子どもが塾講師に恋をしたら?

恋

先日こんな相談を頂きました。

※プライバシー保護の関係で、

内容の一部を変更しております。

中学3年の娘と塾講師のことで相談です。最近塾の先生(大学生)と個人的に連絡を取り合いはじめたようで、親として心配しています。

先生がレポート作成で図書館にいるため、娘も隣で勉強しながらわからないところを教えてもらっていたようです。

塾ではもちろん個人的に教えるのは禁止だし、ましてはライン交換もバレたら首になると思うのです。

ラインの内容は、2日ほどのやりとりで勉強の質問をしているだけのようですが、犯罪に発展することもありえますし、親としては黙っていられません。

親として言うべきなんですが、娘は相談したり遊んだりする友達がおらず、なかなか人に心を開きません。

また反抗期で私との関係も良いとは言えない状態で、今その先生が心の拠り所になっているのだと思います。

恋愛感情を持っている可能性もあります。先生のラインやブログを拝見し、私の愛情バロメーターを上げることが大事であることはわかりました。

この件について、どう対応すべきかアドバイスをお願いします。

大切なわが子が、塾講師や学校の先生と、個人的にやり取りしているのは、親として非常に悩むところだと思います。

ではあなたのお子さんが、学習塾や家庭教師の先生と個人的にやり取りし、恋愛感情を抱いてしまったらどうしますか?私なりのアドバイスをまとめます。

仮に今そういった状態でなくても、この考え方を理解しておくと、今後どんなトラブルにも対応できると思います。

まずは塾に連絡するのが先決

塾講師と保護者

お子さんのことを第一に考えるなら、最初にすべきは塾に連絡することです。電話だと誤解が生じるといけないので、塾に直接行ってください。

そこで塾長、もしくは講師の先生に、どういう状態になっているかを、確認を取ってください。この時大事なことは、
  • 連絡を取ってもらっている
  • 休みの日にも教えてもらっていること
に感謝していると伝えることです。「うちの子は友達が少ないため、先生が唯一の相談相手になっています。本当にありがとうございます。」と伝えましょう。

また塾長には、「生徒と連絡先を交換することは禁止されているのだと思います。」「ただおそらくうちの子が無理にお願いして、先生が断れなかったのだと思います。だから先生をやめさせたりはしないでください」と伝えてください。

今後も話を聞いてあげてほしいと伝える

スマホ

次に、「今後も迷惑にならない範囲で子どもを支えてほしい」と伝えてください。

道山先生!塾講師と連絡することを止めなくていいんですか?

とあなたは思われるかもしれません。もちろん止められるなら止めたほうが良いです。しかし今回の相談者のお子さんは、

  • 親子関係が良好でない
  • 学校に気軽に相談できる友達がいない
という状況です。こういった子の場合、例え塾の先生であっても、気軽に相談できる方がいたほうが良いです。

それを考えると、今回のケースは無理に止めないほうが良いと私は思います。もちろん先生が人格的におかしい場合、連絡を取ることを止めるべきです。

これは先生と直接会えばわかると思います。「この人に任せるくらいなら、孤独に生きたほうが娘のためだ」と感じるなら、連絡を取り合わないでほしいと伝えましょう。

自分にできないことは第三者に任せるのが基本

心のケア

相談者の方が書いているように、通常子どもの心のケアは親がすべきです。1日も早く愛情バロメータを上げ、話ができる関係を作ることが大事です。

※愛情バロメータを上げる方法

>>思春期の子育てメール講座

ただそれがすぐにできない時は、子どもの心のケアを第三者に頼むことも大事です。それが学校の先生になるのか、塾の先生になるのかはわかりません。

一番危険なのは、誰にも相談できない状態です。何か悩みがあったときに自分を追い込んでしまうからです。

今回の相談者は、塾の先生と恋愛関係になることを恐れ、私に相談されたのだと思います。もちろんそれも一つの危険ではありますが、それ以上に誰にも相談できないことの方が危険です。

この2つを比べて判断するなら、私は無理に連絡を禁止させないほうが良いと思います。

本日のまとめ

親子

お子さんが塾の先生や学校の先生と個人的に連絡を取り始めたら、親としていろいろ悩むと思います。その時それを止めるべきかどうかは、
  • お子さんの状況
  • 先生の人格
などを総合的に判断して決める必要があります。お子さんにとってプラス面の方が大きいなら、連絡を取り合うことを許容することも必要になります。

もちろん理想的は、そうならないような親子関係を作っておくことです。

明日ですが、「夢を見つける新しいアプローチ」というお話をします。今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

  1. 内申点

    定期テストを欠席した場合の内申点の付け方

  2. 時間

    時間管理ができない子どもへの考え方

  3. 父親のせいで子供が荒れる

    旦那のせいで子どもが荒れてしまう悩み

  4. 転寝

    疲れて勉強できない場合の対処法

  5. 塾

    塾の進度についていけないときの考え方

  6. 兄弟喧嘩

    長女が次女をいじめる理由と対応策

  7. 親子

    勉強方法以上に親子関係が成績を上げる鍵

  8. 発達障害

    発達障害グレーの子への対応

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

 
>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

PAGE TOP