先生から嫌われ、内申点が上がらない悩み

内申点

先日こんな相談を頂きました。※プライバシー保護の関係で内容の一部を変更しております。

息子は中三ですが、技術の先生に嫌われてしまい、成績がずっと2で上がりません。私から見ても雑な所があるので、先生にあまり言い返す事が出来ず、どうしたら良いのか分かりません。

本人も先生が嫌だから、あまり関わらない様にしてると苦手意識が高くなかなか変わろうとはせず、このままいくとずっと悪いままかな…と心配しています。

提出物はきちんと提出しているのですが、親として他にどんなアドバイスをしてあげれば良いのか悩んでいます。このままだと受験にも響いてしまうので、なんとか上げたいのですが…。アドバイス頂けると助かります。

学校の先生というのは、子どもたちに平等に接しないといけません。だからそもそも子どもを嫌うというのはおかしな話なのですが、現状子どもを嫌う先生がいるもの事実です。

そこで本日は、先生に嫌われてしまった結果、内申点が下がってしまったときの対処法についてまとめます。もしお子さんが先生から嫌われて悩んでいたら是非伝えてあげてください。

※以下、子ども向けに記事を書いていきます。

※また内申点についてはこちらの記事で詳しくまとめていますので、よかったら参考にしてみてください。

>>学校での内申点の計算方法とは?

全員の先生から好かれるのは無理

小泉純一郎

343の法則って聞いたことはありますか?3割の人はあなたの敵、3割の人はあなたの味方、残りの4割はあなたの性格などで好き嫌いが決まるという法則です。

日本の政治家を見るとわかります。小泉首相のような人気のある政治家であっても、支持率は7割くらいが最大です。一方どれだけ悪さをする政治家であっても3割くらいは支持率があります。

これは343の法則が働くからです。この法則をあなたの学校生活に当てはめると、あなたがどれだけ優秀で優しい人であっても、3割はあなたのことを嫌っています。

一方あなたが誰かをいじめたり、学校で悪さばかりをしていたとしても3割の人はあなたのことが大好きです。残りの4割がどちらにふれるかだけということです。

だから全員の先生から好かれようと思ってもそれは無理なことなのです。

先生から嫌われたとしても問題なし

作る

今回の相談者の子どものように、ある教科の先生から嫌われてしまったとしても全く問題ありません。たまたまその先生が3割に入っているだけだと思います。それに一喜一憂していてはダメです。

嫌われているかどうかを気にするのではなく、今自分ができることを全力で頑張ればよいです。例えば技術の先生に嫌われている場合、先生からの評価は気にせずひたすら良い作品を作ればよいのです。

また定期テストで良い点数を取れば、先生だって良い評価を付けざるを得なくなります。嫌われている先生が担当する教科で評定5を取ったら快感ですよ!良い点数を取ってやり返すくらいの気持ちで行きましょう。

あまりに差別的な評定の時は理由を聞く

電話する

通常いくら嫌われていると言っても、そこまでひどい点数をつける先生はいません。ただまれに、好きな生徒に良い点数をつけ、嫌いな生徒に悪い点数をつける先生もいます。

通知表をもらって明らかにおかしいと思ったときは、お父さんやお母さんと一緒に学校に理由を聞きに行きましょう。クレームを言いに行くのではなく、なぜこの内申なのか理由を聞きに行くのです。

「先生、山田君は定期テストで70点、僕は90点なのになぜ山田君の方が内申点が上なのでしょうか?理由を教えてください」と冷静に聞けば教えてくれるはずです。

もしきちんとした理由を言えなければ、それは先生がわざと下げている可能性もあるので、教頭(副校長)に連絡すればよいです。※さすがにそこまでひどい先生は少ないと思います。

本日のまとめ

テスト

あなたがどれだけ優秀であっても、全員から好かれるのは無理です。絶対に3割の人はあなたのことを嫌うorあまり好きだとは思いません。これは人間関係の絶対法則なので仕方がありません。

自分のことを嫌う人と、無理に付き合う必要はありません。それが先生であっても友達であっても同じです。ただ高校受験に悪影響が出るのは良くないので、良い点を取って見返すようにしましょう。

あまりにひどい場合は、お父さんお母さんと一緒に理由を聞きに行き、戦略的に対策を進めていきましょう。

明日ですが、「オール3vsオール2勝つのはどっち?」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

  1. やる気でない

    勉強に対するやる気が出ないときは?

  2. 三つ

    最短でいじめが解決できる3ステップ

  3. 音楽

    音楽を聴きながら勉強をしても良いのか?

  4. 落ち込む

    なぜそこまで勉強にこだわるのか?

  5. 中学生

    やりたいことがコロコロ変わる子どもへの考え方

  6. 内申点

    定期テストを欠席した場合の内申点の付け方

  7. 問題行動

    問題行動解決に必要な時間

  8. 将来のビジョン

    将来のビジョンはどこまで持つべきか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP