保存版!高校受験英語の勉強法

英語

9月になり、高校受験まで残り4か月となりました。この時期になると、3年生の子はすごく焦ると思います。一方2年生の子でも、早い子だとこの時期から少しずつ受験勉強を始めると思います。

そこで本日は、これから勉強を進めていく中学2年生と3年生の子ども向けに、高校受験英語の勉強法について解説します。この方法で勉強していけば、残り4か月でもしっかりと偏差値が上がってきます。

その結果、第一志望の高校にも合格できると思います。なお、高校受験の5教科の勉強法は、こちらのページで解説しているので、よかったら併せて参考にしてみてください。

>>高校受験の勉強方法をまとめたページ

ステップ1 英単語を1日10個覚えていこう

英単語

最初にやるべきことは、英単語の暗記です。なぜ英単語の暗記が大事なのかというと、英単語の意味が分からないと長文を読むことができませんし、リスニングで聞き取れても意味が理解できないからです。

また意味が理解できたとしても、英単語を書くことができなければ、英作文の問題が全滅するからです。そういった意味で、とにかく最初にやるべきことは1つでもたくさんの英単語を覚えるということです。

英単語の知識に比例して、英語の偏差値は上がってきますので、1つでもたくさん覚えましょう。ではどうやって英単語を覚えたらよいのかというと、単語カードを使って、1日10個ずつ決めて覚えていくだけです。

学校で高校入試によく出題される英単語の一覧表が配布されているならそれを使えばよいですし、そういった問題集がないなら高校入試出る順ターゲット1800のような参考書を買って、そこに書いてある英単語を1つずつ覚えていきましょう。

偏差値40くらいの学校を目指すなら1000、偏差値50くらいの学校を目指すなら1300、偏差値60以上の学校を目指すなら1600くらい覚えられるように頑張りましょう。

とはいえ、授業を聞いているだけで500くらいは頭に入っていますし、一度定期テストの勉強をする時に覚えていると思うので、それほど難しくありません。1日10個覚えれば、4か月で1200個くらいは覚えられます。

ステップ2 高校入試対策の問題集を1冊解こう

問題集

次にやるべきことは、高校入試対策専用の問題集を1冊解くことです。なぜ、この勉強が有効なのかというと、基本的な文法が理解できるからです。いくら英単語を覚えても、その文章が過去形なのか、未来形なのか、現在進行形なのかわからないと問題は解けません。

こういった文法をマスターするためには、最低でも1冊は高校入試専用の問題を解くことが大事です。学校の問題集や先生から配布されたプリントを使って復習する方法もあるのですが、正直おすすめしません。既に問題集がボロボロになっていたり、プリントを無くしている可能性があるからです。

とりあえず1冊問題集を購入して、それを繰り返し解いていくのがお勧めです。書店に行って使いやすいものを購入しても良いですし、塾に入っているならその問題集でも良いです。

大事なことは「たくさんの問題集を解く」のではなく、「一つの問題集を繰り返し解く」ことです。これは定期テストの勉強法も同じです。繰り返し解いていくことで、初めて知識となるからです。

なお、先日行った高校受験対策勉強会に参加された方には「例文文法記憶術」という方法をお伝えしたのですが、こちらの方法を使っていただいてもOKです。

ステップ3 過去問を最低3年分解く

勉強

次にやるべきことは、過去問を3年分解くことです。なぜ3年分なのかというと、3年分解くことで、
  • その都道府県の出題傾向がわかる
  • 問題を解いていくペース配分がわかる
からです。少し詳しく説明します。

都道府県ごとの問題傾向について

日本地図

高校入試というのは、都道府県ごとに問題の傾向が異なります。例えばある都道府県は、やらた長文読解が長い、ある都道府県の文法問題は、並び替え問題が多いなどです。

なぜ傾向をつかむことが大事なのかというと、定期テストの出題傾向と違ったパターンでいきなり出題されるとパニックになるからです。予めパターンを理解しておくことで、テスト中にパニックにならずにすみます。

問題を解いていくペース配分について

時計

学校の定期テストと高校入試は問題の作り方や難易度が異なります。予め高校入試の問題に慣れておかないと、100%時間内に終わりません。

どういったペースで問題を解いていくのか。またどれだけ考えてわからなかったらその問題を飛ばすのか?というルールを自分なりに決めておくことが大事です。

ステップ4 リスニング問題の対策する

CD

最後はリスニング問題です。偏差値50以上の学校を狙うならやらないといけないのがリスニング問題の対策です。※偏差値50以下の学校を目指す場合、捨ててしまってもOKです。

なぜ50以上の場合必要なのかというと、他の子たちは文法問題や長文読解問題は、しっかりと取ってきます。そのため、リスニング問題の正答率で合否が決まる可能性が高いからです。

どういった流れで勉強していくのかというと、1冊リスニング問題がついている問題集を買ってきて、ただそれを解くだけです。
  • 都道府県の過去問
  • 高校入試対策の問題集
についている場合、それだけでも良いです。ただリスニングが苦手な子だと、これだけではなかなか点数が上がりません。リスニング問題だけがまとまっている問題集が売っているので、これを購入し補うと良いと思います。

定期テスト対策をして内申点を上げるもの大事

テスト

ここまで、高校入試の英語の勉強法をお伝えしてきました。この方法で勉強を進めていけば、きちんと偏差値が上がっていくので、合格率も右肩上がりで上がると思います。

最後に一つ大事なことをお伝えします。高校入試の合否は、内申点+当日点で決まると言うことです。つまり内申点を上げない限り、高校入試の合格率も上がっていかないのです。

ではどうしたら内申点を上げられるのかというと、目の前の定期テストで高得点を取るのが一番手っ取り早いです。そこで次のページでは、次の定期テストでどういった勉強をしていけば良い点数を取れるかまとめました。よかったらこちらも参考にしてみてください。

>>定期テストの勉強の仕方をまとめたページ

あと、英語が苦手な子であれば、英語の定期テスト対策の仕方は以下のページにまとめてあります。よかったらこちらも参考にしてみてください。

>>英語の定期テスト対策をまとめたページ

子どもの勉強意欲を3倍にするテクニック(親向け)

スマホ

もしこの記事を読んでいるあなたが、お父さんお母さんという立場だったら、お子さんって勉強に対するやる気はありますか?もしなかったとしたら、現在私が無料で配信している成績UP無料講座を参考にしていただくと良いと思います。

こちらの講座では、7日間で、
  • 子どもの勉強に対するやる気を3倍にする動機付けテクニック
  • ストレスなしに勉強量を2倍にする思考法
  • オール5の子が実践している勉強法の全て
を公開しています。全て無料で読める講座で、既に3万人以上のお父さんお母さんに読んでいただいた人気の講座です。受講者の中にはお子さんが次のテストで、5教科100点以上上がった方もいます。良かったら参考にしてみてください。

>>道山流!成績UP無料講座の詳細はこちら

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

関連記事

  1. 進路選択

    高校受験の進路選択が失敗する一番の理由

  2. 入試

    高校受験 ラスト1ヶ月にすべきこと

  3. 過去問

    高校受験の過去問を解くときの注意点

  4. 偏差値

    偏差値って何?偏差値の出し方と考え方

  5. 男子校女子高

    男子校女子校と共学高校のメリットデメリット

  6. 受験

    公立高校受験まであとわずかの時の学習法

  7. 高校受験合格

    高校受験合格の成果報告を紹介します!

  8. 高校

    嫌いな子と志望校が同じになったら?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

 
>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP