夢プロHIS共同開催2018雪だるまスノボ体験

2018年1月20日に、2018年度最初の夢プロを行いました。今回は夢プロ史上初となる

  • 関東開催
  • 雪だるまスノボ体験
  • HIS共同開催
  • 貸し切りバスで移動
  • 子どもだけの参加可
でした。初めてのことばかりで、どうなるか不安だったのですが、終わってみれば大成功でした!当日の様子や良かったこと、反省点などまとめます。

当日の様子を写真付きで公開

まずは当日の様子を紹介します。天気にも恵まれて最高の1日になりました。

   

参加者の方から届いたアンケートを紹介

次にアンケートを紹介します。掲載許可を得られた方のみ全て紹介します。


とても楽しかったという意見もあれば、まだまだ改善すべき点もたくさんいただきました。この辺りは来年度に向けて修正していかないといけないですね。

良かった点と反省点のまとめ

新しいことをたくさん取り入れた夢プロだったので、良かった点や反省点などもいろいろ見つかりました。

バスでの移動はかなり楽しい

一番良かった点はバス移動にしたことです。バス移動だとどうしても参加費が上がってしまうため、今までは近くの駅に集合して、そこからタクシーで移動していました。

ただ今回は、HISさんとの共同開催だからこそ非常に格安価格でバスを使うことができました。バスの中で子どもたち同士、保護者同志が話をできるので、仲良くなることができました。

またいろいろなセッションをすることもできたので、時間を有効活用することができました。予算さえ合えば、バスでの移動がベストだと思います。

なお今回はHISさんスタディツアー担当者である大田原さんと松井さんにサポートしていただきました。この場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

>>HISスタディツアーの公式サイト

サンメドウズ清里スキー場が最高

今回利用したサンメドウズ清里スキー場というところなのですが、ここが本当に最高でした。到着から出発までの間、終始担当スタッフの方が付いてくれましたし、席も団体用に確保してくださいました。

また土日ですが、団体向けのゲレンデだからか比較的空いていて、運営しやすかったです。料理もかなりおいしかったですし、雪だるま作成用の場所も用意してくださいました。

レンタル用の板もバートンを貸してくれて、全員に名前を付けてくれたのでスムーズでした。バスも入り口のすぐ横に停められたので、バス内で着替えをすることができました。

一言でいうと、「最高のゲレンデ」です。今後実施するなら間違いなくサンメドウズで行いたいと思いました。

>>サンメドウズ清里スキー場

子どもだけでの参加を許可すべきか?

今回一つ改善すべき悩んだのが参加形態です。今後子どもだけの参加を許可すべきかどうかという点です。実は1名怪我をして親に迎えに来てもらった子がいました。

スポーツに怪我は付き物なのでこれは仕方がありません。理解のあるお母様で、すぐに駆けつけてくれたので本当に助かりました。ただもし保護者同伴にしていたら、さらにスムーズな対応ができたとも言えます。

学校のような団体で動く場合、一人教師が外れてその子を自宅に送り届ければ問題ないです。ただ少人数で行う夢プロだとそれができません。そこまで考えると、今後は保護者同伴の方が良いのかなと悩みどころです。

夢プロへの感謝と今後の展望

改めまして参加してくださった方々、本当にありがとうございました。また一緒に運営をしてくださったHISのスタッフの方々、バス会社の方々、スキー場の方々も本当にありがとうございました。

来年度同じ企画を行うかどうかは、今後小井出先生と相談して決めていこうと思います。もし今回事情があって参加できなかった方、来年実施できそうであればその時は一緒に楽しみましょう!

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー

道山ケイ

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

  1. 夢プロの下見で陶芸体験に行ってきました!

  2. 夢プロジェクト2016.8.18愛知県瀬戸

    夢プロジェクト2016夏in愛知県

  3. 夢プロジェクト伝統体験

    夢プロジェクト2017GW(伝統体験)の様子

  4. 夢プロジェクト2017夏

    夢プロジェクト2017夏は大雨でした!

  5. 駒ケ岳

    夢プロ第4弾の下見に行ってきました!

コメント

    • 藤原里絵子
    • 2018年 2月 12日

    ご無沙汰しております。久しぶりに読ませて頂きました。
    私自身、娘に是非参加して貰いたかった企画でした。
    しかし、本人の気持ちが不安定だった時期なので今回はこの記事を心待ちにしていました。
    保護者同伴の改善ですが、確かに怪我、突然の病気は付き物です。実際、学校の修学旅行でも何かあれば、親が迎えに行くシステムです。
    それよりも、諸事情で、例えば、他の兄弟がいたり、介護をしているなど、家庭環境などなどで同伴

    • 藤原里絵子
    • 2018年 2月 12日

    すみません!途中で送信になってしまいました。

    諸事情で同伴出来ない場合、
    本当に有難い企画です。子供の成長を第一に考えるならば、
    何かあった場合!お迎えを前提に、又、年齢や体調により考慮するなど事前策を加えて企画を発信すると良いかと思います。
    今回は子供がとても興味を持った企画でしがタイミングが合わずに残念でした。又、是非、参加しやすい企画をお願い致します。

    • 確かに、何かあった時は親が迎えに行くというのを前提にするのは良い案ですね。
      貴重なご意見ありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP