兄弟の愛情バロメータに差がある場合の対応策

兄弟

先日こんな相談を頂きました。
※プライバシー保護の関係で、
内容の一部を変更しております。

先日、道山先生の勉強会に
参加させて頂きました。
さすがに納得の内容でした。
ありがとうございました。

 

当日、愛情バロメーターの件で
誤解があったことが
1番の気づきでした。

 

現在小学生の息子中学生の娘と
私の母子家庭3人で
暮らしています。

 

私の意識の取り合いのように
兄弟ゲンカが激しく起こります。

 

私は今まで愛情バロメーターを
2人に均等に与えるべき
勤めていましたが、

 

娘は与えても与えても
満たされません。

 

勉強会で兄弟でもバロメータの
感じ方が違うと伺い
納得しましたが、

 

我が子の場合は、お互いに
母親の愛情を優位に立ちたいと
思っています。

 

例えば「今日は弟の日ね」とか
通じる状況ではありません。

 

このような欲求に応えるには
どうしたらいいか
相談お願いしたいです。

兄弟がいる場合、
それぞれの子の愛情バロメータ
違いが生じることはよくあります。

 

こういったときに意識すべきは、
「平等に接することが
正しいわけではない」
という原則です。

 

この原則を意識するだけで、
兄弟喧嘩がかなり解消されます。

全員バラバラに接すること=平等

教室
私は元中学校教師です。
クラスには40人の生徒がいました。
愛情バロメータが低い子、高い子、
いろいろいました。

 

その時、
私が心がけていたことがあります。

 

それは「全員に対して
平等に接しない
ということです。

 

こういったことを言うと、

道山先生!それは差別ではないですか?

と言われるかもしれません。

 

差別と言えば差別です。
でも私はそのほうが
子どもたち一人一人の成長
促すことができると考えています。

 

例えば明日までに提出すべき
宿題があるとします。

 

親子関係が良好で、
手がかからない子には一言、
「これやっといてね」
と言って終わりです。

 

一人でできるからです。

 

親子関係が芳しくなく、
手がかかる子には一言、
「放課後に先生と一緒にやらない?」
と言って一緒にやるようにします。

 

すると結果的に、
クラス全員が提出できるのです。

兄弟に対してもバラバラに接する

愛情
今回の相談者の場合、
娘さんの愛情バロメータが低いです。

 

であれば弟さんよりも、
娘さんに手をかけてあげる
必要があります。

 

もし娘さんばかりに手をかけた結果、
弟さんが愛情不足になったら、
今度は弟さんにも手をかけます。

 

2人とも愛情不足なら、
  • そもそも子どもに接している時間が短い
  • 愛情バロメータを下げる行為をしている
のどちらかです。

 

思春期の子育てメール講座を
見直しながら、
どこが間違っているか
改善する必要があります。
>>思春期の子育てメール講座

 

子育てにゴールはありません。
愛情バロメータが上がらないなら、
上げ続けるしかないのです。

自分の限界を超えてしまうなら?

時計
母子家庭の方は、
  • 家事
  • 子育て
  • 仕事
を両立しないといけません。

 

どこかで時間的限界
達すると思います。
そうなったらどうしたら良いのか?

 

まずはお子さんに対して、
涙を流してあげてください。

 

「お母さんはあなたのために、
全力で向き合ってきた。
なのにどうして弟をいじめるの?
兄弟喧嘩するのを見てると
お母さん悲しい」と。

 

理解できる子はこれで理解できます。
それでも理解できず、
問題行動を起こすのであれば、
何かをやめるしかありません。

 
  • 子育てを諦めて子どもが荒れるのを受け入れる
  • 仕事を諦めて生活保護や家族の収入に頼る
  • 実家に引っ越し家事を親にやってもらう
  • プライベートを全て無くす
 

これらの選択が、
どらだけ辛いことはよくわかります。
しかし人間は誰でも平等に、
1日24時間しかありません。

 

何かを得るということは、
何かを捨てることです。
最後どうするかは、
あなたが決めるしかありません。

本日のまとめ

親子
兄弟で愛情バロメータに差があるなら、
まずは平等ではなく個別に接する
ということを意識してください。

 

次に涙を流しながら、
時間的限界を伝えてください。
それでも無理なら、
何かを捨てる決意をしてください。

 

あなた自身の人生も大事です。
無理に自分のプライベートを捨てて、
子ども優先にする必要はありません。
何を取るかはあなたが決めればよいです。

 

私は思春期の子育てアドバイザーなので、
子育てを優先することを薦めますが、
これが絶対ではありません。

 

ただ子育てを捨てるなら、
子どもが荒れても
文句を言ったらダメです。

 

明日ですが、
「学年順位が20位UPした成果報告」
というお話をします。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

  1. 2学期

    中学生で2学期に気を付けて欲しいこと

  2. 朝

    勉強は朝か夜どちらがおすすめ?

  3. 悪い子なんて一人もいない

  4. 縮毛矯正

    縮毛矯正は校則違反?注意されたときにすべきこと

  5. 褒めて育てる

    子どもは叱るべきか褒めるべきか?

  6. 時間

    子どもが更生するまでにかかる時間

  7. 不安

    高校進学後の生活に不安がある場合

  8. 子供

    子どもをコントロールする極意

コメント

    • クリスマス
    • 2018年 1月 04日

    本日の内容身につまされる思いで読みました。うちは、中学一年の娘と小学四年の息子がいます。娘の成績不振と息子の反抗期で毎日ヘトヘトなくらいです。道山先生のお言葉に共感しながらも、実行できず、過干渉と勉強しなさいと言ってしまう。それが、悪い方に向かわせ、姉には、「お父さんお母さんは頑張ったことも何も認めてくれない。」私自身が落ち着いて話が少しできてくると少しだけだすが、変わっているかなと。
    だけど兄弟でもめると、「お母さんは弟ばかりひいきにして。」と言われる。私が、注意する際に怒鳴ったり、たたいたり、それが弟に影響しているとはおもってはいます。でも、お姉ちゃんだし、力も姉の方が強いのだからと話していたのですが、年上だからでなく、関わって行かなきゃいけないのかなと。
    明日何が起こるかわかりませんし、今日も2人とも遅く帰ってきて父に怒られています。良好な親子関係まではほど遠いですが、少しずつやっていけたら焦ったら負けだと思います。先生これからもよろしくお願いします。

    • ブログや思春期の子育てメール講座で解説している方法を試していただければすぐに改善できるので大丈夫ですよ。これから頑張りましょうね

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

道山は今何位?

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

プロフィール

思春期の子育てアドバイザー。親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。>>続きはこちら
PAGE TOP