鬱病のお父さんお母さんが意識すること

うつ病

先日こんな相談を頂きました。
※プライバシー保護の関係で、
内容の一部を変更しております。

私自身、8年以上、うつ、適応障害、
パニック障害と診断され、闘病中です。
先生のお話しは、鬱を患っていない
親御さん向けですよね?

すでに鬱になっている状態なのですが、
どうしたらよいんですか?
専門外ですか?
精神科の先生の所へ行けですか?

先生の仰ることは、
落ち着いているときはわかるのですが……

私の周りにも、

  • 過去にひどい鬱だった人
  • 現在でも鬱とたたかっている人
などたくさんいます。

私自身は楽観タイプなので、
人生で一度もになったことがありません。
ただ周りにたくさんいるので、
鬱の方がどれほど辛いかよくわかります。

そこでもしあなたが現在、
少しでもうつ状態であれば、
本日お伝えすることを意識して、
子どもに向き合っていくと良いでしょう。

それだけで、
ずいぶん子育てにイライラと、
不安がなくなると思いますよ。

私は専門家ではないので、
鬱を治す方法の記事ではなく、
あくまでも子育てで意識することになります。

なおすでに入院されている方ではなく、
  • 薬を飲みながら自宅で治療中の方
  • 鬱傾向がある方
向けの話になります。

あなたの人生は子どものものではない

人生
子育てをしている多くの方は、
  • 自分の人生は子どもが生まれた時に終わった
  • 今の人生は全て子どものためにささげないといけない
  • 自分の楽しみは子供の成長のみ
 

という意識になりがちです。
ただこれは良くないです。
あなたの人生はあなたのものです。
子どものものではありません。

 

もちろん親としての責任があるので、
ある程度自分が犠牲を払うことも必要です。
ただ犠牲だけの人生だと、
さらに鬱状態が酷くなります。

 

そこで意識してほしいのは、
とにかく自分の時間を作ることです。

 

毎週1回でも良いので、
家事や仕事を休んで、
自分が楽しいと思える時間を
作るようにしてみてください。

 

週1が厳しければ、
月に1回でも構いません。

親、友達、旦那さんに協力してもらう

家事代行
もちろん自分一人だと、
自分の時間なんて取れないと思います。
であれば旦那さん、友達、お父さん、
お母さんに協力してもらいましょう。

 

「それができないから困っているんだよ」

 

という方は、
一度この記事を協力してもらえそうな方に、
見せてください。

 

また周りが誰も協力してくれないなら、
お金を使って誰かを雇う形でも良いです。

 

例えば毎日掃除が大変で、
自分の時間を取れないのであれば、
家事代行サービスを使うのも手です。
困ったときこそお金に助けてもらいましょう。

 

※家事代行の場合、
こちらがおすすめです
>>家事代行「CaSy(カージー)」

子どもにとって最も大事なこととは?

親子
極論を言います。
家事、仕事、子育てなど、
一切やらなくてもいいと思います。

 

というのは、
子どもにとって一番大事なのは、
お父さんお母さんが元気に
生きていることだからです。

 

家事、仕事、子育てに追い詰められ、
命を絶ってしまったり、
病気になってしまうのが、
子どもにとっては一番つらいことです。

 

そうなるくらいなら、
いっそ何もやらなくても、
元気でいてくれる方が幸せなのです。

 

また一定期間であれば、
子どもを預かってもらうのも、
選択肢としてはありです。
※状況次第ですが。

本日のまとめ

順位
まずは優先順位を考えましょう。
一番大事なことは、
元気で長生きすることです。

 

次に大事なのは、
適度に自分の時間を作ることです。
そして最後の最後に、
仕事、家事、子育てをすればよいです。

 

今できていなければ、
  • 周りに協力を頼む
  • 家事代行サービスを活用する
などから考えてみてください。

 

明日ですが、
「思春期ニキビを治す3つの考え方」
というお話をします。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

  1. 漢検

    漢検を取る2つのメリット

  2. 東大

    道山流!東大に合格する方法

  3. 校舎

    やりたいことが見つからない時の進路選択術

  4. 高校

    道山流!高校の学科の決め方

  5. 塾

    塾の先生に志望校を否定されたときは?

  6. 声を出す

    大きな声を出すのが苦手な子への声掛け法

  7. ノート

    どこまでまとめノートは作るべきか?

  8. 通知表

    通知表の1は高校受験に影響するのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

 
>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

PAGE TOP