父親が支配型の場合できることとは?

父親

先日こんな相談をいただきました。
※プライバシー保護の関係で、
内容を一部変更させていただきます。

こんにちはいつもメルマガ
拝見させていただいてます。
子供のことで伺いたいことがあります。

高1男子月に何回か不登校あり、
父親との折り合い悪いです。
父親が支配型で信念が強く
あまり協力的ではありません。

私はどう対処したら良いでしょうか?

どれだけ母親が、
子どもの無条件の愛情を注いでも、
父親が過干渉に接してしまうと、
子どもは荒れてしまいます。

では母親の立場なら、
どういった考え方をしていけば、
良いのでしょうか?

他人を変えることはできない

悩む
まず大前提として、
父親を変えることはできません。
なぜなら人は自分で変わる気がないと
変わることはできないからです。

 

もし旦那様が、
「子どもへの接し方を変えたい」
と思っているなら変わることができます。

 

しかし、
「お前が甘いからこういうことになるんだ」
「俺にいちいち指図をするな」
というタイプだったら変えることはできません。

 

だから、
支配型タイプの旦那さんを、
変えようとすること自体、
間違った考え方になります。

人を変えられる唯一のものとは?

マッサージ
「じゃあうちの旦那は一生支配型なのか?」
と思うかもしれませんが、
実はそんなことはありません。

 

無条件の愛情を注ぐことで、
人は変わることができます。
これは子育てと同じ理論です。

 

逆のことを考えるとわかるのですが、
自分が疲れている時
マッサージをしてくれたり、
美味しい料理を作ってくれたり、

 

100回くらい
自分に無条件で尽くしてくれたら、

 

3回くらい
「相手の言うことを聞こう」
って思いませんか?

 

人間というのは、
他人から無条件の愛情をもらい続けると、
絶対にお返しをしないといけないという気持ちが
働いてしまう生き物なのです。

 

だからもしあなたが、
真剣に旦那さんを変えたいと思うなら、
無条件の愛情を旦那さんにも注ぐのが、
唯一変える方法になります。

 

※これがどれだけ難しいことかは、
100も承知で話しています。
※理想論です。

母親に出来る2つのこと

塾
おそらく100人中、
99人の方は旦那に無条件の愛情を
注ぐなんて無理だと思います。

 

であれば、
次の2つの方法を意識してみましょう。

 

1.父親と子どもの間に入る
例えば旦那さんから、
「あいつに●●って言っておけ」
と言われたとします。
※あいつというのは子どもです。

 

その時に、
それをダイレクトに伝えたら、
親子関係はさらに悪くなります。

 

あなたが上手くこの間に入り、
お互いがイライラしないような伝え方をすれば、
2人の関係が悪くならずに済みます。

 

あなたは常に板挟みの状態なので、
かなりストレスは感じると思います。
ただ、親子関係という意味では、
かなり効果が出てくると思います。

 

2.できるだけ関わらせないようにする
家にいると常に父親と子どもが
ぶつかるような家庭の場合、
塾を契約した方が良いです。

 

成績を上げるという目的ではなく、
できるだけ2人を合わせないようにする
という目的です。

 

あまりに酷い場合は、
別居などの選択も必要になるかもしれません。
ただそれは現実的ではないので、
最後の手段として取っておきましょう。

 

今でできることから、
行っていくと良いと思います。

父親も子どもが大好き

父親
最後に一つ、
非常に大事なことをお伝えします。

 

もし今時間があったら、
お子さんが小さい頃の写真や映像を
見直してみてください。

 

きっと旦那さんが、
しそうにお子さんを抱く姿
出てくると思います。

 

子どもが嫌いな父親なんて、
一人もいません。
本当は大好きなのです。

 

旦那さんも、
子どものためだと思って、
今の行動をしているわけです。

 

その気持ちを、
少しでも理解してあげると、
旦那さんを見る目も少しは変わってくるかと
思いますよ。

 

明日ですが、
「夜寝られない時にすべき3つの行動」
というお話します。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

  1. 校舎

    やりたいことが見つからない時の進路選択術

  2. 親の考え方

    親の考えが変わらない限り問題は別の形で起こる

  3. 親子関係

    見せかけの親子関係に騙されるな

  4. カッター

    子どもが自傷行為をするときの対応策

  5. サポート

    親が子どもにしてあげられる唯一のこと

  6. 親が読む本

    保護者が絶対に読むべき書籍ベスト5

  7. 勉強へのこだわり

    なぜそこまで勉強にこだわるのか?

  8. スマホ

    スマホを渡したからスマホ依存になるのではない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

道山は今何位?

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

プロフィール

思春期の子育てアドバイザー。親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。>>続きはこちら
PAGE TOP