97%が合格した秘密(高校受験対策プログラム)参加者から頂いた合格報告

成果Hさん

「道山ケイの高校受験対策プログラムって役立つの?」

「97%が合格した秘密の口コミを知りたい」

という方向けに、元中学校教師道山ケイが開発した高校受験対策プログラム(97%が合格した秘密)に参加された方から実際に頂いた成果報告を紹介します。

参加する、しないは別にして、これから高校受験対策を進めていこうと考えている場合、親がどういったサポートをすれば志望校に合格できるかわかると思います。

なお、高校受験の勉強法については、以下のページにも詳しくまとめています。よかったらこちらも参考にしてみてください。

>>高校受験の勉強の仕方解説ページ

目次

偏差値39から70にUPし第一志望合格(Hさん)

成果Hさん

Hさんは、2017年に道山流学習法勉強会と思春期の子育て勉強会に参加してくださいました。

>>道山流学習法勉強会2017の様子

>>思春期の子育て勉強会2017の様子

一時期は偏差値が39まで落ち込んだのですが、ラストスパートをかけ最終的に塾の模試で偏差値60(学校の偏差値に換算すると70)まで上がりました。

そしてこの度、見事第一志望の私立高校に合格されました。Hさん親子も、親子関係が非常に良好なので、楽しい高校生活を送れると思います。素敵な成果を送ってくださったHさん親子、本当にありがとうございました。

冷凍食品なしのお弁当が子どもの心を動かす

なぜHさんのお子さんは、最後にラストスパートをかけ、偏差値39から70まで上げることができたのでしょうか?Hさんのお母様から頂いた感想を読むとわかります。

先生の勉強会に参加してからは親子関係を大切にするよう努力しました。反抗期もありなかなか思うように行きませんでしたが、中学3年間のお弁当は出勤前でバタバタしながらも冷凍食品なしで毎朝頑張って作りました。

親子での会話を作る為に、一つ我が家で変えた事は、元々リビングにテレビを置いていなかったのですが、テレビを私の部屋に置き、小さなテーブルを置いた事で、子供達がテレビ見たさに私の部屋によく出入りするようになった事です。

これが良かったかどうか分かりませんが、その時間だけは話をする事も多くなり、共通の話題も出来るようになりました。

まずはお弁当で冷凍食品を無くそうと努力されたことです。こういった小さな愛情は、子どもに響きます。すると少しずつお母様のことが好きになってきます。

またテレビの位置を変えるという努力もされました。もしここでお母様のことが嫌いだったら、おそらくテレビを見るためであっても部屋にはいきません。

日頃からお弁当などを使い愛情バロメータを上げていたからこそ、子どもがお母様の部屋に来るようになり、会話時間が増えたわけです。

愛情に満たされている子というのは、ここぞというタイミングで努力することができます。Hさんのお子さんはそれが受験でした。だから最後の1年でラストスパートすることができたのです。

もし今目の前のテストのことばかり意識してしまい、愛情バロメータを上げることを忘れていたら、一度愛情バロメータを上げることに焦点を当ててみてください。

これだけで子どもが勝手に勉強を頑張るようになるので、高校受験の合格率も上がりますよ!

>>愛情バロメータが上がる思春期の子育て講座

親子関係の構築に力を入れ公立高校に合格!(公立高校普通科合格:板垣さん)

成果板垣さん

板垣さんは、2016年2月に私の定期テスト対策プログラムと、高校受験対策プログラムに参加してくださいました。それから夏休みまでしっかりと定期テスト対策プログラムを実践してくださり、すぐに5教科の合計点が400点を超えました。

>>板垣さんが送ってくださった成果報告

その後順調に受験当日を迎え、先日見事第一志望の高校に合格されました。親子関係の構築を最優先に行ってきた親子なので、もう怖いものはありません。

非常に充実した高校生活を送れると思います。素敵な成果を送ってくださった板垣さん親子、本当にありがとうございました。

何も言わなくても勝手に勉強を始めた理由

上記の成果報告を読んでいただくとわかるのですが、板垣さんのお子さんは親が何も言わなくても勝手に勉強を頑張ります。なぜそんなことが可能なのでしょうか?

実はお母さまから頂いた感想を読むとその秘密がわかります。

親にとっても初めての経験でどのように勉強させたらよいのかわからず、道山先生のアドバイスや教材が大変役に立ちました。

特に愛情バロメーターを上げることは、先生と出会わなければ気付かなかったと思います。おかげで、勉強しなさいと口うるさく言わなくなり、言わなくても勉強するようにもなりました。

勉強しなさいと口うるさく言うことをやめたと書いてあります。突き詰めるとここなんですよね。ではなぜ勉強しなさいと言うのをやめると子どもは勉強するようになるのか?

これは「勉強しなさい」という言葉は、子どもに対して「あなたのことを信じていません。だから見張っていないといけないんです」と言っているようなものです。

信じていたら、わざわざ口うるさく言う必要はないですからね。つまり勉強しなさいという言葉をやめる=子どもを信じるようになったということです。

親から信じられると、子どもはその期待に応えないといけないと思います。だから勝手に勉強をするようになり、勝手に第一志望に合格できるのです。

もし今あなたが、毎日「勉強しなさい」と言っているなら、まずは1週間だけ言わないように努力してみてください。きっとお子さんの表情が変わります。

大好きな部活がある公立高校に合格!(公立高校専門学科合格:林さん)

成果報告林さん
林さんは、昨年の3月に私の高校受験対策プログラムにご参加くださいました。

最初から親子関係が良好だったので、比較的スムーズに受験対策を、進めていくことができました。(もちろんお母様は大変だったと思いますが)

その後私の勉強会にも参加をしてくださったりしながら、定期テスト対策も進めていきました。そしてこのたび大好きなバスケ部のある高校に、合格することができました。

林さんのお子さんが受験に合格した理由

バスケットボール

林さんのお母さまをサポートしていて、「ここがお母様の素晴らしいところだ」と感じたのは、

娘は小学生から続けているバスケットボールを中学生でも続けたい思いから、(住んでる学区の中学にはバスケ部がありません)隣町の私の実家に住所を移し家族と離れて中学へ通いました。

という部分です。※合格時に送っていただいた感想から引用しています。

お子さんがバスケをしたい!という強い気持ちがあって、それを無条件の愛情で支えていますよね?こういったサポートをすると、子供との関係がかなり良好になります。

今回林さんのお子さんは、バスケ部がある公立高校に合格できたのですが、もし中学入学のタイミングで、バスケ部がない中学校に進学させていたら、、、

おそらくこの結果は、得られなかったと思います。だから最初の中学校選びの段階で、かなり良い選択をされたのだと思います。

なかなかここまで、お子さんに無条件の愛情を注ぐのは、大変なことだと思います。ですがそこまで覚悟ができると、初めて受験はうまくいくようになります。

もしあなたが今条件付けの愛情をしていて、子どもが受験に対して後ろ向きになっているなら、一度無条件の愛に切り替えてみてください。

これだけで受験の成功率は大きく変わると思います。素敵な成果を送ってくださった、林さん親子本当にありがとうございました。

得意な教科を伸ばし自信をつけ公立高校に合格!(公立高校総合科合格:中村さん)

成果報告中村さん
中村さん親子は、2016年2月に、私の高校受験対策プログラムにご参加くださいました。

最初のうちは毎日夜遅くまで部活があり、なかなか勉強ができませんでした。また反抗期もひどく、なかなか勉強を実践されられませんでした。

しかしお母様がかなり頑張られ、まずは愛情バロメーターを上げるように、お子さんの話を徹底的に聞くように、意識をしてくださいました。

その結果少しずつ勉強も頑張るようになり、道山流学習法でワークの繰り返しをしたところ、すぐに90点近くまで点数が上がりました。

そして今回、見事第一志望の公立高校に、合格することができたのです。

※反抗期についてはこちらの記事に詳しくまとめていますので、よかったら参考にしてみてください。

>>中学生の反抗期について

得意教科を伸ばしたからこそ成績が大きくアップ

勉強

ではどうして中村さんのお子さんは、すぐに成績を上げることができ、受験に合格することができたのでしょうか?その秘密はお母様からいただいた感想を読むとわかります。

そして息子にはとにかく正しいやり方やコツを掴めば出来るんだ、、、という自信を付けて欲しかったので特に自分の興味のある教科を徹底してやる様に言いました。

他の教科は欲は出さずも下げずに。するとテストでは80点代に成績は4、卒業前でもチャレンジを楽しむかのように90点代を取り、5をもらうまでになりました。

この経験が、普通だった成績の息子に大きな成功体験を与えたと思います。

私たちはどうしても、点数が低い教科があると、そこばかりに目が行ってしまいます。しかし中村さんのお母さまは、お子さんがやりたい教を伸ばすように、アドバイスをされました。

その結果お子さんは、簡単に先生が上がったので自信を持ち、受験に対しても前向き取り組むことができたのです。

実はこれは私がよく行うアドバイスです。自己肯定感が低い子は、苦手な強化よりも特異な教科を伸ばさせて、褒めてあげたほうがよいです。

すると自分に対して自信を持つので、他の教科の勉強も頑張れるようになります。

もしあなたのお子さんが今、自己肯定感が低く自信がないのであれば、まずは得意教科から確実に点数アップするように、アドバイスをしてあげてください。

そこで結果が出てくると、他の強化も頑張れるようになり、結果的に受験も合格できる思います。

素敵な成果を送ってくださった、中村さん親子本当にありがとうございました。

明確な進路を決め勉強し公立高校に合格!(公立高校普通科合格:松江さん)

成果報告松江さん

松江さんと私との出会いは2015年の7月になります。

そこから私の高校受験対策教材を購入していただき、その教材に書いてある流れに沿って進路選択をしていただきました。

その結果見つかった進路が、当時の実力から比べるとワンランク上のレベルの学校でした。

ただ親子で夏休みに一生懸命勉強をした結果、2学期最初のテストで過去最高得点を取ることができました!

そのままの好循環で、2学期、3学期もしっかりと勉強を頑張っていただき、見事第一志望の高校に合格することができたわけです。

この体験談からもわかる通り、お子さんの勉強に対するやる気のスイッチが一気に入ったのは、明確な進路が見つかったタイミングだと思います。

これが見つかると一気にやる気が出るので成績も上がるわけです。

素敵な成果を送ってくださった松江さん親子、本当にありがとうございました。そして楽しい高校生活を過ごしてくださいね。

親子関係を改善し公立高校に合格!(公立高校普通科合格:Tさん)

成果報告Tさん成果報告Tさん

Tさんのお母様は最初志望校は少しでも偏差値が高いところが良いと思われていました。その結果親子関係が悪くなってしまい、中3の1学期の成績は全く上がりませんでした。

ただここでお母様が本当に素晴らしい方で、素直に私の教材を信じて親子関係を良好にすることだけに集中してくださいました。

すると夏休み頃からお子さんが勉強を頑張るようになり、1学期の懇談会では無理だと言われていた公立高校に合格することができました。

 

そしてTさん親子が素晴らしいのはここからです。実はこの合格した高校と言うのが第2希望の学校でした。普通であれば第一希望の学校に落ちてしまうと、高校受験は失敗だと考えてしまいます。

しかしTさん親子は、これは縁の問題だから今の学校できっと良かったんだと思うという前向きな考えで合格をお祝いしてくださいました。その結果今はとても楽しく高校に通われています。

極論になってしまうかもしれないのですが、結局私が思うに進学する高校はある条件さえ満たしていれば、どの高校に行っても良いと思います。

大事なのは、その条件をしっかり満たしている学校に行くこと合格した学校こそがその子にとってベストな学校であると信じることの2つだと思います。

Tさん親子は本当にこの2つを実践してくださったので、今はとても良好な親子関係になっています。

素敵な成果を送ってくださったTさん親子、本当にありがとうございました。

ベストな進路を見つけ志望校合格!(公立高校普通科合格:佐藤さん)

成果佐藤さん

佐藤さんは2016年6月に、私の定期テスト対策プログラムと高校受験対策プログラムに参加してくださりました。

また昨年度行った、高校受験やる気UP勉強会(今年は2018年4月7日、8日に開催)と高校受験対策勉強会(2018年度は9月前半頃開催予定)にも参加してくださいました。

その後、お子さんにとってベストな進路が見つかり、この度第一志望の高校に合格されました。ベストな進路なので、きっと楽しい高校生活が送れると思います。

素敵な成果を送ってくださった佐藤さん親子、本当におめでとうございます!

勉強しなさいという言葉をやめたことが成功理由

佐藤さんのお子さんが第一志望に合格できた理由は何か?もちろんお子さんの努力が一番の理由だと思います。

ただお母さまもかなり頑張られました。何を頑張られたのか、頂いた感想を紹介します。

道山先生の<毎日の>メールを読む事でつい言いたくなる「早く勉強をしなさい」と言わない努力ができました。

また、勉強以外の話を沢山して親子関係を良好に保てました。これは成人している姉や兄にはできなかった反省点です。

去年の夏に参加した親子の勉強会も勉強のコツなどがわかるとともに親子共に同じ環境の方達の存在を知る事で良い刺激になりました。

まずは勉強しなさいという言葉を言わないように努力したことです。その代わりに勉強以外の話をたくさんされたそうです。

これは、子どものことが大好きなお母様ほど難しい課題です。ただ難しいからこそ効果が大きいです。「勉強しなさいという言葉を言わないこと」=「子どもを信じている」ということです。

※日本一成績が上がる学習塾を運営されている藤野さんも同じことを言われています。>>スゴイ学習メソッド

また私の勉強会で、同じように子育てを頑張っている方と知り合いになれたことで、相談できたのも大きいと言われています。

受験は戦争です。親としても一人で頑張るのはなかなか大変です。今もし一緒に支えあうママ友パパ友がいなかったら、是非ママ友パパ友を作るようにしてください。

周りに1人もいなければ、9月前半に実施予定の高校受験対策勉強会に参加されると良いと思います。

教材や勉強会に参加して実践し志望校に合格!(公立高校普通科合格:中山さん)

成果中山さん

中山さんは2016年の7月に私の定期テスト対策プログラムと高校受験対策プログラムに参加してくださいました。

その後、思春期の子育て勉強会、思春期の子育てプログラム、高校受験対策勉強会、道山流学習法勉強会などたくさん参加していただきました。

私もメールでサポートしたり、何度もお会いしていますので、今回の合格は非常にうれしいです。

お子さんにとってベストな進路に合格できたので、きっと楽しい3年間を送ることができると思います。

素敵な成果を送ってくださった中山さん親子、本当におめでとうございます!

成績が上がるのは最後!根気強さが大事

なぜ中山さんのお子さんは第一志望の高校に合格できたのでしょうか?お父様から頂いた感想を読むとその秘密がわかります。

プログラムを購入し読み進めていくなかで、繰り返し出てくる「親子関係」という言葉。娘との関係が悪いことに気づかされました。一年以上かかり、ようやく「良くなってきた」と 言えるようになりました。

成績はなかなか伸びませんでしたが、3年の2学期にようやく向上し始め、このたび念願の志望校に合格できました。

中山さんのお父様も、最初は愛情バロメータが低い状態からのスタートでした。そのため、なかなか成績が上がらず悩まれていました。

ただ根気強くお子さんに愛情を注ぎ続けました。その結果、少しずつ愛情バロメータが上がってきました。愛情バロメータさえ上がってしまえば、あとは簡単です。

少し勉強方法をアドバイスするだけで、定期テストの成績は上がります。中山さんのお子さんの場合、それが3年生の2学期でした。タイミングとしてはギリギリでした。

ただ、きちんと進路選択ができていたため志望校に合格できました。今お子さんとの関係が悪い場合、まずは愛情バロメータを上げましょう。

どれだけ悪くても1年あれば改善できます。愛情バロメータが上がった後、ようやく成績が上がり始めます。それまで親が我慢できるかどうかが大事なのです。

高校受験を成功させるポイント

佐藤さんは、勉強しなさいという言葉をやめたこと。中山さんは根気強く愛情バロメータをあげたこと。これが子どもの高校受験合格に繋がっています。

つまり受験についても、親子関係が最も大事ということです。もし今あなたがお子さんとの関係が悪いなら、今すぐ愛情バロメータを上げるようにしましょう。

※詳しい方法は思春期の子育てメール講座で解説しています。

>>思春期の子育てメール講座

愛情バロメータさえ上げておけば、あとはそれほど難しくないです。今の内からしっかりと信頼しあえる親子関係を作っておきましょうね。

子どもの希望を優先し第一志望校に合格!(公立高校総合学科合格:尾﨑さん)

成果尾﨑さん

尾崎さんは、昨年の夏に私の「高校受験対策プログラム」に参加してくださいました。そして今年の受験で見事第一志望の公立高校に合格されました。

もともとはお母さんの希望とお子さんの希望がズレていたのですが、最終的にはお母様がお子さんの希望を優先されました。それが合格につながったのだと思います。

行きたかった高校に進学できているので、きっと楽しい3年間を送れると思います。また、高校の入学式で、代表挨拶にも選ばれています。

代表挨拶をするということは、進学した時点でトップレベルの成績だということです。つまりこのまま頑張りを続ければ、指定校推薦などで大学にも進学できます。

素敵な成果を送ってくださった尾崎さん親子、本当にありがとうございました。

子どもの意思を尊重するだけで受験は成功する

なぜ尾崎さんのお子さんは、第一志望に合格できたのでしょうか?いろいろ努力はされたと思うのですが、一番影響が大きかったのはお母様が勇気を出してお子さんの意思を尊重してあげたことだと思います。

以下お母様から頂いた感想です。

志望校を決める際に、メールでご相談させていただき、いろいろな高校の情報を集めて検討しましたが、最終的に本人が希望していた高校を受験し合格しました。

だいぶランクを下げたこともあり、新入生代表の挨拶をさせてもらうことも出来ました。

尾崎さんのお母様は、偏差値の高い高校を卒業されています。しかしお子さんはそれほど偏差値の高い学校を志望していませんでした。

そこで悩まれていたので、私はお子さんの意思を尊重するように伝えました。お母様は非常に理解のある方なので、それを素直に受け入れてくださいました。

その結果お子さんがやる気になり、見事志望校に合格されました。

通常、ご自身が偏差値の高い高校に行っている方ほど、子どもが偏差値の低い高校を志望するとそれを受け入れられません。

しかし尾崎さんのお母様は、素直にお子さんの意思を尊重されました。その勇気を持てるかどうかが大事なのです。

もしあなたが今、お子さんと志望校選びで悩んでいたら、一度誰が高校に進学するのかを考えてみてください。進学するのはあなたではなくお子さん本人です。

志望校を子どもに決めさせる勇気を持つことができれば、不思議なくらい受験はうまくいきますよ。

5教科の合計が450点まで上がり公立高校に合格!(公立高校合格:三浦さん)

成果三浦さん

三浦さんは2015年の12月に、私の定期テスト対策プログラムと高校受験対策プログラムに参加されました。その時はまだ中学1年生でした。

それからすぐに定期テストの点数が上がりました。英語で学年順位1位を取ったこともありました。最終的に390点前後だった合計点が450点前後まで上がりました。

その後約2年間メールで勉強や進路のことなどいろいろとサポートさせていただきました。

そして今回めでたく第一志望に合格されました。2年間サポートして合格された方なので私としても非常に感慨深いです。

楽しい高校生活を送ってくださいね!素敵な成果を送ってくださった三浦さん親子、本当にありがとうございました。

子どもが欲しい本は全て購入する姿勢

三浦さん親子はもともと親子関係も良好でした。またお母様自身もすごく素直で、私のアドバイスをしっかりと聞いてくださいました。

そのため、「この家庭は間違いなく受験が成功する」と感じておりました。そこで受験の話ではなく、三浦さん親子をサポートしていて私が一番「この家庭はすごい」と思ったエピソードを紹介します。

以下三浦さんのお母様から頂いたメッセージです。

以前、次男の担任をしてくださった先生が「読書の習慣がついたら、それだけで育児は成功したようなものです」  とおっしゃっていました。

我が家は何にせよ多すぎて、1階も2階も本棚には入りきらず… (でも頑張って整理していますが)いわゆる平積みになっている個所もありますが(笑) 子供たちが欲しい本は、多少家計の負担になっても、買ってあげたい!と思っています。

目に見えない投資…私はそう信じ、主人にも理解してもらっています。

以前私が「本への投資が人生を向上させるという記事」を書いたとき、頂いたメッセージです。三浦さんの家庭でもとにかく子どもが望む本は何でも買ってあげているそうです。

「本が大事だよ!本はたくさん買った方が良いよ」と口で言うのは簡単です。ただそれを家庭できちんと実践している方は少ないです。

家庭の中が本だらけだと、子どもは自然に本に触れます。その結果、

  • 学校では学べない教訓を学ぶことができる
  • 文章を読む力が自然に身につく
  • 様々な分野に興味や関心を持つことができる
という良い変化が現れます。もし今、あなたの家にあまり本がないのであれば、一度上記の記事を読んでみてくださいね。

私立高校特進コースに合格!(私立高校特進コース合格:名谷さん)

成果報告名谷さん
名谷さんはもともと、2016年6月に、私の定期テスト対策教材と、高校受験対策教材を購入してくださいました。

その後半年間、メールでサポートをさせていただきました。最初は愛情バロメーターが上がらず悩んでいたのですが、教材の内容を素直に実践してくださいました。

その結果、見事私立高校特進コースに、合格することができたのです。

親の希望を捨てたことが合格の秘密

ではどうして名谷さんのお子さんは、特進コースに合格することができたのか?

その秘密はお母さまから送っていただいた、成果報告を読むとわかります。

志望校は、三年生の間に何度か変わりましたが、最終的に本人の希望通り、私立の専願に決まりました。

親としては、公立に行って欲しかったのですが、本人は私立の設備や校風やカリキュラムに憧れ、本人の希望にそい、受験して合格する事が出来ました。

親としては公立に行ってほしかったけど、子どもが私立に行きたいと言ったから、それを応援してあげた書いてあります。

実はこれこそが、名谷さんのお子さんの受験が成功した、秘訣だと思います。

もしお母さんが、絶対に公立以外行かせないと言っていたら、おそらく受験は失敗したと思います。なぜなら子どもがやる気にならないからです。

しかし名谷さんのお母様は、私を信じてお子さんの意思を尊重してくださいました。その結果お子さんが少しずつやる気になり、受験を成功させることができたわけです。

受験を成功させるうえで、子どもの意思を尊重するということは、非常に大事なポイントになります。

もしあなたが今、子どもの進路を自分で決めようとしていたら、勇気を出してお子さんの意思を、尊重するようにしてみてください。

そのほうがお子さんはやる気になるので、受験の成功率も上がると思います。素敵な成果を送ってくださった名谷さん親子、本当にありがとうございました。

勉強を見守るようにした結果第一志望校に合格!(公立高校普通科合格:木村さん)

成果報告木村さん
木村さんのお母様も、2016年6月に私の定期テスト対策プログラムと高校受験対策プログラムにご参加いただきました。

その後次のテストですぐに、定期テストの点数が大きく上がり、今回高校受験も成功されました。

見守る姿勢が合格への近道

ではどうして木村さん親子は、第一志望の高校に合格することができたのでしょうか?

その秘密は、お母さまからいただいた感想を読むとわかります。

ある日、自分のペースでやりたいと泣きながら訴えてきたのをきっかけに、私はその日から先生が言われる通り、見守る体制に切り替えました。

今まではお母さまが、いろいろお子さんの勉強の流れ決められていたのですが、それに対してお子さんから訴えが来ました。

その時にお母さまは素直に、子どもを見守る姿勢に切り替えられました。これこそが受験が上手くいった秘密なのです。私たち大人は、どうしても子どもに対して、あれこれ指示をしてしまいます。

指示をしてほしいタイプの子どもの場合、これでも大丈夫なのですが、8割以上の子どもは指示をされるのを嫌がります。その結果荒れ始めるのです。

ここで親がぐっと我慢して、見守る姿勢を作れるかどうかが、受験を成功させるうえで、非常に大事になるわけです。

もしあなたが今、子どもに対していろいろ指示を、してしまっているとしたら、このタイミングでやめてみてください。

そのほうがお子さんはやる気を出すので、受験の成功率も上がると思います。素敵な成果を送ってくださった木村さん親子、本当にありがとうございました。

毎日1品の大好物を作り第一志望合格!(公立高校普通科合格:本多さん)

成果本多さん

本田さんは、2017年に私の高校受験対策プログラムに参加してくださりました。

その後、2017年4月に行った高校受験やる気UP勉強会と、2017年8月に行った高校受験対策勉強会に参加してくださいました。

そして今年の3月に、見事第一志望に合格しました。※紹介が遅くなってしまいすみませんでした。

実はもともとはお子さんの不登校で悩まれていて、私のことを知っていただいたそうです。

その後わずか3か月で不登校が解決し、そこからお子さんは勉強を頑張りました。そして見事第一志望に合格できたわけです。

例え今どういった状態であっても、わが子に無条件の愛で接し、正しいサポートを行えば確実に将来は明るくなるということを教えてくださったわけです。

素敵な成果を送ってくださった本多さん親子、本当にありがとうございました。次は大学入試です。こちらも頑張ってください。

※また進路が決まったら連絡いただけると嬉しく思います。

お母様の無条件の愛が子どもの未来を明るくする

私は日ごろメルマガやブログなどで、
  • 成績が上がらない
  • 不登校やスマホ依存
  • 激しい反抗期
などは全て原因が同じで、子どもが喜ぶ接し方をすれば全て解決できるとお伝えしています。

本多さんのお母様はまさにこれを実践してくださいました。以下お母様から頂いた感想です。

私も勉強と言いたくなる時もありましたが、子供が話したい事を聞く、毎日一品は好きなおかずを作ったりをやってサポートしてきました。

お母様が実践されたことは、子どもの話をしっかり聞くこと。毎日1品大好きなおかずを作ることの2つです。もちろんそれ以外にも細かいサポートなどもされていると思います。

ただ主に意識していただいたのはこの2つだけです。その結果、5教科の合計点も280点台から380点台まですぐに上がりました。ここまで成績が上がれば、正直高校は選びたい放題です。

仮に今あなたのお子さんが不登校だったとしても、無条件の愛を注ぎ続ければ、不登校も解決し、成績もグングン上がり、第一志望の高校にも合格できるのです。

※また不登校についてはこちらの記事に詳しくまとめていますので、よかったら参考にしてみてください。

>>子供の不登校の本当の原因とは?

教材実施後すぐに成績が上がり第一志望校に合格!(公立高校合格:田中さん)

成果田中さん

田中さんは、2017年度の高校受験やる気UP勉強会に参加してくださいました。

その後、私の高校受験対策プログラムにも参加していただき、この度見事第一志望の公立高校に合格されました。

実は昨年度、定期テスト対策プログラムにも参加してくださっていて、こちらもすぐに60点ほど点数UPされました。

成果報告田中さん
※スマホ用拡大図※

成果報告田中さん
どんなジャンルでもすぐに結果が出る方には特徴があります。その特徴をお伝えしたいと思います。

素敵な成果を送ってくださった田中さん親子、本当にありがとうございました。楽しい高校生活を送ってくださいね!

定期テストも受験も何でもすぐに結果が出る方の特徴

なぜ田中さんのお子さんは、定期テストでも高校受験でもすぐに結果が出たのでしょうか?以下頂いた感想の一部を紹介します。

教材を親子で読み、塾任せで親として全く勉強の進捗などを確認せず、サポートしてこなかったことが大きな反省点だと気づきました。

娘も定期テストでの正しい勉強方法を理解でき、今までのやり方を改めることで、教材を実践してから初めてのテストで5教科合計で50点以上点数を上げられたことは大きな自信になったようです。

お母様から頂いた感想なのですが、「ダメな部分を反省し改善する」というのを徹底されています。

実はどんな分野でも必ず結果が出る方は、必ずこういった思考を持っています。例えば、

  • 塾に入れているのに成績が上がっていないなら自宅学習+家庭教師に変える
  • 子どもが不登校で担任に相談しているのに全く改善されないなら、教頭に相談する
  • 部活でレギュラーになれないなら、ポジションを変えたり練習方法を変える
などを行います。少しやってみて上手くいかないなら、違う方法を試してみる。これは、どんな分野でも当てはまる結果を出すコツです。

親子関係を良好にし私立高校に合格!(私立高校進学コース合格:宮澤さん)

宮澤さんの合格通知

宮澤さんは元々
  • 子どもの反抗期が酷い
  • 国語が苦手で漢字テストはいつも再テスト
という状態でした。そこで私のメルマガを読んでいただきました。その結果親子関係が良好になり、漢字テストでは毎回満点を取れるようになりました。

もちろん国語の成績も大きく上がりました!そしてこの度めでたく、高校受験に合格することができました!

では宮澤さんの場合なぜ高校に合格できたのかと言うと、それはお母様がお子さんに接し方を変えたからです

接し方を変えた結果親子関係が良好になり、子どもは親のアドバイスを受け入れられるようになります。

すると勉強方法の効率も上げることできるので、高校に合格できたわけです。素敵な成果報告を送ってくださった宮澤さん、本当にありがとうございました。

子どもへの接し方を変え公立高校に合格!(公立高校普通科合格:石村さん)

成果報告石村さん

石村さんは私の高校受験対策教材を購入してくださいました。最初はお子さんに話しかけても無視するような状態で、まともに志望校の話ができなかったそうです。

そこでお母様がお子さんへの接し方を変えてくださり、少しずつお子さんと会話ができるようになりました。そして見事高校に合格できたわけです。

素敵な成果報告を送ってくださった石村さん、本当にありがとうございました。

高校受験が成功するための秘訣とは?

今回紹介した2名の成果報告を見ていると、高校受験が成功するためには2つのことが大事だとわかります。それは何かというと、
  • 親子関係を良好にする
  • 進むべき進路を明確にする
の2つです。親子関係が悪いと結局進路の話ができません。だから進路を決めたくても決められないのです。

また進路が決まっていないと、子供も何を目指したらよいのかわかりません。だから勉強ができないのです。

多くの方が勉強効率を上げることとか、リサーチがすごい塾に入れることばかり考えるのですが、それ以上に大事なことは、親子関係と進路選択です。

逆に考えると、この2つさえしっかりとできてしまえば、高校受験は本当に失敗のしようがありません。それくらいこの2つは大事なことなのです。

今年中学2年生と3年生のお子さんがいる方で、どうしたら受験が上手くいくのだろうかと悩んでいるのであれば、一度この2つを意識してみてくださいね。

子どものベストな進学先を見つけ公立高校に合格!(公立高校普通科合格:新家さん)

成果報告新家さん

新家さんと私の出会いは、今からちょうど1年ほど前になります。

たまたまネットで私の事を見つけてくださり、私の定期テスト対策教材と高校受験対策教材を購入してくださいました。

そこで1年間かけて、まずは定期テストの点数を少しずつ上げていきました。

ありがたいことに新家さん親子は本当に素直なので、3年生の最初のテストでまず英語が最高点になりました。

その後夏休み頃に、進路が見つからないことが原因で、受験勉強が思うように進まないという悩みがあったので解決策をアドバイスしました。

その結果子どもにとってベストな進路が見つかり、一気にやる気がアップして、見事合格されました。

定期テストを上げるところから始め、きちんと合格するところかでサポートできたことは、私にとっても本当にうれしいことです。

素敵な成果を送ってくださった新家さん親子、本当にありがとうございました。そして楽しい高校生活を送ってくださいね。

教材購入後、次のテストで5教科合計37点UP!(中学1年生:門田さん)

成果報告門田さん

※スマホ用拡大図※

成果報告門田さん

門田さんは昨年の10月に、私の教材を購入してくださったのですが、次のテストでさっそく数学が2倍になりました。

多くの子は、数学や英語が本当苦手です。だからどうしても後回しにしてしまいます。

とりあえず数学や英語を後回しにして、すぐに点数が上がる理科や社会から取り組んでいくことは悪いことではありません。

ただ数学や英語についても、きちんとしたステップを踏んでいけば、必ず上がります。

もし今数学や英語が上がらずに悩んでいる場合、一度私のホームページやメール講座、教材の方法で取り組んでみてください。

必ず結果は出ると思いますよ。素敵な成果を送ってくださった門田さん親子、本当にありがとうございました。

部活三昧でも偏差値70の高校に合格!(高校合格:太田さん)

成果報告太田さん

太田さんは2017年の春に私の高校受験対策プログラムに参加してくださいました。そしてこの度、見事第一志望の高校に合格されました。

プライバシー保護の関係で高校名をお伝え出来ないのですが、偏差値70クラスの高校です。太田さんのお子さんは、部活動がかなりハードでした。土日も休みなし、1日中練習です。

そんな状況でも、県内トップレベルの高校に合格できたのは、まぎれもなく家族の支えがあったからです。素敵な成果を送ってくださった太田さん親子、本当にありがとうございました。

受験は家族が一丸となって乗り越えるもの


なぜ太田さんのお子さんは土日も休みなしで部活動という状態で、偏差値70クラスの高校に合格できたのでしょうか?お母様から頂いた感想を読むとその答えがわかります。

全て頑張って合格を勝ち取ったのは娘ですが、私が道山先生のメルマガをしばらく前から継続して読んでいたお陰で、部活や塾の送迎、単語帳作りなど勉強の手伝い、肩叩きなどのサポートを甘やかしなのかどうか迷うことなくできたのも効を奏したと思っています。

一言でまとめると、親が全力で子どもの受験をサポートしたということです。受験というのは最後は時間との闘いになります。

どれだけ勉強効率を上げても、勉強時間には限りがあるからです。そこで大事なのは親が全力で子どもをサポートし、時間を作るということです。

太田さんのお母様は、塾や部活動の送迎、勉強のサポート、子どもの体力回復マッサージなどできることは全て行いました。その結果、お子さんが勉強時間を確保できたわけです。

また愛情バロメータもあがるため、お子さんも勉強を頑張れるようになります。感想には詳しく書いてなかったのですが、おそらく旦那さんも同じ気持ちでお子さんを支えていると思います。

受験は子ども一人では乗り越えられません。家族の協力があってこそ合格をつかみ取ることができるわけです。

親の意思を出さず子どもを尊重して公立高校に合格!(公立高校普通科合格:和田さん)

成果報告和田さん

和田さんも2017年の春に私の高校受験対策プログラムに参加されました。そしてこの度、公立高校普通科に合格されました。

私としては志望校を選ぶところからサポートさせていただいたので、無事合格できて本当にうれしく思います。楽しい高校生活を送ってくださいね。

素敵な成果を送ってくださった和田さん親子、本当にありがとうございました。

子どもの気持ちに沿った進路選択が成功のカギ


なぜ和田さんのお子さんは、無事高校受験に合格できたのでしょうか?親子で頑張ったのはもちろんです。ただ私の中で一つ重要な決め手がありました。

それは進路選択に対して親が自分の気持ちを尊重するのを控えたことです。もともと和田さんのお子さんは、それほど偏差値の高い高校を志望していませんでした。

それに対してお母様は「せっかくなら上のレベルを目指してほしい」という気持ちでした。これは親として当然の気持ちです。

ただその気持ちを出せば出すほど、子どもはどんどん荒れていきます。高校受験の進路選択で大事なことは、親は自分の意思をできる限り出さないようにするということなのです。

和田さんのお母様はそれがしっかりできたからこそ、お子さんが受験に対してやる気を出したのだと思います。

激しい反抗期を乗り越え第一志望に合格!(高校普通科合格:加藤さん)

成果加藤さん

加藤さんは2015年12月に定期テスト対策プログラム、2016年2月に高校受験対策プログラムに参加してくださいました。

最初に参加いただいたテスト対策プログラムでは、次のテストでいきなり9教科で相対的に100点以上点数が上がりました。

加藤さんの成果報告
>>さらに詳しい成果報告はこちら

そして先日、無事第一志望の高校にも合格されました。いろいろ大変なことはあったのですが、最後まで愛情バロメータを上げることを集中してお子さんに接してくださいました。

今は非常に愛情バロメータが高い状態なので、きっと楽しい高校生活を送ってくれると思います。素敵な成果を送ってくださった加藤さん親子、本当にありがとうございました。

子どもに対して感謝の気持ちを持ったのがポイント

実は加藤さんのお母様は、もともとお子さんの激しい反抗期に悩まれていました。にもかかわらず、反抗期を改善し定期テストの点数も上がり、高校受験も成功したのです。

なぜ加藤さんのお子さんは、激しい反抗期を乗り越え、第一志望の高校合格することができたのでしょうか?お母様から頂いた感想を読むとその答えがわかります。

勉強しないことばかり責めていた毎日から、子供を信じて見守る毎日に感謝しております。

この一言に全ての答えが詰まっています。人間というのはだれでも子どものダメな部分に焦点を当ててしまいます。

その結果、勉強しないことを叱ったりグチグチ文句を言ったりしてしまいます。多少であれば仕方がないのですが、基本的にはこういった姿勢だと子どもは勉強しません。

加藤さんはその思考を180度変えられました。そして子どもを信じて見守ることができる毎日に感謝するようにしたのです。

その結果、お子さんの反抗期が収まり、高校受験も合格することができたのです。

子どもに感謝しようと言ってもなかなか難しいと思います。そういったときは、小さな頑張りをほめてあげるようにしてください。

ダメな部分ではなく頑張っている部分に焦点を当てるだけで、子どもは変わりますよ。

偏差値を考えず志望校を決め公立高校に合格!(公立高校合格:河本さん)

成果河本さん

河本さんはもともと2016年の春に私の定期テスト対策プログラムと高校受験対策プログラムに参加してくださりました。

最初は定期テスト対策プログラムの方を実践していただき、見事過去最高得点を達成されました。

河本さんの成果報告
さらに詳しい内容はこちらのページに掲載しています。

>>河本さんから頂いた成果報告の詳細

それから高校受験対策プログラムの内容もきちんと実践し、この度見事第一志望の高校に合格されました。

いろいろと大変なことがたくさんあったのですが、自分で志望校を決めて合格した経験は必ず今後の人生に生きてきます。楽しい高校生活を送ってくださいね。

素敵な成果を送ってくださった河本さん親子、本当にありがとうございました。

偏差値を意識しない進路選択が合格の秘密

過去に高校受験やる気UP勉強会に参加していただいた方であれば、ご存知だと思うのですが、私の進路選択方法は少し特殊です。偏差値はほとんど考えずに進路を決めます。

河本さん親子は、これを忠実に実行してくださいました。以下お母様から頂いた感想の一部になります。

合格した高校は娘のレベルより偏差値の低い高校でしたが、適応指導教室に通ったり、難聴学級で過ごしたりとほぼ交流学級で過ごすことができなかった娘が志望する高校としてはここが精一杯でした。

娘の高校は普通科で公立の進学校の分校なのですが、入学後の基礎力判断テストは学年1位でした。勉強よりも、クラスの仲間になじめないのがとても心配でした。

なんとか、通学できているのは、道山先生のプログラムで自主学習することに慣れ、今はクラスでなじめなくても勉強して希望の大学に入学したいという目標が出来たことがとても大きいです。

定期テストの点数を見ていただくとわかるのですが400点を超えています。これだけ良い点数が取れれば、少しでも上の偏差値の学校を目指したくなると思います。

しかし河本さんのお母様はその気持ちをぐっと抑え、お子さんの意思を尊重してくださりました。その結果、最初のテストで学年1位になりました。

またお子さん自身も自分で目標を決め、今はその目標を達成するために頑張っています。

もしお母様が無理に上の偏差値の学校を目指させ、そこに合格してしまったら、今の時点で学校に行きたくないとなっていた可能性があります。

そうならず頑張れているのは、お母様が無条件の愛で応援したからです。

もしお子さんが行きたいと言っている志望校の偏差値が低かった場合、今一度高校に進学するのはだれか?というのを考えてみてください。高校に通うのは親ではなく子どもです。

だからこそ子どもが心の底から行きたいと思う進路を応援することが大事になるのです。

 

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

関連記事

  1. 大好物の食事を作り第一志望合格

  2. 野口さん成果報告

    私立中学に通う子からいただいた成果報告

  3. 過保護のすすめ講演会DVDの感想

    佐々木正美先生の子育てDVDの感想が届きました!

  4. 復習

    中学生本人からいただいた嬉しい報告

  5. 志望校実現

    内申点が13上がって高校に合格した体験談

  6. 成果報告宮坂さん

    内申点が過去最高になった成果報告

  7. 成果鈴木さん

    不登校を乗り越え第一志望に合格

  8. 評定5を取り入学金免除で第一志望の高校に合格した成果報告

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP