塾に通わなくても30日でテストの成績が上がる勉強法実践者から頂いた成果報告(2018年度)

勉強

「道山ケイの教材って本当に成績上がるの?効果なしって噂だけど・・・」と悩んでいるあなたへ、今までにに頂いた成果報告の一部を紹介したいと思います。

小学生、中学生、高校生など年齢を問わずに成績が上がっています。すごい子だと5教科合計100点以上UPしています。

全て、「塾に通わなくても30日でテストの成績が上がる勉強法」に参加された方から直接頂いた成績表になります。

なお、無理にプログラムに参加いただかなくても、下記のページにまとめた道山流学習法を実践していただければ、すぐに成績は上がりますよ!

>>成績が上がる!!中学生の勉強の仕方をまとめたページ

目次

内申点が3上がり41にUP(中学3年:Hさん)


※スマホ拡大図※


Hさんは昨年の夏休み明けに、私の定期テスト対策プログラムに参加してくださいました。その後2学期の勉強を頑張り、今回内申点が37から41まで上がりました。

3年生の2学期というのは、中学校生活で最も内申が上がりにくい時期です。高校受験直前のため、全ての生徒が勉強を頑張るからです。この時期に内申が4上がるのは、本当にすごいことだと思います。

※内申点についてはこちらの記事で詳しく解説していますので参考にしてみてください。

>>内申点はどうやってだしているの?

素敵な成果を送ってくださったHさん親子本当にありがとうございました。この調子で受験も成功させてくださいね。

内申点は定期テストの点と戦略で上がる

Hさんはなぜこの時期に、内申点を4も上げることが、できたのでしょうか?頂いた感想を読むとわかります。

先生の本を購入して1ヵ月弱で2学期の期末試験がありましたが、かなり点数が上がりました。

基本的なことは出来ているはずなのに、数学などでケアレスミスで損をしていることが多いと思ったので、ケアレスミスに関するアドバイスや、試験の当日の朝の注意、副教科の成績をあげる努力、など娘と一緒に読んで実践するようにしました。

そうしたら最終的に数学、美術と技術家庭が1ずつあがり大喜びです。内申は高校受験にも大きく影響するので4点アップは本人にも強い自信を与えてくれたようです。

内申点の7割は、定期テストで決まります。ですので定期テストの点を上げることが最も大事です。またそれだけではなく、上がりやすい科目の勉強時間を増やし、その教科の点数を上げることが大事です。

Hさんのお子さんは、副教科に焦点を絞って努力されました。その結果美術と技術家庭科が大きく上がったわけです。

勉強会参加後過去最高得点獲得(中学2年:加藤さん)


※スマホ拡大図※


加藤さんは2016年の夏に、私の定期テスト対策プログラムに、参加してくださいました。その後定期テストの順位が、96位から31位へと3分の1まで上がりました。

加藤さんの成果報告
そして昨年夏に行った、道山流学習法勉強会にも参加してくださいました。その結果、今年最高得点である426点を獲得されました。素敵な成果を送ってくださった加藤さん親子本当にありがとうございました。

親子関係を良好にしただけで最高順位

なぜ加藤さんのお子さんは、短期間で最高得点をたたき出すことができたのでしょうか?お母様から頂いた感想を読むとわかります。

中1の夏から道山先生の教材を購入して、96位から31位まで上げることができた加藤です。あれからゲームに、サイクリングに、音鉄(電車の音を録りに行く鉄男ですね…)にと好きなこと全開で毎日を過ごしています。

それでも効率の良い勉強方法のおかげで、なんとか45位以内にとどまっていた状態です。今年の春に「学年30位以内になったらニンテンドーSwitch買ってくれない?」と言い出しました。

2年生で高校見学にも行っていましたが、まだなんとなく目標が決まらない様子だったので、頑張れるなら、と思い「いいよ」と返事しました。

そして順位が確定すると「28位」という春に目標にした30位以内に入ることができました。

お母様が行ったことは、愛情バロメータを上げるために、日ごろは好きなことをさせる。そしてテスト前に動機付けをするただこれだけです。
これだけでお子さんが勝手にやる気を出し最高得点を獲得しているわけです。もちろん実際には、感想には書いていない努力もされていると思います。しかし大事なことは、

  • 親子関係を良好にし続ける
  • 子どものやる気を引き出す
という2つだけなのです。親としてやるべきことは意外とシンプルなのです。

学年順位が20位UP(中学1年:湯沢さん)


※スマホ拡大図※


湯沢さんは今年の夏に、私の定期テスト対策プログラムに参加していただきました。点数自体はそれほど変わっていないのですが、学年順位が1学期期末の53位から、33位まで大幅に上がりました。

もともと400点を超えている状態です。ただでさえ上げずらい順位が、20位上昇したのは努力された結果です。なぜ湯沢さんのお子さんは、これだけ短期間で成績を上げることができたのでしょうか?

計画を立てて学習を進めたことで成績UP

湯沢さんから成績が上がった後、頂いた感想があります。

付録の予定表にスケジュールを書き、問題集の繰り返し、音読に・・・と、力をいれてみたそうです。

私の定期テスト対策プログラムには、教師時代に子どもたちに配っていた、学習計画票がついています。こちらをうまく活用していただいた結果、大きく成績が上がりました。

学習計画というのは非常に大事なのですが、多くの子が後回しにします。その結果、定期テストの前日なのに、課題が終わっていないという状態になり成績が上がらないのです。

湯沢さんのお子さんは、きちんと計画を立てて勉強されました。これが短期間で成績が上がった理由だと思います。

5教科395点達成(中学1年:斎藤さん)


※スマホ拡大図※


斎藤さんは今年の9月に、私の定期テスト対策プログラムに参加してくださいました。その後次のテストでいきなり、5教科の合計が21点UPしました。

21点と聞くと少なく感じるかもしれませんが、400点近い子にとっての20点は、300点の子の50点に相当します。それくらい、400点レベルの子たちにとって、1点の重みは大きいのです。

親子一緒に取り組んだ結果21点UP

なぜ斎藤さんのお子さんは、すぐに成績が上がったのでしょうか?頂いた感想の一文を紹介します。

声を掛け二人三脚で頑張った所5教科で前回よりも21点アップする事が出来ました。

二人三脚で頑張ったという部分がポイントです。お子さんだけに任せるのではなく、親子で一緒に取り組んだということです。私は年間3000組の親子の勉強をサポートしています。すると成績が上がる子と上がらない子の違いがわかります。

上がる子は斎藤さんのように、必ず親子で一緒に勉強に取り組みます。親が勉強を教えるケースもあれば、教えるのは家庭教師というケースもあります。仮に親が教えなかったとしても、

  • 勉強部屋に飲み物を持っていく
  • 美味しいご飯を作ってあげる
  • 肩もみどのマッサージをする
  • まる付けを手伝う
などのサポートをしています。これができるかどうかが、カギとなるのです。

学年順位112位から62位にUP(中学1年:岩田さん)

成果岩田さん

※スマホ拡大図※

成果岩田さん

岩田さんは昨年の12月に私の定期テスト対策プログラムに参加してくださいました。参加前はクラス順位が39人中39位でしたが、参加後は40人中19位まで上がりました。

いきなり順位が半分になったわけです。ちなみに私立中学校です。私立はレベルが高いので、公立以上に成績を上げるのが難しいです。

にも関わらずいきなり半分というのは本当にすごいです。素敵な成果を送ってくださった岩田さん親子、本当にありがとうございました。

勉強環境を変えたことが成績UPの秘訣

いきなり順位が半分に!と聞くとどんな魔法を使ったんだろうと思われるかもしれません。実は岩田さんのお子さんが実践したことは非常にシンプルです。以下岩田さんのお父様からいただいた感想です。

勉強場所を変えてみました。駅と自宅の間に祖父の家があるのですが、そのリビングで勉強することにしたのです。

まず、下校時に自宅へ帰らず祖父宅に帰宅。その後僕が帰宅して、一緒に勉強する。これで、3学期は毎日1時間ほど勉強することが出来ました。

ほぼ、自宅で勉強しなかった娘からは大きな成長です。

お子さんは自宅ではなかなか勉強できませんでした。そこで、祖父の自宅に勉強スペースを作ったわけです。これでお子さんの集中力が上がり、成績もUPしました。

ここまで読むと「勉強環境さえ作れば成績ってすぐに上がるの?」と思われると思います。実はこれだけでは成績は上がりません。

なぜ岩田さんのお子さんがすぐに結果が出たのかというと、

  • もともと親子関係が良好だった
  • 帰宅後はお父さんが勉強に付き合った
からです。この2つがかけていると何をやっても成績は上がらないです。成績を上げるために、お子さんが努力することは大事です。ただそれ以上に親子関係を良好にし、親が協力する姿勢を見せることが大事なのです。

もし今お子さんがなかなかやる気になっていないなら、一度この2つを意識してみてください。

次のテストで5教科の順位が35位UP(中学1年:山田さん)

成果山田さん

※スマホ拡大図※

成果山田さん

山田さんは昨年の2学期に私の定期テスト対策プログラムと高校受験対策プログラムに参加してくださりました。その後次のテスト(3学期のテスト)でいきなり5教科の順位が35位UPしました。

まだ1年生の段階だったので、これからどんどん上がっていくと思います。気づいた時には5教科合計400点を超えることも夢ではありません。

素敵な成果を送ってくださった山田さん親子、本当にありがとうございました。

ちょっとした勉強の工夫で成績は上がる!

なぜ山田さんのお子さんは成績を上げることができたのでしょうか?実はちょっとした勉強の工夫を加えたことが要因です。以下お母様から頂いた感想です。

教科書やワークを繰り返し息子と一緒に解きました。なかなか全ての教科を完璧には出来ませんでしたが、効果が出ていると親子で感じています。

道山先生に教えて頂いた、記憶術もやっています。以前より暗記する時間が短くなって、記憶力がupしているように感じられます。

道山流学習法には様々な学習テクニックがあります。それを全て実践するのは難しいです。でも安心してください。お伝えしていることの一つを実践するだけで効果が出ます。

山田さんのお子さんも、「子どもと一緒に学校のワークを行う」という部分に絞って実践されました。それだけで結果が出ました。必ずしもすべて行う必要はないんです。

また私が7日間で成績UP無料メール講座の中でこっそりお伝えしている記憶力を上げるトレーニングも実践されています。これも続けていくと少しずつ効果が出てきます。

1日2日で効果が出るものではないので、毎日数分だけ継続していくことがポイントです。

もしあなたのお子さんが今、道山流学習法のポイントを何も実践できていないとしたら、まずは1つだけ実践してみてください。それだけで点数UPにつながると思います。

推薦で公立高校に合格!(中学3年:髙橋さん)

成果報告高橋さん

高橋さんは2016年の6月に私の定期テスト対策プログラムと高校受験対策プログラムに参加されました。その後すぐに定期テストの点数が上がりました。

その後道山流学習法勉強会にも参加してくださったりしながら、少しずつお子さんの受験対策を進めていきました。

そして今回見事推薦で公立高校に合格されました。素敵な成果を送ってくださった高橋さん親子、本当にありがとうございました。

ではなぜ高橋さん親子は見事高校受験を成功させることができたのでしょうか?その秘密は愛情バロメータにあります。

愛情バロメータを上げれば高校受験も成功する

元々高橋さんはお子さんの反抗期を改善する目的で、私のメルマガを読んでくださいました。プライバシー保護の関係でここには書きませんが、いろいろと悩まれていました。実際に頂いた感想の中にも、

学校の手紙も出さず、部屋はいつも散らかっている状態で、その頃にケイ先生の無料メールに出会いました。

と書かれていました。高橋さんのお母様のすごいところは、ここで素直に私がお伝えしたことを実践したことです。その結果少しずつ愛情バロメータが上がっていきました。そして、

話も聞いてくれるようになり、教材も見てくれました。その結果、都立に推薦で合格することができました。

という嬉しい状態になったわけです。もちろん愛情バロメータを上げること以外にもいろいろと実践されてきたからこそ、今回の結果が出たのだと思います。

ただ最も大事なことは「愛情バロメータを上げる」ということです。これができたからこそ、お子さんの反抗期が改善され、学校での態度も良くなり、推薦をもらうことができたというわけです。

5教科合計92点UP(中学1年:小泉さん)

成果報告小泉さん

※スマホ拡大図※

成果報告小泉さん

小泉さんは昨年12月に、私の定期テスト対策プログラムに参加してくださいました。その後3学期最初の実力テストでいきなり92点アップしました。

平均点が下がる中での点数アップは本当にすごいことだと思います。素敵な成果を送ってくださった小泉さん親子、本当にありがとうございました。

さて、なぜ小泉さんのお子さんは、すぐに定期テストの点数を上げることができたのでしょうか?ポイントは、基礎を徹底的に固めたことと素直さの2点です。

200点台なら基礎を固めるだけですぐに点数UP

実力テストの結果が出た後、小泉さんのお母様から頂いた感想は以下のようなものです。

まず、計画を立ててその通りに実行してみました。理科、社会はワークは3回できるようにしました。英語は教科書の音読、単語を覚えることを中心にしました。

国語は教材にあったように、文法、古文はとれるように3回練習しました。すると、今回は初めて平均を超えることが出来ました。

勉強内容を読んでいただくとわかるのですが、非常にシンプルですよね?ただ基礎を固めただけという感じです。

実はご教科合計350点以下の子というのは、基礎ができていないことが多いです。この場合基礎だけを固めればすぐに点数が上がります。小泉さんのお子さんの場合はまさにこのパターンで成績が上がりました。

ここまで聞くとすごく簡単そうに感じますよね?でも小泉さん親子がすごいのは基礎を徹底的に行ったことではないのです。私が伝えたことを素直に実践できるなのです。

多くの方の成績が上がらない理由は、自己流の勉強法を実践してしまうことです。私が基礎を固めてくださいと言っても、ずっと塾の応用問題ばかりしてしまうのです。

これだといつまで経っても成績は上がりません。小泉さん親子のような素直さが、成績を上げる上では大事になってくるのです。

5教科合計82点UP(中学2年:松田さん)

成果松田さん

※スマホ拡大図※

成果松田さん

松田さんも昨年12月に私の定期テスト対策プログラムに参加してくださいました。その後次のテストでいきなり5教科の合計点が82点UPしました。

現在お母様はお子さんへの接し方を変えようと努力されています。またお子さんも勉強のコツを理解できました。

親子で日々努力されているので、すぐに300点を超えられると思います。素敵な成果を送ってくださった松田さん親子、本当にありがとうございました。

勉強のことは何も言わなくても成績UP

もともと松田さんのお母様は、お子さんのしつけで悩んでいて私のメルマガを読み始めました。現在の親子関係などを聞くと、今は勉強させられる状態ではなかったのです。

そこで私が最初にアドバイスしたことは「これから6か月間、勉強のことは一切言わないでください」でした。松田さんのお母様はすごく素直な方なので、私の厳しいアドバイスも素直に聞いてくださいました。

その結果、親子関係が非常に良好になり、気づいたら成績が上がっていました。私の感覚では、今年の夏休み前のテストあたりから結果が出てくると思っていたのですが、それよりも早く結果が出ました。

もしあなたとお子さんの関係が今あまり良好でないなら、一旦勉強の話をやめてください。もしかしたら一時的に成績が下がるかもしれません。

しかしその後右肩上がりで上がっていきます。成績はいつでも挽回できるので、親子関係を重視した方が良いです。

5教科合計35点UP(中学2年:山瀬さん)

成果山瀬さん

※スマホ拡大図※

成果山瀬さん

山瀬さん親子は、昨年12月に私の定期テスト対策プログラムに参加されました。その後次のテストでいきなり5教科合計35点UPしました。

次のテストでいきなり結果が出るのは本当にすごいです。今回のテストでコツをつかんだと思うので、おそらくまもなく行われる3年生最初のテストではさらに上がると思います。

素敵な成果を送ってくださった山瀬さん親子、本当にありがとうございました。

子どもが真剣になれば親を変えることができる

なぜ山瀬さんのお子さんは、すぐに成績を上げることができたのでしょうか?山瀬さんのお母様から頂いた感想を読むとその答えがわかります。

塾に入ってたものの成績は下がる一方で、私の「勉強しなよ」に嫌気がさした娘より私のラインに送ってきたのが道山先生のブログでした。

今まで私が「こんな勉強してみたら」と声をかけても、うっとうしがるだけでしたが、「道山先生の本には?書いてるよ」と言うと素直に勉強する事ができました。私がやる気を損ねていた事にも気づけました。

私のメルマガやLINEを読んでいるかたの多くはお父様お母様です。そのため、成績を上げていく基本ステップは次のような形です。

  1. お父様お母様が子どもの成績を上げたいという想いを持ち私のメルマガを読み始める
  2. 愛情バロメータを上げ、子どものやる気を引き出す
  3. 成績が上がる
しかし山瀬さんの場合、お子さんが先に私のLINEを読み始めました。その中で、「自分への接し方を変えてほしい」という想いを親に伝えました。※この時に私の記事をお母様に送っていただいた形になります。

するとお母様が私のメルマガ読者となり、お子さんへの接し方を少しずつ変えていきました。その結果、親子関係が良好になり、成績が上がったわけです。

自分の成績を上げるために親を変えたお子さんは本当にすごいです!それと同じくらい、お子さんから言われたことを素直に実践されたお母様もすごいです。

まさに親子が協力したからこその結果だと思います。

5教科の合計点が2倍以上になり高校受験も合格(中学3年:長尾さん)

成果報告長尾さん

※スマホ拡大図※

成果長尾さん

長尾さんは2017年の1月に私の定期テスト対策プログラムと高校受験対策プログラムに参加してくださいました。

その後1年間で定期テストの点数が2倍以上になり、この度めでたく第一志望の高校にも合格しました。元々は、
  • 学校の先生から「絶対に合格できない」と言われる
  • クラスで虐めにあう
  • ADHD傾向があり教師から毎日酷く叱責される
という本当にかわいそうな状態でした。しかしお母さまが愛情100%でお子さんを支えたところ上記の問題も改善し、勉強も頑張れるようになりました。

親の力があれば子どもは何でも乗り越えられる!

上で説明したように、もともと長尾さんのお子さんは本当にどん底状態でした。

ではなぜこの状態から、5教科の合計点が2倍になり、いじめものりこえ、第一志望の高校にも合格できたのでしょうか?

もちろんお母さまの支えがあったからです。以下のような感想を頂いたので紹介します。

息子のように発達障害があったり、普通高校進学や普通学級を諦めてしまった友達がいます。 息子も支援級を進めらましたが断った経緯がありです。

様々なケースがあり一概に何が正しいとは言えないのは分かってますが、息子の様に諦めない選択もあるというきっかけになればと願っています。

最近よくいただく相談の一つに、

うちの子は発達障害なのですが、高校に進学できますか?

というものがあります。長尾さんのお母様の感想を読むと、全く問題がないということがお判りいただけると思います。

もちろん他の子と比べて、サポートする時間が増えたり、成績が上がるまでに時間がかかったりします。ただお母様が言っているように、「諦めなければ結果が付いてくる」わけです。

もし今お子さんが発達障害やいじめで悩んでいるとしても大丈夫です。親が100%の愛情で子どもを支えれば必ず乗り越えられます。

5教科合計58点UP(中学2年:今井さん)

成果報告今井さん

※スマホ拡大図※

成果今井さん

今井さんは2017年の夏に私の定期テスト対策プログラムに参加してくださいました。最初のころはなかなか成績が上がらなかったのですが、最後のテストで一気に58点UPし、300点を超えました。

成績が上がるタイミングというのは子どもによって異なります。今井さんのようにすぐに上がらなくても、どこかで急に上がる子もたくさんいます。

効率の良い勉強方法が身についたタイミングに初めて上がるからです。今回今井さんのお子さんはこのタイミングを超えたので、これからグングン上がっていくと思います。

一度やり方をマスターすると勉強が楽しくなる

成績UPの報告と一緒に、今井さんから定期テスト対策プログラムを実践した感想をもらいました。その中に面白い文章がありました。

2週間前から1日5時間、土日は10時間以上勉強し、テストの点数を伸ばすことが出来ました。

努力は必ず報われる!と実感し、途中からは勉強は楽しい!と思うことが出来ました。

1日5時間というのはかなりすごいと思います。普段勉強していなかった子だと、これはかなりのストレスです。

ただそれを継続していった結果、「勉強が楽しい」と感じた。と書いてあります。実はこういった気持ちになる子って非常に多いです。

勉強だけではなく、部活動の辛い練習でも同じなのですが、ある一定の段階を超えると辛さが楽しさに変わってきます。

ここまで来ると、100%結果は出ます。楽しいと感じられたら、ストレスなく継続ができるからです。

もし今あなたやあなたのお子さんが勉強が嫌いだとしたら、おそらく今井さんのお子さんレベルまで勉強をしていないと思います。

この段階まで来ると、逆に勉強が楽しく感じられるので、一度そこまで頑張ってみてください。

1年間で学年順位が3分の1に(中学3年:鈴木さん)

成果鈴木さん

※スマホ拡大図※

成果鈴木さん

鈴木さんは、2016年4月に私の定期テスト対策プログラムに参加してくださいました。その後、高校受験対策プログラムにも参加してくださいました。

参加していただいた当初は、学年順位が118位だったのですが、1年間継続して実践してくださったところ38位まで上がりました。なんと順位が3分の1になっています。

その後今年の春にめでたく第一志望合格に合格されました。成績が右肩上がりであがり、第一志望合格に合格できたのは私としても本当にうれしく思います。

塾に行かなくても高校受験は合格できる

私のプログラムに参加される方の半分は、現在に通っています。残りの半分は塾に通っていない状態で頑張っています。鈴木さんのお子さんも塾には入っておりませんでした。以下お母さまから頂いた感想です。

周りはみんな塾に通っているので塾に行くのが当たり前みたいな様子でした。

教材購入前に子供に教材の説明をしたら塾に通わなくても成績をあげられるの??と半信半疑でしたが、塾嫌いの子供でしたのですぐにやりたい!との返事でした。

日本人というのは、周りの子がやっていることに流されます。つまり、他の子が塾に入っていると、自分も塾に入らないといけないと感じます。

その結果、行きたくない塾に無理やり行ったり、自分とはレベルが異なる塾に入り勉強についていけなくなります。

しかし鈴木さんのように、塾が嫌いなら無理に行かせる必要はありません。お父様、お母様がしっかりとサポートすれば子どもはきちんと勉強できます。

鈴木さんのお母様は、計画を立てるところから勉強サポートまでしっかりやられました。だからお子さんの成績はグングン上がり受験にも合格できたのです。

塾が悪いわけではありません。お子さんの成績を伸ばす素晴らしいところもたくさんあります。ただ、今お子さんが嫌々塾に通っているなら、無理に行かせても成績は上がりません。

一度お子さんの意思を確認して、今の塾を続けるべきか、他の塾や自宅学習に変えるべきかを考えると良いと思います。

好きな料理を作り第一志望に合格(中学3年:岡野さん)

成果岡野さん

岡野さんは2015年の10月に私の定期テスト対策プログラムに参加してくださりました。

それから勉強会に参加いただいたり、思春期の子育てプログラムに参加いただいたりしました。そしてこの度見事第一志望の高校に合格されました。

お子さんが1年生だった時からサポートしてきた方なので、今回の合格は私も本当にうれしかったです。親子関係も非常に良好なので、きっと楽しい高校生活を送ることができると思います。

親がやったことは愛情バロメータを上げること

受験が終わった後お母さまから頂いた感想を読むと、非常にうれしく思いました。3年間で私がお伝えしたことをきちんと実践してくれたからです。

先生の教材、勉強会を通して子供の好きなもの(YouTubeを一緒に見たり、好きな曲を聞いたり)に出来る限りつきあい、勉強では、ご褒美設定をし、

受験前の実力テストでは、過去最高の成績をとることができ息子も自信をもって第一希望の高校を受験することが出来ました。

勉強のやり方がある程度身に付くまでは先生の教材を教え漢字、英単語、数学の計算問題は一緒にやりました。3年の頃には少しずつですが勉強に自分ひとりで取り組むことが出来るようになりました。

毎日夕飯のメニューを聞いてくるので、私は、ひたすら子供のリクエストにこたえてご飯を作ることと見守ることを心掛け、又、本人の希望で家庭教師をお願いし、合格発表には息子と抱き合って大喜びしました。

岡野さんのお母様が実践されたことは、

  • 子どもの好きなものに付き合い、大好きな夕食を毎回作る。これで愛情バロメータを上げる
  • 漢字や英単語などの勉強を一緒にやる
この2つです。その結果3年生になるとお子さんが一人で勉強できるようなり、最後の実力テストで過去最高の成績まで上がりました。そして第一志望合格に合格されました。

私を信じて、3年間ここまで徹底して道山流学習法を実践してくれる方は少ないので、本当にうれしかったです。

もしあなたのお子さんが現在一人で勉強できていないなら、まずはしっかり愛情バロメータを上げ求めるサポートしてあげてください。

そうすれば岡野さんのお子さんのように、どこかのタイミングで、必ず一人でできるようになります。(これが子どもが自立した瞬間です)

すると成績は勝手に上がっていきます。そこまでの辛抱です!

内申点で5が4つ増えた(中学1年:成田さん)



※スマホ拡大図※

成果成田さん

成田さんは昨年の秋に私の定期テスト対策プログラムに参加してくださいました。その後2学期、3学期と道山流学習法を実践した結果、副教科の点数が大きく上がりました。

副教科は定期テストの回数が少ないため、1回のテストで点数が上がると内申点も大きく上がります。その結果3学期では英語と合わせた4教科で4が5にUPしました。

このままのペースで行くと、今年度は5教科も2~3科目は5にUPすると思うので、今年度は内申43くらいまで上がると思います。ここまで上がれば行きたい高校には全て合格できると思います。

塾の頻度を下げただけで大きく成績UP

なぜ成田さんのお子さんは短期間で成績を上げることができたのでしょうか?お母様から頂いた感想を読むと答えがわかります。

娘は小学校から、一斉授業スタイルの進学塾に通い、毎日が塾中心で、今思えば学校が1番でなければならないのに、いつのまにか塾に視点を合わせていたように思います。

先生の本を購読するようになってから、塾のコースも土曜1日に変えて、平日は勿論オレンジペンを使い、学校のワークを何度も解いて精度を上げ、テスト前には塾の問題や他の問題集も繰り返し、応用問題にも備えました。

行ったことは、塾中心の勉強から学校中心の勉強に変えたということです。塾が悪いわけではありません。上手に活用すれば成績を上げることも可能です。

ただ、塾が中心になってしまうのは良くないです。子どもが勉強する目的は将来進みたい進路に進むことです。そのために大事なことは、塾の先生から褒められることでも、塾の模試で高得点を取ることでもありません。

学校の定期テストで確実に点数を上げ、内申点をUPし、志望校に合格することです。成田さんの場合、この目的を達成するためには塾頻度を減らすことが大事でした。

それを素直に実践してくださったので、内申点が上がったわけです。

もしあなたのお子さんが今、塾の宿題に手一杯となり学校の宿題や定期テストの勉強がおろそかになっているとしたら、もう一度勉強する目的とは何かを考えてみてください。

それが成績を上げるためにやるべきヒントを教えてくれると思います。

国語がいきなり20点UP(中学1年:松田さん)

成果松田さん

※スマホ拡大図※

成果松田さん

松田さんは昨年の12月に私の定期テスト対策プログラムに参加してくださいました。その後、次のテストでいきなり国語が20点UPしました。

5教科合計で考えても42点UPしています。今回は国語に集中して定期テスト対策をされたので、国語のみ大きく上がっています。

今後は国語以外の教科についても対策をされていけば、すぐに5教科合計400点を超えてくると思います。

欠乏学習を加えただけで、すぐに20点UP

なぜ松田さんのお子さんは、すぐに国語の点数が上がったのでしょうか?お母様から頂いた感想を読むとわかります。

今まで国語の教科書の音読は全くという程していませんでしたが音読を始めて内容がよくわかるようになったと娘も言っています。

その結果国語は20点アップしました。まだまだ実践できていないこともあるのですが、勉強のやり方が少しずつわかってきたようです。

松田さんの場合、国語の点数を上げたいという気持ちで、私のプログラムに参加してくださりました。国語の点数を上げるプロセスはいくつかあるのですが、その中でまだやっていなかった音読をするという勉強を追加されました。

行ったことはこれだけなのですが、テストの点数が20点アップしました。中学生の定期テスト対策というのは本当にシンプルです。やることは限られていて、足りていないところを追加するだけです。

学年順位62位から33位に上昇(中学1年:Yさん)


※スマホ拡大図※


Yさんはもともと今年の夏に私の定期テスト対策プログラムに参加していただきました。その後夏休み明けのテストで、いきなり学年順位が62位から33位へと大きく上昇しました!

合計点も366点から420点上がっています。元々300点後半だった状態から、ここまで点数を上げるのは本当にすごいです。

愛情バロメータをひたすら上げたお母様

Yさんのお子さんは、なぜここまで短期間で、大きく成績を上げることができたのでしょうか?

お母様から頂いた、感想を読むとわかります。

ケイ先生のサイトに行き着いたのは、小1から続けていた通信教育に全く手をつけなくなり、また反抗期も重なって急に話をしなくなって困っていた時でした。

元々は、親子関係が悪化していました。そこで、

私自身は息子に対する声かけなど反省するところが多々あり、愛情バロメータを意識するようになりました。勉強の仕方がわからず時間ばかりかかっていた息子も、ケイ先生のやり方を実践して手応えを感じたようです。

という感じで、お子さん自身も勉強方法を変えるなど努力されました。またお母さま自身も、愛情バロメータを上げるように努力されたわけです。

5教科合計37点UP(中学1年:本田さん)


※スマホ拡大図※


本田さんで、10月に私の定期テスト対策プログラムに参加していただきました。

その後次のテストで、5教科合計37点UPしました。Yさんの点数が上がりすぎているので、37点と聞くと少なく感じるかもしれません。

しかし元々350点近くあった状態から、成績を上げるのは本当にすごいことです。またずっと60点台だった国語で88点を取れているのもすごいです!

漢字の覚え方を変えたところ大幅UP

ではなぜ本田さんのお子さんは、ここまで短期間で国語の点数を大きく上げることができたのでしょうか?

頂いた感想を読むと、その答えがわかります。

国語はこれまでの定期考査は漢字で20点丸々とれなかったことが課題で一番時間をかけました。

計画をたて、毎日数個ずつ、テスト形式でチェックし今回の考査で、漢字の問題は19点、合計88点とることが出来ました。国語の音読、テスト形式の勉強法は娘が友達にも紹介したくらい、効果がありました。

キーワードは音読とテスト形式の勉強法です。音読は毎回お伝えしているので、今回は省きます。テスト形式の勉強法について少し紹介したいと思います。

5教科合計435点を獲得(中学3年:柳田さん)

成果柳田さん

※スマホ拡大図※

成果柳田さん

柳田さんは昨年の2学期中間テストが終わったタイミングで、私の定期テスト対策プログラムに参加してくださいました。次のテストではすぐに結果が出なかったのですが、学年末テストで一気に55点アップし、5教科合計435点まで上がりました。

既に300点後半を取っている子が50点以上点数アップするのは本当に難しいことです。200点台の子でいうと150点ほど上げるのと同じくらい難しいです。

わずか3か月でここまで上がったのは、お子さんはもちろん、お父様お母様もサポートを頑張ったからだと思います。

足りていない勉強法を足せば成績は上がる!

なぜ柳田さんのお子さんは3か月ですぐに定期テストの点数が上がったのでしょうか?お子さん本人から頂いた感想を読むとその答えがわかります。

実力テストはなかなか点数が取れず何をしたらいいのかも分かりませんでした。でも、道山先生のプログラムに参加して、各教科の勉強法が分かりました。

例えば国語は本文を音読すること、漢字や古語の単語帳で覚えることが大切だということが分かりました。

もともと300点後半の点数を取っている子でも、効率の良い勉強法を全て理解しているわけではありません。なんとなくという感覚で勉強を進めている子がほとんどです。

つまりお子さんのテストの点数が450点を超えていない限り、必ず足りていない勉強法があるということです。

柳田さんの場合、音読と単語帳での暗記を行っていませんでした。それを素直に実践してくれたので、すぐに成績が上がったわけです。

完璧な人間はいません。誰でも必ずできていない部分はあります。それが何かを見つけ、素直に足りていない勉強を実践する。これだけで成績は上がります!

学年順位12位UP(中学1年:照井さん)

成果報告照井さん

※スマホ拡大図※

成果照井さん

照井さんは昨年の前期中間テスト終了後に、私の定期テスト対策プログラムに参加してくださいました。その後前期期末テストの時に学年順位が6位アップし、今回さらに6位アップして合計12位アップしました。

まだまだ教科ごとにムラはあるのですが、毎回コツコツ順位が上がってきていて素晴らしいです。今年度はさらに良い点数を取れるように頑張ってください。

親のサポートがあれば子どもの成績は上がる

照井さんのお子さんはなぜテストごとに確実に順位UPができているのでしょうか?一番の秘密は、お母様が子どもをしっかりとサポートしているという部分にあります。

まずは英語のガイドを購入したり、できそうなところから一つ一つ娘に伝えていくと、点数は上がったり下がったりしてますが、確実に順位は上がり、各教科単元ごとの基礎テストでは、90点や100点を採るようになりました。

お母様がしっかりとお子さんにやり方を伝えているわけです。すると、

苦手としている英語の基礎テストでは、再テストをしても合格出来なかったのが、合格点を採れるようになりました。

という感じで、まずは基礎テストで結果が出るようになりました。もしあなたが、私の定期テスト対策プログラムやメール講座の内容を子どもに読ませているだけだとしたら、成績は上がりません。

成績を上げるためには親子で一緒に勉強を進めることが大事になります。そのためには、良好な親子関係を作る必要があります。

親子関係が悪いと子どもは親のアドバイスを聞かないからです。まずは親子関係という土台をしっかり作るところから始めていく必要があります。

319点⇒356点にUPした成果報告(中学3年:小林さん)

成果小林さん

※スマホ拡大図※

成果小林さん

小林さんは今年の4月に私の定期テスト対策プログラムに参加してくださいました。その後次のテストでいきなり、350点を超えました。

まだ始まったばかりなのに、すぐに結果が出ているのでこれからさらに上がっていくと思います。おそらく今年中には400点を超える気がします。

足マッサージで愛情バロメータが急上昇

小林さんのお子さんが成績が上がった理由をチェックしていきたいと思います。注目すべきは、理科、社会、数学が上がっているということです。

この3教科というのは、努力するだけですぐに成績が上がります。つまり、今まで以上にお子さんが頑張ったということです。

ではなぜ頑張ったのか?お母さまから頂いた感想にそのヒントが隠されていました。

陸上部にてほぼ毎夜、入浴後の足のマッサージを希望しますので、可能な限りしてきた(つもり)の、この2カ月だったと思います。

お子さんが陸上部で疲れているため、お母さまが毎晩お子さんの足をマッサージしてあげたそうです。実はマッサージというのは、愛情バロメータが急上昇する劇薬です。

これを毎晩されたら、お子さんは親に逆らえなくなります(笑)お母様が「一緒に勉強頑張ろう!」と言えば、すぐにやりますし、何も言わなくても頑張ろうと思う子もいます。

もしお子さんが運動系の部活動に入っていて、日々疲れているなら一度マッサージをしてあげてください。愛情バロメータが上がっていくのが感じられると思いますよ。

304点⇒359点にUP(中学2年:北村さん)

成果北村さん

※スマホ拡大図※

成果北村さん

北村さん親子は、昨年私の定期テスト対策プログラムに参加してくださいました。そしてこの度、目標だった350点を超えることができました。

目標を達成されるまでに1年ほど時間がかかったのですが、参加されたのが1年生だったので全く問題ありません。

むしろ2年生になってあげるというのは、1年生の時に強固な親子関係を構築されたからこその結果です。ここまでこれば、あとは勝手に成績が上がっていくと思います。

勝手に勉強してたんです!

成果報告を頂いたとき、北村さんのお母様から頂いた感想がすごく参考になります。

毎回のメール楽しみに読ませて頂いております。読んで欲しいなと思ったものは息子のラインに転送したりしています。

2年になりおすすめ頂いてた英語の教科書ガイドとCDを購入して登校前にたったの数分、毎日一緒に音読する事にしました。

また、この中間テストの1週間前の部活停止中、土日で泊りがけの試合があり、2日間全く勉強出来なかったのにもかかわらず、早め早めに予定を立てて勉強していたようです。勉強してほしいなぁと言わなくてもしてたんです。

これからも進路実現に向けて息子を褒めて、美味しいご飯を作りたいと思います。

お母様が実践されているサポート、、、本当にすごいです。毎朝お子さんと一緒に英語の音読をされています。その結果、英語は平均点換算で8点UPしています。

また毎日お子さんの好きなご飯も作られています。その結果どうなったかと言うと、お子さんが勝手に勉強するようになっています。

テスト1週間前の土日に全く勉強できていないにもかかわらずこの点数です。もし勉強で来ていたら、400点を超えていた可能性もあります。

あなたが今、一生懸命わが子をサポートしているにもかかわらず、なかなか結果が出ていない場合、まずは1年継続してみてください。北村さんのお母様も、1年継続した結果、目に見える結果が出ています。

1年間しっかり愛情を注げば、強固な親子関係ができます。そこまでこれば、あとは放っておいても勝手に成績は上がりますよ。

5教科合計で131点UP(中学2年:岩井さん)


※スマホ拡大図※


岩井さんはかれこれ1年前に、私の定期テスト対策プログラムに参加していただきました。最初いろいろと苦労して、思うように成績が上がらず、悩んでおられました。

しかし根気よく、勉強を頑張っていき、今回見事5教科合計で131点UPしました。

英単語の記憶法を大きく変更

なぜ岩井さんのお子さんは、131点も点数上がったのでしょうか?いろいろな要因があるのですが、その中の一つを紹介します。

実感したのは英単語の勉強方法で、学校では1週間、何ページ単語練習したものを提出しなさいと課題がありますが、それよりも、1度書いてテスト、できない物だけ更にテストのやり方の方が確実に成績アップに繋がったと思います。

これは実際に、岩井さんのお母様から、頂いた感想になります。英単語の勉強方法を変えた結果、大きく点数アップしたとあります。

岩井さんが言っている英単語の覚え方というのは、以前紹介した成果報告の漢字の覚え方と同じです。この方法は英単語でも、活用できますので、よかったら参考にしてみてくださいね。

>>漢字の覚え方を変えたところ大幅UPした成果報告はこちら

5教科合計80点UP(中学2年:伊藤さん)


※スマホ拡大図※


伊藤さんはもともと、今年の7月に私の定期テスト対策プログラムに参加していただきました。5教科合計270点だった点が、次のテストで315点になり、今回350点まで上がりました。着実に上がっています。

このペースでいけば、来年度は400点台も夢ではありません。引き続き頑張りましょう。

お子さんの気持ちに沿った動機付け

伊藤さんのお子さんは、どうして短期間で、ここまで点数を上げることができたのでしょうか?

ポイントは動機付けにあります。あえて目標は少なめにし、確実に達成できるようにしていただきました。またご褒美もお子さんの望むものにしていただきました。

もともと親子関係が良好だったので、お子さんもすぐに納得して、やる気が出た形です。これも日ごろからお母様が、お子さんの愛情バロメータを上げる努力を続けてこられた結果だと思います。

5教科合計96点UP(中学1年:Aさん)

成果Aさん

※スマホ拡大図※

成果Aさん

Aさんも今年の3月に私の定期テスト対策プログラムに参加してくださいました。少し成績表がわかりにくいのですが、1年生の最後の定期テストは5教科合計157点です。

それが2年生最初のテストでいきなり5教科合計253点までアップしています。実に96点UPです。

このペースでいけば、2年生中には300点を楽に超えてくると思います。うまくいけば3年生には400点を超える可能性もあります。

親が細かくサポートすればすぐに成績は上がる!

Aさんのお母様はお子さんに対してどんなサポートを行ったのか?私なりに解説をしたいと思います。ただその前に、頂いた感想の一部を紹介します。

息子は小学校までアメリカンスクールで過ごし、中学から日本の学校に入学しました。

そのため文章を読む力が弱く、数学や得意の英語も問題が理解できず、伸び悩んでいました。

アメリカンスクールは、英語をベースにした教育です。そのため、中学校から通常の学校に変わると、全て日本語で書かれているため文章を読むことが非常に難しいです。

だから最初すごく苦労されたと思います。ただお母様が手取り足取りしっかりとサポートされたため、お子さんも勉強を頑張りました。

Aさんの成果報告からわかることは、例えどういったハンデがあったとしても親がしっかりとサポートすれば子どもの成績は確実に伸びるのです。

もしあなたのお子さんが今一人で勉強できないなら、できるようになるまで一緒に勉強してあげてください。必ず成績は上がりますよ。

学年順位28位UP(中学2年:理央さん)

成果理央さん親子

※スマホ拡大図※

成果理央さん親子

理央さん親子は、今年の3月に私の定期テスト対策プログラムに参加してくださいました。それから親子で勉強会に参加してくださったり、夢プロにも参加してくださいました。

その結果、中2で一時は100番近くまで落ちた順位が、46位まで大きく上がりました!

何度も会っている子だけあって、成績が上がって本当に良かったです。今年は受験の年なので、この勢いで第一志望合格目指して頑張りましょう!

勉強会に参加してさらに成績があがりました。

>>理央さんの成果報告はこちら

働き方改革でわが子の成績UP

なぜ理央さんはすぐに成績が上がったのでしょうか?実はお母様がものすごい働き方改革をされたからです。以下お母様から頂いた感想です。

親の私が変えたことは働き方です。中二まで残業続きだった仕事を辞め夕方帰れるようにしました。

収入は減りましたが帰宅後の娘の様子が見られたりたわいもないおしゃべりをしたりして、愛情バロメーターが上がりました。

子供のために仕事を辞めるという決意。これはなかなかできないことです。

ただできないからこそ、子どもとしては「そこまでしてくれたならやらないといけない」という想いになります。

空いた時間で子どもの料理を作ったり、子どもの話を聞いたりできるので愛情バロメータもグングン上がります。その結果成績も上がるわけです。

思春期の子どもがいる家庭というのは、本当にお金がかかります。ただ、旦那さんの給料だけでもギリギリ回りそうなのであれば、せめて高校生になるまではパート程度の仕事にした方が良いです。

仮に毎年100万円×3年間=300万の損が出たとしても、私立大学にしか行けなかった子が国立大学に行けるようになったらすぐに回収できます。

内申点が14から19にUP(中学3年:辻田さん)


※スマホ用拡大図※


辻田さんは今年の3月に私の定期テスト対策プログラムに参加してくださいました。参加前の通知表を見ていただくとわかるのですが、国語、社会、数学、理科、英語がすべて1です。

それから5か月間、親子で一緒に件名プログラムに取り組んでいただいたところ、国語、社会、理科、英語が2にUPし、ずっと2だった技術家庭科が3にUPしました。

わずか5か月でこの成果は本当にすごいです。このペースで上がっていけば、受験に影響する3年生の3学期が終わるころには数学も2まで上がると思います。

高校受験の合否を決めるうえで、評定に1があるかどうかってすごく大きな差です。もう少しで、全て2以上にできると思いますので引き続き頑張りましょう。

最初の一歩は宿題を確実に終わらせること

辻田さんのお子さんの学校は、宿題が非常に多いです。最初の段階では、宿題に追われている状態で受験対策も進めようとされていたため、全てが手一杯になっていました。

そこで私の方から「まずは宿題に集中しましょう」というアドバイスを行いました。どんな子も同じなのですが、内申点を上げるためには学習順序を意識することが大事です。
  • ステップ1:学校の宿題を終わらせる
  • ステップ2:学校の教科書や問題集を理解し、語句を覚える
  • ステップ3:塾の問題集や、書店に売っている問題集に取り組む
という順序です。勉強を頑張っているのになかなか成績が上がらない子は、この順序を間違えています。学校の宿題すら終わっていないのに、塾の問題集を行っていたり、教科書の問題すらわからないのに通信教育に取り組んでいたりするのです。

これだといつまでたっても成績は上がりません。もしお子さんが、ステップ1すらまともにできていないなら、まずはステップ1のみに集中してください(今回辻田さんのお子さんが行っていただいたステップ)。その後、ステップ2を行い、最後ステップ3に取り組むようにしてください。

それだけで、同じ勉強量でも成績は上がると思います。

2回のテストで78点UP(中学3年:近藤さん)


※スマホ用拡大図※


近藤さん親子は、今年の4月に私の定期テスト対策プログラムに参加してくださいました。その後、最初のテストで5教科合計27点アップし、今回のテストで更に51点UPしたので、2回のテストで78点UPしました。

わずか3か月で78点UPは本当にすごいです。引き続き実践していただければ、受験前には400点を超えられる可能性もあります。頑張っていきましょうね。

親子で一緒に頑張るだけで子どものやる気がUP

近藤さんのお子さんは、なぜ3か月で78点UPという素晴らしい結果を残すことができたのでしょうか?お子さんの努力もありますが、お母様もサポートを頑張られました。以下頂いた感想の一部です。

息子は一年生の二学期からずーっとノー勉でテストを受けていましたのでこんな日が来るとは正直思っていませんでした。

私がワークをコピーしたり、丸付けをしたり、いっしょに時事問題を調べたりしてずっと親子で頑張りました。

ワークのコピー、丸付け、時事問題を調べるなど、親が一緒に勉強している姿勢がわかります。これが成績が上がった理由です。

近藤さんのお子さんに限らず、一人で勉強できる子って意外と少ないです。一人でできないと、「わからない」となり、いずれ勉強しなくなるんです。

そこで親が「何か手伝えることある?」と声掛けをし、子どもが求める学習サポートを行うことで、子どもがやる気を取り戻すのです。

もし今お子さんが一人で勉強できず悩んでいたら、親子で一緒に勉強するというサポートを行ってみてください。成績UPにつながると思います。

不登校を乗り越え第一志望に合格!(中学3年生:鈴木さん)

成果鈴木さん

※スマホ拡大図※

成果鈴木さん

鈴木さんは今年の1月に、定期テスト対策プログラムと高校受験対策プログラムに参加してくださいました。

その後次のテストで5教科の合計点が30点UPしました。そしてこの度、見事高校受験にも合格しました。

元々私のメルマガを読み始めたのはお子さんが2年生の時不登校で悩んでいたからです。当時は、高校進学希望もありませんでした。

ただそこから不登校も克服し、定期テストの点数も確実にUP、そして高校受験にも合格と素晴らしい結果を出されました。

これは子育てが軌道に乗ってきた証拠です。この状態まで来ると、きっと楽しい高校生活も送れると思います。

素敵な成果を送ってくださった鈴木さん親子、本当にありがとうございました。

※不登校についてはこちらの記事で詳しくまとめていますので、参考にしてみてください。

>>子供の不登校への親の対応方法

親が変わると子どもは勉強を頑張る

不登校で悩んでいた状態から、わずか1年で第一志望に合格するところまで持ってくることができたのか?お子さんの努力もありますが、一番はお母様自身が変わったことです。

以下実際に頂いた感想の一部を紹介します。

先生のメールマガジンに出会ったのは息子が中2の2学期にクラスの友達から仲間外れにされ不登校になった時でした。

我が家は主人が典型的な過干渉タイプで、息子は学校でのストレスに加え、家庭でも押さえつけられパンクした事が1番の原因であったと思っています。

時間はかかりましたが、私が接し方を変える事で息子に変化が見られ、親も初めての子育てで日々勉強だという考え方に少しずつですが、親子関係も良くなっていけたと思います。

未だに、ちょっとした言葉に敏感な息子とぶつかってしまう時もありますが、その都度、先生のメルマガや、愛情バロメーターの講座を読み返しました。

間違っていた時にはすぐに謝り、息子の言葉に耳を傾けて聞くことに徹する、こちらの意見は求めるまで言わないなど、私自身つい意見したくなる事も抑えられるようになりました。

ちょっとした事ですぐに、もう行かねー、受験しない、などいう事もありましたが、以前だったら何言ってるの?と激怒していた事がうまく聞き流せるように段々と出来るようになれたと思います。

計画を立て、得意な分野をまずは自信をつけさせて、苦手なところは一緒に解いて、勉強のやり方を教えるところからのスタートではありましたが、少しずつ理解が増えていって、学校での小テストが出来た!と喜んで帰ってくる事が増えました。

頂いた文章を読むと、本当にお母さまが努力されたことが良く伝わってきます。お子さんがそれに答えるように不登校が改善⇒定期テストを頑張るようになる⇒志望校を見つける⇒見事合格

という流れで変化してきているのもわかります。まさに「親子愛」だなと思います。

勉強しない、学校に行かない、高校に進学しない、、、子どもがこういったことを言うことに対して文句を言うのは簡単です。

しかし鈴木さんの成果報告を読むと、親が変われば全て改善できるというのがよくわかると思います。もし上記のことで悩んでいるとしたら、一度過去のブログの記事などを読み直してみてください。

きっと何かヒントが見つかると思います。

過去最高順位を獲得!(中学1年生:武部さん)

成果報告武部さん

※スマホ拡大図※

成果武部さん

武部さんは昨年の12月に私の定期テスト対策プログラムに参加してくださいました。それまでの成績は、173位から166位と170位前後をうろうろしていました。

道山流で勉強を始めたところ、すぐに129位まで順位が上がりました。(過去最高順位です)

一度勉強法を理解すると成績は右肩上がりに上がっていきます。おそらく武部さんもこれからグングン上がっていくと思います。

素敵な成果を送ってくださった武部さん親子、本当にありがとうございました。

マニュアル通りに実践すれば誰でも成績は上がる

なぜ170位前後だった武部さんのお子さんが、急に129位まで順位が上がったのでしょうか?武部さんから頂いた感想を読むとわかります。

本を読ませて頂き、出来ることから参考にして学習しました。成績が上がればご褒美を渡す約束も、やる気につながったのかもしれません。

非常にシンプルですよね?行ったことは、次の2つです。

①マニュアル通りできることから実践
難しいことは考えず、道山流学習法をそのまま行ったということです。またいきなり全てやろうとするのではなく、まずはできるところから始めたというわけです。
②動機付けをきちんと行った
成績を上げるときに一番大事になるのが「やる気を引き出す」というプロセスです。この分をしっかり実践してくださったためお子さんがやる気になり成績が上がったのだと思います。

2017年以前に頂いた成果報告

成果報告

↓拡大図↓

成果報告 成果報告

2017年以前にもたくさんの成果報告を頂いています。以下のページにまとめてあるので、よかったらこちらもチェックしてみてください。

>>2017年度に頂いた成果報告まとめページ

メール講座だけでも成績は上がります!

ここまでに紹介した成果報告は、私の有料プログラム「塾に通わなくても30日でテストの成績が上がる勉強法」に参加された方から頂いたものです。

「結局お金を払わないと成績は上がらないの?」と思われるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

私が現在無料で配信している「7日間で成績UP無料講座」を読んでくださっただけで成績が上がった方もたくさんいます。具体的には、
  • 中間テスト161位だった順位が実力テストで101位までUP
  • 1か月で5教科合計が81点UPして、学年順位も1桁に上昇
  • 苦手科目を克服し第一志望の高校に合格
などたくさんの成果報告を頂いています。以下のページで実際に頂いた成績表も紹介しているので、良かったらこちらもチェックしてみてください。

>>7日間で成績UP無料講座の詳細はこちら

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

関連記事

  1. 5教科の合計が67点UPした成果報告

  2. メルマガ

    業界の有名人に紹介していただきました!

  3. 道山

    勉強の結果以上に嬉しい報告をいただきました

  4. 成果報告早川さん

    下がり続けてきた成績がV字回復

  5. ゲーム依存症を乗り越え推薦で志望校に合格した成果報告

  6. 成果報告渡辺さん

    2か月で学年順位が過去最高にUP!

  7. 成果Hさん

    97%が合格した秘密(高校受験対策プログラム)参加者から頂いた合格報告

  8. 親子関係

    子どもへの接し方が変わると子供の表情が変わる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP