子どもが鑑別所に入った時は?

警察

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しています。

19歳の息子が数人で窃盗罪を起こし鑑別所に入る事になりました。私ができる事は、何でしょうか?

窃盗罪に限らず、子どもの問題行動が悪化すると、いずれ鑑別所や少年院に入ることになります。

親としては非常に辛いことですが、なってしまった以上は仕方がないです。再度同じ問題を起こさないように、家庭環境を整える必要があります。

これがしっかりできると、子どもは二度と問題行動を起こさなくなります。しかしうまくできないと、さらに酷い問題行動を起こします。そうなってからでは遅いです。

そこで本日は、子どもが鑑別所に入った後に起きる変化と、それに対する親の向き合い方をまとめます。

鑑別所から出てきた後の子どもの変化

優等生

最初にお伝えするのが、少年院や鑑別所に子どもが入って、出てきた後の変化です。一定期間、こういった施設に入っていた子は、驚くほど変わります。

まるで今までとは別人のように、優等生になります。学校で暴れていて清掃など一切しなかった子が、落ち着いて授業を聞き清掃などもするようになります。

なぜ少年院や鑑別所に入った子が、このように変化するのか?いろいろな理由はありますが、一番の理由は「孤独感」です。

今まで遊んでいた友達や、一緒に暮らしていた家族から離れると、ものすごい寂しさや孤独感を感じます。これが人間を変えるのです。

3か月で元の状態に戻る

親子

そういった姿を見ると、「この子は更生した。二度と悪さをしない」と思い込んでしまいます。しかしこれは大きな間違いです。

3か月くらいすると元の状態に戻ります。今まで通り学校で悪さをし、親の言うことを聞かなくなります。これはなぜか?主に2つの理由があります。

友達付き合い

過去に一緒に悪さをしていた友達と再び付き合うことになります。するとその子たちの影響を受けるため、また悪さをするようになるのです。

家庭環境

子どもが問題行動を起こす理由は、親が間違った接し方をすることです。施設での生活により一時的に改善したとしても、親から再び間違った接し方をされると、それがきっかけで問題行動を起こします。

この2つが原因となり、3か月で子どもは元の姿に戻るのです。

子どもが施設にいる間に親がすべきこと

引越し

再度子どもが問題行動を起こさないために、親がすべきことについてまとめます。まずは友達付き合いと家庭環境のどちらが原因だったかを調べます。

もし友達付き合いが原因なら、子どもが戻ってくるタイミングで、住む場所を変えてしまった方が良いです。

いくら子どもが変わりたいと思っていても、元の人間関係を子どもの力だけで切るのは難しいからです。

引越ししてしまえば、親の力で距離を取らせることができます。もし親の接し方が原因なら、子どもが戻ってくる間に、
  • 何がダメだったのか
  • 父親、母親、祖父母誰の影響が悪かったのか
などを確認することが大事です。自分でわからなければ、私や伊藤幸弘先生などに相談して、原因を突き詰めることが大事です。

>>伊藤幸弘先生への相談はこちら

必要であれば、
  • 旦那さんや奥様と別居
  • 祖父母と離れて暮らす
なども考える必要があります。新しい環境を作った状態で、子どもの帰りを待つことが大事になります。

本日のまとめ

親子

子どもの問題行動が悪化すると、いずれ鑑別所や少年院に入ることになります。帰ってきた後は一時的に子どもは更生します。

ただ友達や家庭環境が元のままだと、再び問題行動を起こすようになります。そうなってからでは遅いので、子どもが戻ってくる前に、受け入れる環境を整えることが大事です。

子どもの問題行動は、子どもだけのせいではありません。周りの環境を改善してあげることが、親の務めだと思います。

明日ですが、「親子で勉強会に参加し第一志望合格」というお話をします。今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

  1. 教師

    教師に言えること言えないこと

  2. 親子

    子供との理想的な距離感について

  3. 怒る

    子どもについ怒りを爆発させてしまう悩み

  4. 塾

    塾をやめた瞬間成績が落ちた場合の対処法

  5. 高校生

    中学生と高校生の問題行動解決策の違い

  6. 学校

    迷った時の第一志望を決める方法

  7. 子供の要求

    子どもの要求はどこまで聞くべきか?

  8. 中学生時代、道山はなぜゲームをやめたのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

 
>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

PAGE TOP