わがままと甘えの見分け方

わがまま

先日こんな相談を頂きました。
※プライバシー保護の関係で、
内容の一部を変更しております。

うちの子は不登校です。
愛情バロメーターをあげる
という話納得しました。

 

まだ、やってませんが、
子供の要求を聞くことと
わがままの違いを
教えてください。

 

聞いてはいけないわがままは
たとえばどんなことでしょうか?
具体例があると
なおうれしいです。

12月に東京大阪名古屋福岡で、
思春期の子育て勉強会を行いました。
>>思春期の子育て勉強会

 

質疑応答の際、
たくさんの方の相談を
お聞きしたのですが、
ある共通点がありました。

 

それは、
間違った要求(わがまま)
応えてしまっている。
ということです。

 

これをしても、
愛情バロメータは上がりません。

 

そこで本日は、
わがままと甘えの違い
についてまとめます。

 

この違いを理解しておけば、
今後お子さんから要求が出てきたとき、
応えるべきかどうかで
迷わなくなりますよ。

最初にクイズです!あなたはどう思いますか?

薬物
お子さんから、
次の3つの要求が出てきました。
あなたならどう応えますか?

薬物に関する要求

お母さん、覚醒剤使いたいから買ってきて。

お子さんから上記のような
要求が出てきたら、
あなたはどう応えますか?

お金に関する要求

先日のクリスマスの時に、
1万円のゲームソフト
買ってあげました。

 

その1週間後に、

お母さん、前のゲーム飽きたから
新しいの買いたい。1万円ちょうだい。

と言ってきたらどうしますか?

暴力に対する要求

お子さんはイライラすると、
あなたに暴力を振るう癖
があります。

 

あなたは我慢することも愛情だ
と考え我慢してきました。

 

しかしもう限界です。
またお子さんがあなたに、
暴力をふるおうとしてきました。
あなたはそれを受けてあげますか?

あなたの解答を教えて下さい

守る
上記の3つの質問。
あなたはどう応えましたか?
私の考えをお伝えすると、

 

薬物…もちろん買ってはダメ
お金…もちろんあげてはダメ
暴力…もちろん受けてはダメ

 

になります。
どういうことか解説します。
例えば薬物のケース。

 

なぜダメなのかというと、
薬物を使うと子どもの体が崩壊します。
親の役割は子どもの体を守ることです。

 

薬物の要求に応えてしまったら、
子どもの体を守ることができません。
だからダメです。

 

次にお金のケース。
お金をいくらあげても愛情は買えません。
それどころかますます
エスカレートします。

 

その子の年齢にとって、
常識の範囲内はあげてOKです。
それ以上はダメです。

 

クリスマスにゲームを買ったなら、
次に買うのは、

 
  • 誕生日
  • テストの点数が上がったとき(ご褒美として)
のどちらかです。

 

最後に暴力です。
これを許したら、
子どもは物事の解決策=暴力
という認識になります。

 

だからダメです。

迷ったら幼少期の子育てを思い出す

幼少期
もし上記の説明を読んでも、
判断できなければ、
以下の内容を頭に入れてください。

 

それは、
お子さんが幼少期だったら、
要求に応えるかどうかです。

 

薬物も、お金も、暴力も、
全て応えないですよね?
一方で、

 
  • お腹すいたからご飯作ってほしい
  • ディズニー連れてってほしい
  • キャッチボールしてほしい
  • 一緒にゲームしたい
 

などの要求には応えますよね?
これが判断方法です。

本日のまとめ

判断
自分の子どもだと、
つい甘くなってしまうのが親です。
これは仕方がないです。

 

判断に迷ったら、
お子さんが幼少期だったら、
要求に応えるかどうかという基準で
客観的に考えてみてください。

 

もっと言うと、
友達から相談を受けたら、
どう応えるかで決めてください。
そうすれば間違わなくなります。

 

明日ですが、
「道山流!高校の学科の決め方」
というお話をします。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

  1. 声を出す

    大きな声を出すのが苦手な子への声掛け法

  2. 親の不満

    子どもが先生に対して親の不満を言う場合の対処法

  3. やる気でない

    勉強に対するやる気が出ないときは?

  4. 睡眠時無呼吸症候群

    睡眠時無呼吸症候群になっていませんか?

  5. 勉強

    睡眠と勉強の理想的なタイミング

  6. 忘れる

    覚えた内容をすぐに忘れてしまう場合の対処法

  7. 勉強時間

    勉強する時間がないという悩みは言い訳だ!

  8. 子供

    発達障害の事実は子どもに伝えるべきか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

道山は今何位?

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

プロフィール

思春期の子育てアドバイザー。親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。>>続きはこちら
PAGE TOP