習い事と遊びどっちが大事?

そろばん

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

小学校5年生で公立中学進学予定です。習い事がネックで友人と遊べないと揉めています。小学校時代は今しかないし、中学に備え学習準備もしないといけません。

習い事をセーブし友人関係を確立してあげたほうが、子どもには良いのでしょうか?習い事のために友人関係を崩すのは可愛そうです。

そろばん、公文、スイミングを平日にしています。多い方でしょうか?

習い事、勉強、遊びのバランスというのは本当に難しいです。子どもによっても、生活環境によっても正解が変わります。

ただ私自身は、次の2つの点を意識して考えるのが、一番良いと思っています。お子さんの遊び、勉強、習い事、部活動などの時間配分で悩んでいる場合、一度参考にしてみてください。

大きな失敗をして後で後悔することは無くなると思います。

子どもの気持ちを尊重する

親子

最優先すべきは子どもの気持ちです。ここを後回しにすると、結局子どもが親に反発して、問題行動を起こすようになるからです。今回の相談者のお子さんの場合、

習い事がネックで友人と遊べないと揉めています。

と言われているので、おそらくお子さんは遊びを優先したいと考えています。であれば、水泳、公文、そろばんのどれか一つをやめて、遊ぶ時間を増やしてあげるのが良いと思います。

もしくはスタートの時刻を夜にして、遊びが終わってから行くようにすると良いです。嫌々習い事に行くのは、能力が伸びないのでおすすめできません。

時代の流れを考える

大企業

次に優先すべきは時代の流れです。1980年代であれば、最優先すべきは勉強でした。勉強を頑張り大企業に入れば、将来安泰だったからです。

しかし今は大企業に入っても、いつリストラされるかわからない時代になりました。水泳、公文、そろばんなどを習っている子も非常に多いので、少しできるくらいでは差別化できません。

では今の時代、最も優先すべきことは何かというと、私は「遊び」だと思っています。

遊びはコミュニケーション力を伸ばす習い事

遊び

多くの方は未だにバブル時代の価値観を引きずっています。つまり勉強を頑張らせれば将来安泰だと考えています。

その結果、遊んでばかりいる子が減っています。遊びはコミュニケーション力を伸ばす最強の習い事です。他の子が遊びの割合を減らしているので、日本全体のコミュニケーション力が下がっています。

もしここであなたのお子さんが、他の子以上に遊び、コミュニケーション力が高い人間になれば、将来何をしても活躍できるようになります。

また遊びは発想力や独創性を伸ばす上でも非常に効果的です。AIが発達してきている今の時代、言われたことを的確にこなすだけでは、生き残ることはできません。

コンピューターには想像もできない新しい発想ができる人間も、非常に重宝されると思います。

本日のまとめ

時計

遊び、勉強、習い事は全て大事です。ただ人間は誰でも1日24時間しかありません。どこに時間を使うかを考えないといけないのです。

迷ったときは、優先順位1 子どもの気持ち優先順位2 時代の流れという順序で考えていくと良いと思います。

さすがに小中学生だと、時代の流れを考えることはできません。ここはお父様かお母様が考え、お子さんに助言することが大事だと思います。

明日ですが、「良いノートと悪いノートの違い」というお話をします。今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

  1. 不安

    高校進学後の生活に不安がある場合

  2. 過干渉

    過干渉の親が持っているたった1つの思考

  3. 褒める

    条件を付けて子どもを褒めてはいけない!

  4. スマホ

    残虐な動画を見る子どもへの対応法

  5. 成績が上がらない

    道山流で成績が上がらない一番の理由

  6. 引越し

    道山流!引越し解決法

  7. 子供の恋愛

    親は子供の恋愛にどれだけか関わるべきか

  8. 落ち込む子供

    身近な子どもに不幸があったときの対処法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

道山は今何位?

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

プロフィール

思春期の子育てアドバイザー。親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。>>続きはこちら
PAGE TOP