元中学校教師道山ケイの公式ブログです!現在道山ケイは思春期の子育てアドバイザー、成績UPコンサルタントとして中学生の子どもやそのお父さんお母さん向けに、効率の良い勉強の仕方や不登校、反抗期の解決策などを伝える勉強会を定期的に行っています!

menu

道山ケイ公式ブログ|効率の良い勉強法や不登校解決策を紹介

子どもが大きな心の傷を負った時のサポート法

心の傷

先日こんな相談を頂きました。
※プライバシー保護の関係で、
内容の一部を変更しております。

娘は現在中1ですが、
去年の夏に妻ががんで突然亡くなり、
そのあとから娘は不登校になってしまいました。

勉強も全くせず、
スマホとゲームばかりの毎日です。

親との急な死別という試練から
立ち直って前を向いていくにはどうしたらいいか、
機会があったらメルマガ等で
ご意見をお聞かせ頂けたらと思います。

お父さんお母さんが、
病気や事故で死んでしまったり、
地震や家事で自宅がなくなってしまった…

こういった大きな出来事があると、
子どもは心に大きなダメージを受けます。
正直勉強どころではなくなります。

この時のサポート方法について
私なりにまとめました。

解決までの時間を焦らないほうが良い

時間
私自身、
本当にありがたいことに、
自分の親は今なお元気に生きています。

 

だから上記の相談をくれた方の
お子さんほど辛い経験を、
未だにしたことがありません。

 

そのためこれから書くお話は、
私ならどういったサポートをするかという
お話になるのですが、

 

親や大好きな人の死というのは、
この世で最も辛い出来事だと思います。
きっと想像を超えるレベルの、
心の傷を負ってしまっていると思います。

 

こういったとき、
絶対に意識してほしいことは、
解決までの時間を焦らないほうが良い
ということです。

 

どれだけ心が強い子でも、
元の状態に近づくためには、
最低でも1年はかかると思います。

 

だから親が、
  • 辛いのはわかるけど頑張りなさい
  • いい加減気持ちを切り替えなさい
という言葉は絶対に言わないでください。

唯一の解決策は時間と新しい夢

夢
ではどうしたら解決できるのか?
一つは時間をかけることです。
最低でも1年、できれば3年以上、
無理をさせないようにしてください。

 

そしてもう一つは、
新しい夢を持たせることです。

 
  • 本当にやりたい夢を叶える
  • 心の底から行きたい学校に進学する
  • 大好きな人と付き合う
 

こういったが見つかると、
辛かった思い出がだいぶ緩和され、
その夢を叶えるために頑張ろうと
思えるようになります。

ひたすら無条件の愛情を注ぐ

愛情
それが見つかるまでの間は、
正直あまり頑張らせないほうが良いです。

 

想像を超えるレベルの大きな心の傷
負ったときというのは、
頑張りたくても頑張れません。

 

そこで頑張らせようとすると、
部屋から出られなくなります。
そうなってからでは遅いので、
絶対に無理をさせないでください。

 

そして無条件の愛情で接してあげてください。

 

「今は頑張らなくていいからね」
「何かできることがあったら言ってね」
「無理しなくていいからね」

 

こういった言葉を、
ひたすらかけてあげてください。

 

親の死別の場合、
きっとお父さんお母さんにとっても
辛い出来事だと思います。

 

だから子どもが怠けているのを見ると
余計にイライラしてしまうこともあると思います。
でもそれをぶつけると、
本当に長期的な不登校になります。

 

下手すると不登校どころか、
自分で命を絶ってしまうこともありえます。
だからこそとにかく無条件の愛情で接するように
意識してみてください。

 

明日ですが、
「毎日を過ごす環境が及ぼす悪影響とは?」
というお話します。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

子どもの成績を短期間で上げたいお母様へ

image

子どもの反抗期を改善したいお母様へ

思春期の子育てメール講座    
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログランキング参加中

ブログランキング

7日間の成績アップ無料メール講座

7日間のメール講座

思春期の子育てメール講座

思春期の子育てメール講座

オフィシャルサイト

道山ケイオフィシャルサイト

プロフィール

道山ケイ

2014年まで公立の中学校で教師をしていた。その時、学年最下位のクラスをわずか9か月で学年トップに導く。また、体育大会や合唱コンクールの2冠を取るなど、子どもたちをやる気にさせる方法を習得。その後独立し、現在はメルマガやセミナーなどを通して、中学生の保護者向けに、子どもをやる気にさせる方法や効率の良い勉強方法、正しい子どもへの接し方(子育て方法)などを教えている。

>>続きを見る

>>プライバシーポリシー・運営者情報