子どもが仮病を使った原因が、
学校で親友と喧嘩したことだとします。

 

であれば、
「一度先生に相談してみる?」
という感じで解決案を提示してあげてください。

 

子どもが嫌がるなら、
無理に進める必要はないのですが、
子どもが助けを求めているなら、
親が間に入ることも必要です。

 

こういったサポートをしていくと、
いずれ本当の原因が解決できます。
そして学校に行けるようになるのです。

 

仮病を使うことをやめさせるのではなく、
その裏にある本当の原因を解決するために
親が動く。これは道山流子育て法の
原則になります。

 

明日ですが、
「道山流!足を速くする方法」
というお話します。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

関連記事

  1. LINEうざい

    友達からのLINEがうざい時の対処法

  2. 才能

    他人と違うことこそその子の才能

  3. 子供の恋愛

    親は子供の恋愛にどれだけか関わるべきか

  4. 部活

    部活は絶対に入らないといけないのか?

  5. ワークを移す

    ワークの答えを写して成績UP!

  6. スマホ

    スマホのルールはこう決めろ!

  7. 継続

    良くなってきている時はそれを継続しよう!

  8. 寝込む

    体が弱い子の親が意識すべき2つのサポート

コメント

    • 早田真由美
    • 2017年 7月 12日

    道山様。
    いつも、大変参考になる記事を掲載頂き
    ありがとうございます。

    しかし、今回のご指導に関しては疑問だらけです。

    それが出来ればいいのですが…。

    道山先生も、子供が仮病を使った時、
    その日が「地方での単独講演会」であったら
    お仕事をキャンセルして子供に付き合いますか?
    観覧の申込者が既に大勢いて、会場で待っていたら…。

    我々母親も、毎日そのような
    責任ある仕事をしていると、自負して
    日々仕事に励んでおります。

    母親の仕事なんて、子供の一大事に比較すれば
    大したことない、と、その内容を軽視されたようで…
    今回ばかりは、同意しかねました。
    実際、私の変わりはいないので
    父が事故にあった際も、夜仕事が終わるまで
    警察に駆けつける事も出来ませんでした。


    我が家の中2は、仮病はありませんが
    よく、朝、読書に夢中になり時間を忘れ
    遅刻をしそうになると
    「恥ずかしいから行かない」
    と…よくバトルになります。
    困ったものです。

    • いつも読んでいただきありがとうございます。
      講演会であればもちろん講演会を優先しますよ。
      ただ子どもが不登校気味であるならば、
      そもそも講演会を受けないですね。

      仕事と子育てが両立できている(子どもが荒れていない)
      のであれば、両立すればよいです。
      ただ荒れているなら仕事を変えない限り、
      子どもが改善することはないということです。

      >よく、朝、読書に夢中になり時間を忘れ
      遅刻をしそうになると
      「恥ずかしいから行かない」
      と…よくバトルになります。

      このレベルであれば、
      子どもが酷く荒れているわけではないので、
      きちんと両立できていると思いますよ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

道山は今何位?

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

プロフィール

思春期の子育てアドバイザー。親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。>>続きはこちら
PAGE TOP