塾に通わなくても30日でテストの成績が上がる勉強法実践者から頂いた成果報告(2017年度)

「元中学校教師道山ケイの教材って本当に効果あるの?」

「塾に通わなくても30日でテストの成績なんて上がるの?」

と悩んでいる方向けに、元中学校教師道山ケイが開発した塾に通わなくても30日でテストの成績が上がる勉強法に参加された方から頂いた生の口コミを紹介します!

大量の方がこのプログラムで成績UPしていますので、本当の評価がわかると思います。なお、このページで紹介するのは2017年に頂いた成果報告です。2018年度に頂いたものは以下のページで解説しています。

>>2018年度に頂いた成果報告はこちら

また、道山流学習法については、こちらのページで詳細を解説していますので、併せてチェックしてみてください。

>>道山流!中学生の勉強の仕方解説ページ

目次

5教科の合計が124点⇒200点(中学2年生:林さん)


※スマホ拡大図※


林さんは2017年4月に、私の思春期子育てプログラムに、参加してくださいました。

元々そこまで親子関係が悪いわけではなかったのですが、まずは親子関係の土台を高めていった。という形です。

その後、成績を上げたいという気持ちから、定期テスト対策プログラムにも、参加をしてくださいました。

そして1学期最初のテストで、1年生の学年末の成績を大きく上回る点数を、取ることができたわけです。

やるべきことを絞ったことが成績UPの理由

なぜ林さんのお子さんが、成績アップしたのかというと、主に2つの理由があると思います。

林さんからいただいた感想の一部を紹介しながら、解説していきます。
目標を明確にした

この間、臨海学舎で「将来なりたい自分」を作文してみんなの前で発表する機会がありました。

臨海学舎の前夜、急にずっと考えていたけど何も書くことが見つからなくて困ってると言ってきたのでドリームライフシートを使って一緒に考えてみました。

時間がなく書き出しただけになりましたが夢というよりはこんな人間になりたいという願望に気づけたようでした。

私の定期テスト対策プログラムでは、ドリームライフシートというシートを使って、将来なりたい夢を明確にするという、セッションを行うようにしています。

林さんのお子さんは、それをしっかりやってくださいました。「この職業に就きたい」という仕事が、見つかったわけではないのですが、

将来の方向性が見えるだけでも、人間は自分の人生に希望を持つことができます。これがやる気アップにつながっているのです。

一つに絞って勉強をした

プログラムに参加してみた感想ですが、優先順位が分かったので勉強に取り組みやすくなりました。今まではあれもこれもしなくてはいけないと思い結局中途半端だったように思います。

特に英語の音読は教科書ガイドとCDを購入してやりやすくなりました。リスニング問題の正解が増えていたので効果があるのだと思いました。

林さんのお子さんの場合、元々の点数が120点台です。平均25点です。この状態の場合、まずは自信を持たせるために、勉強科目を絞ったほうが良いです。

今回のテストでは英語に絞ったため、17点から37点にアップしました。こういった経験をすることで、「やればできる」という感覚を持つことができます。

引き続き実践していけば、300点代まで上げることができると思います。素敵な成果を送ってくださった林さん親子、本当にありがとうございました。

公立高校普通科合格(酒井さん)


酒井さん親子は、2016年12月に、定期テスト対策プログラムと高校受験対策プログラムに、参加いただきました。

その後すぐに、定期テストの点数が大きく上がり、400点を超えました!

>>その時写真はこちら

そのまま良い流れで、今回第一志望の高校に合格しました。

親子関係を意識したことが合格した理由

酒井さん親子はなぜ、第一志望の高校に合格できたのでしょうか?そのカギとなった感想を紹介します。

この春、第一志望の高校に無事入学することができました。

プログラムに参加した頃は、部活の方も忙しくなかなか予定をたてれずに勉強がはかどらないことがありました。親子でぶつかる事も多くありました。

このプログラムを知らなかったら、もっと親子関係も悪くなっていたと思います。

なるべく、感情的にならずに親子関係を大切にするように言葉をかけるように意識していたので大きな衝突にはなりませんでした。

高校受験を成功させるために大事なことってたくさんあります。ただ親として一番大事なことは、愛情バロメータを上げることです。そのために何ができるのかというと、

  • 進路選択は子どもの意思を尊重する
  • 子どもが求めるサポートをする
  • イライラ言葉や恐怖言葉をかけない
ことです。口で言うのは簡単ですが、いざ受験が迫ってくると、なかなかできないのが現実です。

酒井さんのお母様は、これをしっかり実践してくださいました。その結果見事受験に合格できたわけです。

中学3年生で5教科合計56点UP(中学3年生:日高さん)


※スマホ拡大図※


日高さんは2017年の6月に、私の定期テスト対策プログラムと高校受験対策プログラムに、参加していただきました。

その後10月に行った私の勉強会にも、参加してくださいました。すると次のテストでいきなり、5教科の合計点が56点上がりました。

中学3年生の2学期は、中学校生活の中で最も成績が上がりにくい時期です。そのタイミングで大幅上昇は、高校受験成功に大きく近づく前進だと思います。

基礎を徹底的に固めた結果大幅上昇

なぜ日高さんのお子さんが、この大事な時期に短期間で、大幅にテストの点数が上がったのでしょうか?

実は夏休みの勉強方法に秘密があります。日高さんからいただいた感想はこちらです。

 

合格の秘密の教材を見て基礎ができてないからだと思い、夏休みは基礎を中心にやらせました。

数学は●●●●●の1~3年分を購入し、一年生からやり直させ、英語は学校の補習で音読とリスニング中心のものがあったので(ほぼ毎日の宿題と補習の予習復習が参加条件でした)を受けさせ、国語は学校の漢字ドリルをやらせました。

三教科だけ中心に、数学は夏休みだけでは予定していたところまでは終わらせられませんでしたが、基礎をやり直した成果なのか、二学期の中間では5教科で56点上がりました。

夏休みに、数学の基礎を徹底的にやらせたということです。なぜこれで点数が上がるのでしょうか?

実は特にからくりはありません。多くの子が基礎ができていないのに、応用問題をやっています。

学校の問題集がわからない状態で、塾に通い塾の問題集をやるのは、その典型例です。

どっちつかずになり、成績が上がらなくなるのです。日高さんはそのやり方を捨てて、徹底的に基礎固めからスタートしました。

その結果2学期以降、成績がグングンあがるのです。おそらく次のテストも上がると思います。

素敵な成果を送ってくださった日高さん親子、本当にありがとうございました。

5教科の順位が99位⇒77位⇒59位と上昇(中学1年生:安藤さん)


※スマホ拡大図※


安藤さんは2017年の今年の6月に、私の定期テスト対策プログラムに参加してくださいました。

1学期最初のテストでは、99位だった順位が、59位まで上がりました。4か月で、順位が半分になっています。

なぜここまで短期間で結果が出たのか。実はお母さまの声掛け法に秘密があります。

勉強しなさい!を一切やめた

お母様から頂いた感想を紹介します。

塾には行きたくないと言ったので家庭で勉強出来るように高額な教材を買ってありましたが全くと言っていいほど役に立ちませんでした。

そんな時に先生のことを知り、とても救われました。

焦っていた時はよく「勉強しなさい」と言っていましたが、私の心が落ち着き「勉強しなさい」と言わなくなった途端、逆に娘は勉強するようになりました。

そして私も「こうするといいみたいだよ」と具体的にアドバイスすることができとても嬉しいです。

 

行ったことはたった一つ。「勉強しなさい」という言葉をやめただけです。

シンプルだと思いませんか?もちろん全員が全員、勉強しなさいという言葉を、やめるだけで成績が上がるわけではないです。

感想には書いていませんが、おそらく安藤さんのお母様は、日頃からお子さんに愛情をたくさん注いでいるのだと思います。

愛情100%で子どもに向き合い、上手に勉強のサポートをする。これこそ短期間で成績を上げる秘密です。素敵な成果を送ってくださった安藤さん親子本当にありがとうございました。

5教科の合計点が72点UP(中学2年生:斎藤さん)


※スマホ拡大図※


斎藤さんは2017年の春に、私の定期テスト対策プログラム、夏に高校受験対策プログラムに参加してくださいました。

その結果、今回のテストで合計点が72点UPしました。順位は出ていないのですが、平気点を考えてもかなり上がっていると思います。

ではなぜ斎藤さんのお子さんは、一気に70点上がったのでしょうか?

子育て方法が素晴らしく親子関係が良好

斎藤さんのお母様は、お子さんに対して愛情100%で、接することができています。

ですので子どもへの接し方は、あまりアドバイスしていません。ご褒美の設定方法を少しアドバイスして、勉強方法の部分をアドバイスしました。

親子関係が良好だと、勉強方法のアドバイスをすぐに生かすことができるので、短期間で成績が上がったわけです。ちなみにお母さまから頂いた感想は、以下のようなものでした。

道山先生の教材を読んで、特になるほどと思ったところが国語の《先生が問題文を考えているわけではない。問題集の答えをそのまま使っている》という点です。

また、漢字や文法は必ず出るという点も改めて再認識して ワークを繰り返しやって、漢字や文法も勉強した結果32点だった国語が61点に上がりました!

少し勉強方法を変えただけで、国語が2倍になっています。既に良好な方だと、本当に成績はすぐに上がるわけです。

素敵な成果を送ってくださった、斎藤さん親子本当にありがとうございました。

学年順位が11位UP(中学1年生:磯部さん)


※スマホ拡大図※


磯部さんは最初、親子で私の勉強会に参加してくださいました。その後2017年の9月に、私の定期テスト対策プログラムに、参加していただきました。

その後お子さんへの接し方を変えていった結果、2学期のテストで見事学年順位11位UPを達成されました。

ついカッとなる気持ちを抑えた子育て法

磯部さんのお子さんは、ゲームが大好きです。それに対してお母さまが、イライラしていたことで、親子関係が悪化していました。お母様自身もそれに悩まれていました。

そこで最初に行ったのが、イライラしないように気持ちをコントロールすることです。

次に「許してよいわがまま」と「ダメなわがまま」を伝えました。無条件の愛で接することは大事なのですが「ダメなわがまま」まで許すと家庭は崩壊します。

そうなってからでは遅いので、判断基準を伝えて向き合っていただきました。最後に少しだけ勉強方法を伝えました。

勉強方法の部分は本当に少しで、ほとんどは子どもへの向き合い方です。

磯部さんのお母様は、それをきちんと実践してくれたため、今回お子さんが期待に応えてくれたのだと思います。

素敵な成果を送ってくださった磯部さん親子、本当にありがとうございました。

過去最高得点達成(中学3年生:河本さん)


※スマホ拡大図※


1年前私の定期テスト対策プログラムに、参加していただき少しずつ、成績が上がってきました。

1年間で少しずつ成績が上がり、3年生の1学期最後のテストで、過去最高得点を達成しました。

3年生は、最も成績が上がりにくい時期ですが、ここで成果が出たのは、本当にすごいことだと思います。

無条件の愛×勉強方法の改善=最高得点

実は河本さんのお子さんは、2年生の最後に学校でトラブルがあり、一時的に登校できなくなってしまいました。

学校に掛け合っても、なかなか改善ができなかったため、一時は転校も考えられたほどです。

ただこの時もお母様は、お子さんに100%の愛情で、向き合ってくださいました。

その結果、現在は学校に行くことができています。お母様が無条件の愛で接したからこそ、得られた結果だと思います。またお母様から、

今までは自己流で勉強のやり方がわからなかったけど、道山先生のやり方だったら実績があるので信じてやってみたら成績がアップしたとのことです。

というコメントもいただきました。自己流での勉強をやめて、効率の良い勉強方法に変えたことも、成績が上がった要因だと思います。

素敵な成果を送ってくださった、河本さん親子、本当にありがとうございました。

平均点換算で27点UP(中学1年生:原田さん)


※スマホ拡大図※


原田さんは今年の5月に、定期テスト対策プログラムに、参加してくださいました。

その後次のテストで、平均点換算で27点UPしました。27点と聞くと少なく感じるかもしれませんが、もともとの点数が423点です。

平均85点の子が、各教科5点あげたわけです。これって実はかなりすごいことです。

まだ1年生なので、これからさらに上げていくことも十分可能だと思います。

マニュアル通りの勉強法で成績UP

ではなぜ原田さんのお子さんの成績が上がったのかというと、お母様からいただいた感想を読むとその秘密がわかります。

次の期末テストの前には、道山先生のテキストをさりげなく 手渡してみたら、やる気になって、各教科 、先生の書かれているとおり、出来る限りやってみよう、と 一週間前から 頑張りました。

やったことは、私の勉強法マニュアルを渡しただけです。その結果お子さんがその通り勉強をして、成績が上がったわけです。

ここまで読むと、どんな子でもマニュアルを渡すだけで、成績が上がるのかと思われるかもしれません。もちろんそんなことはありません。

原田さんのお子さんが、マニュアルを渡しただけで、勉強を頑張ったのには秘密があります。

それは日ごろからお母様が、愛情100%で子どもに接していて、上手に動機づけをされた後で、マニュアルを渡したからです。

  • 親子関係を良好にする
  • やる気を引き出すサポートをする
この2つができていたからこそ、今回の結果が出たのだと思います。

素敵な成果を送ってくださった、原田さん親子、本当にありがとうございました。

5教科の合計点が121点UP(中学2年生:福元さん)

 


※スマホ拡大図※


福元さんは2016年の11月に、私の定期テスト対策プログラムに、参加してくださいました。

当日お子さんの反抗期がひどく、成績も右肩下がりの状態で、お母様はかなり悩んでおられました。また塾に通っていても効果を感じられず、悩んでいました。

そこで私のアドバイスを受けながら、愛情バロメータを上げることと、やる気を引き出すことを実践したところ、今回見事、5教科の合計点が121点UPし、学年順位も半分になったわけです。

達成不可能な目標は意味がない

福元さんが成績を上げていくステップは、主に2つの段階がありました。最初は愛情バロメータを上げることで、次が動機づけをすることです。

成績が上がるまでに1年近くかかったのは、それだけ愛情バロメータを上げるステップには時間がかかるということです。

福元さんのお母様は、根気よくこれを実践してくださいました。そして愛情バロメータが上がってきたところで、動機付けのステップを行ったのです。

しかしここでも一つ大きなミスがありました。それは明らかに実現不可能な、目標にしていたのです。

これだと子どもはやる気が出ないので、動機付けは失敗します。その部分をアドバイスし改善したところ、お子さんがやる気を出し成績が上がったわけです。

素敵な成果を送ってくださった福元さん親子、本当にありがとうございました。

5教科合計400点超え!(中学2年生:四元さん)


※スマホ拡大図※


四元さんは、今年の9月に私の定期テスト対策プログラムに参加してくださいました。

その後いきなり次のテストで、5教科の合計点が平均点を考慮すると29点UPし、5教科で400点超えを達成しました。

400点を超える点数をキープできれば、成績もオール4を超えると思います。行きたい高校にも高確率で、行くことができるわけです。

どこまで行っても大事なのは親子関係

私の定期テスト対策プログラムに参加していただいたとき、四元さんが最初に抱えていた悩みは、部活動のことでした。

部活動と成績は関係があるの?と思われるかもしれないのですが、大いに関係があります。

なぜなら子どもというのは、何か一つでも悩みがあると、勉強どころではなくなってしまうからです。

四元さんのお母様は、本当に素晴らしい考え方の方で、部活で悩んでいるお子さんに対しても、無条件の愛で接してくださいました。

その結果お子さんが勉強も頑張れるようになり、良い結果を出すことができたわけです。素敵な成果を送ってくださった四元さん親子、本当にありがとうございました。

5教科合計48点UP(中学3年生:稲森さん)


※スマホ拡大図※


1学期の最後のテストは、5教科合計228点(学年順位26位)でした。

夏休みに私の定期テスト対策プログラムを実践してくださり、夏休み明けのテストで、5教科合計278点(学年順位17位)まで上がりました。

また近々紹介しますが、2017年の春無事第一志望の高校にも、合格できています。

ではなぜ稲盛さんのお子さんは、すぐに結果が出たのでしょうか?実はお母さまの考え方が、非常に素晴らしいのです。

健康面から子どもをサポートした

成果報告の時に、稲盛さんからいただいた感想が、こちらになります。

最初は参考書として購入しました。しかし、開いてみると全然違って、子どもとの接し方や環境・身体、そして心をととのえることの大切さが、こんなにも重要だとは…

実際 朝は野菜ジュース作ったり、まずは親の自分を正したり、色々試していきました。

もちろん勉強面でのサポートも実践してくれていると思います。しかし親ができることって、子どもの心と体を支えることです。

定期テスト対策プログラムの中で「朝食が苦手な子には野菜ジュースを作ってあげると良いですよ」と書いてあります。

稲盛さんのお母様は、それを素直に実践してくださりました。するとお子さんは愛情を感じるので、勉強も頑張れるようになるのです。

 

素敵な成果を送ってくださった、稲盛さん親子、本当にありがとうございました。

5教科合計22点UP(中学2年生:斎藤さん)


※スマホ拡大図※


斎藤さんは、2017年の4月に、私の定期テスト対策プログラムに参加してくださりました。

その後次のテストで、5教科の合計点が22点UPしました。点数でみると伸び幅はそれほど大きくないのですが、

350点を超えている子が20点上げるのは、200点の子が100点あげるのと同じくらい大変なことです。

まだ始めたばかりなので、これからさらに上がっていくと思います。

塾と勉強方法を大きく変えた

なぜ斎藤さんのお子さんが、これほどすぐに結果が出たのかというと、実はお父様の行動力が素晴らしいのです。

この数週間先生のメルマガなどを拝見して、決定的に間違えていたことが2点わかりました。

  1.  ワークの重要性がわかっていなかった
  2.  レベルの高すぎる集団塾に行かせてしまったため
そちらの宿題に追われていた。

これですぐに集団塾をやめ、個別塾に変えられました。この行動力が本当にすごいです。また勉強方法も、学校の問題集中心に変えられました。その結果成績が上がったのです。

学校の勉強レベルが簡単すぎて、もっと上を目指したいという子の場合、レベルの高い集団学習塾に、参加するのも良いことです。

ただそうでない子の場合、集団塾に入れてもついていけず、成績が上がることはありません。斎藤さん親子はそれに気づきすぐに行動された結果、成績が上がったわけです。

素敵な成果を送ってくださった斎藤さん親子、本当にありがとうございました。

第一志望の高校に合格(大迫さん)


大迫さんはもともと、2014年の12月に、私の定期テスト対策プログラムに参加してくださいました。

私が教師を退職したのが、2014年の3月で、今の仕事を始めたのが10月なので、本当に最初のころからの読者です。

その後最初のテストで、定期テストの点数が約90点上がりました!という報告を頂きました。

それからちょこちょこ、受験の相談を頂いたので、アドバイスをしてサポートしました。そして今回めでたく、第一希望の高校に合格することができました。

いずれご褒美なしでも勉強できるようになる!

大迫さんのお子さんが、無事第一志望に合格できたのには、一つ大きな理由があります。

それは以前お母さまからいただいたメッセージを読むとわかります。

 今までは、コンサートやCD等好きなアイドルで釣ってきましたが2学期の期末になってから、もうそんなので釣らんで!頑張らんといかんのはわかってるから!と、言いました。

普段私は、子どものやる気を引き出すためには、ご褒美と目標の設定をするのが良いとお伝えしています。

こういったことを書くと、「そんなことしたらご褒美でつらないと勉強できない子になるのでは?」という不安のメッセージをたくさんいただきます。しかしそれはありません。

大迫さんからいただいたメッセージを読むとわかるのですが、結局ご褒美と目標で引っ張るのは、志望校が決まるまでの間なのです。

志望校さえ決まってしまえば、あとはご褒美なしで勉強を頑張れるようになるのです。大迫さんの場合、

  • 親子関係が良好
  • 子どもが望む進路を見つけることができた
  • 親がそれをしっかりと応援した
という3つがそろったからこそ、ご褒美なしで子どもが勉強を頑張り、無事に第一志望の高校に合格することができたのだと思います。

もしあなたが今、ご褒美で子どもを頑張らせても大丈夫なのか?と不安になっていたら、大迫さんのように、3つのポイントをしっかり押さえるようにしてみてくださいね。いずれはご褒美なしで頑張れるようになるので大丈夫です。

素敵な成果を送ってくださった大迫さん親子、本当にありがとうございました。

5教科合計52点UP(中学1年生:木村さん)

成果報告木村さん
※スマホ用拡大図※

成果報告木村さん
木村さんはのお子さんは、中学校に入学した最初のころ点数が取れていました。ただ勉強が難しくなるにつれ、点数がどんどん下がってきました。

そんなとき、私の定期テスト対策プログラムに参加してくださいました。

最初のうちは、体調の関係で勉強ができなかったのですが、無事1年生の最後のテストで、5教科の合計点を52点あげることができました。

いわゆるV時回復という感じです。きちんとやり方がマスターできた感じなので、今後はさらに上がっていくと思います。

当たり前のことをコツコツ実践する

ではどうして木村さんのお子さんは、成績を上げることができたのでしょうか?お母さまから送っていただいた感想を読むと、その答えがわかります。

3学期の試験勉強をするにあたって実行した事は、
・学校のワークを繰り返し解く(最低3回)
・教科書を読む
でした。机の横に各教科の勉強のやり方を抜粋して書き出して、すぐに見えるようにしました。

教科書とワークについては、声を出して読む事で脳に言葉を響かせる事を意識して何度も行いました。

やっていることは、勉強方法を確認してから勉強することと、ワークを繰り返すことと、教科書の音読をすることです。

非常にシンプルですよね?シンプルだからこそ、結果が出ます。

素敵な成果を送ってくださった木村さん親子、本当にありがとうございました。

1年間で評定平均が2.4UP(中学2年生:利根川さん)

成果報告利根川さん
※スマホ用拡大図※

成果報告利根川さん
利根川さんのお子さんは、昨年度の12月から不登校気味になり、私のメルマガを読み始めてくださいました。

その後2月に教材を購入してくださったり、12月には親子で勉強会にも、参加をしてくださいました。

その結果、この1年間で成績がグングン上がり、評定平均が4.7から7.1まであがりました。

愛情バロメータの上昇が成績UPのカギ


ではどうして利根川さんは、1年間でここまで内申点が、あがったのでしょうか?

その秘密は、お母様から頂いた感想を読むとわかります。

親が考え方を変えるのに時間がかかりましたが、愛情バロメーターをあげ、良好な親子関係を保てるよう心がけてきたことが、

子どもの登校再開や勉強への頑張りにつながり、今回の結果にあらわれたと思っています。

やるべきことって、非常にシンプルですよね?ただ愛情バロメータをあげる。

その結果、お子さんが再登校できるようになり、成績も上がったというわけです。結局成績を上げる上でも、愛情バロメータが大事になってくるというわけなのです。

素敵な成果を送ってくださった利根川さん親子、本当にありがとうございました。

体調不良で受けたテストで5教科合計26点UP(中学2年生:窪田さん)

成果報告窪田さん
窪田さんは、2016年12月に、私の教材を購入してくださいました。その後次のテストで、確実に点数アップすることができました。

「えっ?そんなに上がってないじゃん」と思われるかもしれないのですが、実はインフルエンザの中受けたテストでした。

だから全然全力を出し切れていないという状態なんですよね。むしろ下がるのがふつうという状態。それなのに確実にUPしているので、次回は更に上がると思います。

体調管理も実力のうち


せっかくなので、一つ大事なお話をしようと思います。今回窪田さんのお子さんは、中学2年生だったので大丈夫でしたが、もし3年生だったらかなり大変でした。

というのは、3年生の最後のテストでインフルエンザにかかり、実力を発揮できなかったら、それで志望校に落ちることがあるからです。

そこまで考えると、体調管理も実力のうちだと言えます。来年度3年生になる方たちは、特に体調管理を意識してくださいね!

素敵な成果を送ってくださった窪田さん親子、本当にありがとうございました。

英語で90点を達成(中学1年生:井田さん)

成果報告井田さん
※スマホ用拡大図※

成果報告井田さん
井田さんは昨年の夏に、私の教材を購入してくださりました。教材購入前は平均点に対して-36点という状況でした。

その後親子で教材を実践していただき、今回見事平均点+17点まで点数を上げることができました。

本当にきれいな右肩上がりなので、おそらく来年度はさらに成績が上がっていくと思います。

また一番上がりにくい英語で、90点を超えてきているのは、かなりすごいです!

井田さんのお子さんの成績が大きく上がった理由

ではどうして井田さんのお子さんは、成績を上げることができたのか?頂いた感想を読むと、その秘密がわかります。

  • 問題集を3回すること
  • 答えがわからなくても解答を見て覚えること
  • 我が子を信じプラスの言葉を言うこと
などを心がけてきました。それが実践できた教科は上がりました。

また、通知表も4の数が増え喜んでいます。本当にありがとうございました。

この感想を読むとわかるのですが、実践されていることって、非常にシンプルですよね?

私の中では、一番下の「子どもを信じる」というのが、一番効果的だったのかなと思います。

子どもって親から信じられると、その期待に応えたいって純粋に思います。しかし親から心配されると、信じられていないと感じその通りの行動をします。

だから私たち大人というのは、常に子どもたちを信じ続けてあげないと、いけないんですよね。

もしあなたが今、お子さんを信じられていない部分があったら、そこを変えてみてください。

それだけでお子さんのやる気にスイッチが入り、勉強を頑張るように変化すると思います。

素敵な成果を送ってくださった井田さん親子、本当にありがとうございました。

学年順位が36位UP!(中学2年生:斎藤さん)

斎藤さんの成果報告
※スマホ用拡大図※

斎藤さんの成果報告
斎藤さんは2016年12月に東京で行った道山流学習法勉強会に、参加をしてくださいました。

>>その時の様子はこちら

その結果、次のテストで、5教科の合計点が117点アップし、学年順位も79位から43位へと、36位あがりました!

学年順位がほぼ半分になるというのは、本当にすごいことだと思います!

なぜ斎藤さんのお子さんの成績はすぐに上がったのか?

ではどうして斎藤さんのお子さんは、すぐに成績を上げることができたのか?送っていただいた感想を読むと、その答えがわかります。

定期テストの順位が上がりました!12月の東京勉強会に参加して、自分の勉強法を見直し、やる気をもらえたのが成績アップに大きく繋がったと思います!

道山先輩に報告ができて嬉しいです!次はもっと順位を上げられるように頑ります。

これは娘さんから直接頂いたものです。ポイントは勉強法、やる気の2つだと思います。

勉強方法を見直す
どれだけ独学で勉強をしていても、成績が伸びるのには限界があります。正しいやり方をマスターしない限り、効率良く成績を上げることはできないのです。

斎藤さんは私の勉強会に来て、それを体で学んで頂きました。だからこそすぐに成績がアップしたのだと思います。

なお効率の良い勉強法は、こちらの記事にもまとめてあるので、一度参考にしてみてください。
>>道山流効率の良い勉強法はこちら
やる気をアップさせる
何でもそうなのですが、ネットで見ているだけの情報と、実際に体で学んで頂く情報には、大きな差があります。

勉強会に参加をして頂くと、いつも話している内容と同じであっても、頭に入ってくる質が変わります。

その結果、行動できるようになります。勉強へのやる気も同じで、参加をして頂くだけでやる気アップに繋がります。

斎藤さんのお子さんは、元々やる気があった状態だったのですが、勉強会に来やる気がさらにアップしました。だからすぐに結果が出たのかなと思います。

素敵な成果を送ってくださった、斎藤親子、本当にありがとうございました。

中2の2学期に数学が2.5倍にUP(中学3年生:杉本さん)

成果報告杉本さん
※スマホ用拡大図※


杉本さんは昨年の6月に私の教材を購入してくださり、その後8月の勉強会にも参加をしてくださいました。

その後少しずつ成績が上がってきて、今回のテストでは数学が25点から61点に、5教科の点数が130点から201点に大きく上がりました

数学だけでみると、25点から61点に上がっています。

数学という教科は、1年生からの積み重ねで勉強が進んでいきます。だから今までさぼっていると、成績を上げるのはかなり大変です。

しかし杉本さんの場合、数学で2.5倍の点数になっているので、かなり頑張ったテスト結果だと思います。

※道山流の数学勉強法はこちらの記事で詳しく解説しています。

>>数学の成績を上げる方法

なぜ杉本さんのお子さんの成績は上がったのか?

ではどうして数学という難しい教科の点数を大きく成績を上げることができたのか。その秘密は杉本さんのお母様から送っていただいた成果報告を読むとわかります。

先生の教材を買うまでは、つい口うるさく勉強のことを言ってしまい、親子ゲンカが多かったのですが、

先生の教材を読ませていただいてからは、なるべく勉強のことは控えて、子どもとの関係を良くしていくようにしてみました。

少しずつ娘も私の話しも聞くようになってきてくれて、そろそろいい頃かなと思ったので、

夏休みの先生の勉強会に親子で参加させていただきました。



このように、毎日勉強のことばかり言っていると親子関係が悪くなり子供はさらに勉強しなくなります。

しかし杉本さんのお母様は、あえて勇気を出して勉強のことを一切言わなくしました。

その結果親子関係が劇的に良くなり、お子さんが自ら勉強を頑張るようになったわけです

またちょうどお子さんがやる気が出てきた時に、私の勉強会に参加していただいたというのも良いきっかけだったと思います。

もしあなたが現在お子さんに対して、毎日勉強のことばかり言っていて、お子さんがやる気になっていないとしたら、

少しだけ勇気を出して、しばらくの間勉強の話を一切しないようにする良いかと思います。

親子関係が良好になってきて、きちんと目標とご褒美を設定すれば、子ども自ら進んで勉強頑張るようになります。それを証明してくださったのが杉本さん親子だと思います。

素敵な成果を送ってくださった杉本さん親子本当にありがとうございました。志望校に合格できるよう最後まで勉強を頑張ってください。

学年順位が17位UP!(中学2年生:野村さん)

成果報告野村さん
※スマホ用拡大図※

成果報告野村さん
野村さんは昨年の7月に私の教材を購入してくださいました。

その後夏休み明けのテストで、いきなり学年順位が15位、合計点は82点アップしました。特に理科が23点から48点になり、国語も31点から57点に上がりました。

野村さんのお子さんが成績UPした理由

どうして野村さんはこんなに短期間で成績を上げることができたのでしょうか。その秘密は野村さんのお母様が送ってくださった感想を読むとわかります。

娘はテスト勉強のやる気はとてもあり頑張っているわりには結果が出ず、1学期の期末試験の結果を見て、

「これではせっかくのやる気がなくなってしまう、なんとか結果を出せるようにしてあげたい」と色々検索していたときに、

道山先生のブログを見つけ、親子で頑張ってみようと始めました。



このようにやる気があるのに成績が上がらないこというのは、勉強方法が間違ってることが多いです。

そういった子の場合、勉強方法を少し変えるだけですぐに成績が上がります。

野村さんのお子さんはまさにこのパターンだったといえます。またこんな感想もいただきました。

娘は年の離れた1歳の双子の妹がおり、とても可愛がってくれるのですが、集中力が欠けるのと、塾へ行っているものの、

勉強のやり方がわかっていないと感じていたので、行ける日は図書館や塾の自習室で勉強出来るようにしていきました。



このように集中力が低い子の場合、勉強する場所を変えると一気に成績が上がることがあります。

もしあなたのお子さんが今集中力がなかなか出ず成績が上がっていないとしたら、勉強する場所少し工夫してみるとすぐに成績が上がることがあります。是非参考にしてみてください。

素敵な成果を送ってくださった野村さん親子本当にありがとうございました。

順位が44位から4位にUP(中学2年生:渡辺さん)

渡辺さんの成績表
※スマホ用拡大図※

渡辺さんの成績表
渡辺さんは昨年の12月に、私の教材を購入していただき、その後12月末のテストで早速成績が大きく上がりました。

順位も44位から4位へとありえないくらい上がり、平均点も72点から86点に上がっています。

なぜ渡辺さんの息子さんは成績が大きく上がったのか?

ではどうして渡辺さんの息子さんは、大きく成績が上がったのか?実は渡辺さんの息子さんは、非常素直な方です。

だから私の教材に書いてある内容を本当にそのまま実践してくださいました。その結果成績が大きく上がったというわけです。

これは子どもだけではなく大人にも言えることですが、すぐに結果が出る方というのは、本当に素直です。

私が、「●●という本がおすすめです」と伝えると翌日には「買いました」と連絡が来て、1週間後には「読み終わりました」と連絡が来ます。

それくらい素直な方のほうが、成績が上がるのも親子関係が良好になるのも早いわけです。もし私が今までに、
  • メール講座
  • 教材
  • メール相談
  • LINEやyoutubeのコメントでの相談
アドバイスをした内容が、まだできていないことがありましたら、まずはそこから始めてみると良いかと思います。

素敵な成果を送ってくださった渡辺さん親子、本当にありがとうございました!

中3の12月のテストで5教科合計400点を達成(中学3年生:酒井さん)

酒井さんの成績表
※スマホ用拡大図※

酒井さんの成績表
酒井さんは現在中学3年生です。この時期の3年生はみんな受験前なので、いつも以上に勉強を頑張ります。すると平均点が上がってしまいます。

そこで教師たちは、あえていつも以上に難しいテストを作ります。酒井さんの学校もおそらくこのパターンだったので、テストの平均点が19点も下がっていました。

にもかかわらず、今回のテストで27点アップし、見事400点を超えることができました

酒井さんの息子さんの成績が上がった理由

酒井さんのお母様は、とにかく親子関係を良好にするように、意識をしてくださいました。

そのために、毎日私の日刊メルマガやLINEの記事を読んでくださりました。

その結果親子関係が良好になり、お子さんの勉強に対するやる気が、グーンと上がりました。

親ができることは愛情バロメータを上げること

親という立場になると、どうしても「どのように子どもの勉強をサポートすべきか」と考えてしまいます。

もちろん子どもの勉強をサポートするのは、親として非常に大事なことです。ただそれ以上に「親子関係を良好にする」方が子どもは勉強に対してやる気を出します。

だからまず最初にやるべきことは、子どもへの向き合い方を変えることなのです。

もし今あなたが子どもに対して、毎日「勉強しなさい」と言っているとしたら、まずはそれをやめてみてください。

そして子どもが親に求めていることをできる限りやってあげてください。すると愛情バロメータが上がるので、結果として成績も上がるようになります。

素敵な成果を送ってくださった酒井さん親子、本当にありがとうございました。

教材購入後2か月で5教科が50点UP(中学2年生:若尾さん)

成果報告若尾さん
※スマホ用拡大図※

成果報告若尾さん
若尾さんは今年の10月に、私定期テスト対策教材を購入してくださいました。その後わずか2か月で5教科の合計点が、50点アップしました。

特に暗記系科目である、社会と理科が大きく上がっているので、しっかりと道山流学習法を、実践してくれたのかなと思います。

若尾さんのお子さんはなぜ点数UPしたのか?

ではどうして若尾さんのお子さんは、わずか2か月で点数アップをしたのでしょうか?お子さんからいただいた感想を読むと、その答えがわかります。

僕は道山先生の勉強方法をやって点数が上がりました。例えば提出物のプリントを暗記したり計画を立てたりと僕が以前は実践してなかったことばかり書いていました。

これはお子さん本人が、送ってくれた感想の一部なのですが、簡単に言うと今までしてきた勉強法を180度変えたということです。

やる気があるのになぜか成績が上がらない、という中学生は多いです。この場合、高確率でやり方が間違っています。

これは是非お子さんに伝えていただきたいのですが、間違った方法で勉強を続けていても、効率よく成績を上げることはできません!

その場合、まずは私の成績UP無料メール講座や、道山流!中学生の勉強方法に沿って、勉強方法を変えてみてください。それだけですぐに成績は上がります!

素敵な成果を送ってくださった若尾さん親子、本当にありがとうございました。

学年順位が20位UP(中学1年生:川端さん)

成果報告川端さん
※スマホ用拡大図※

成果報告川端さん
川端さんのお子さんは、もともと5教科の順位が85位でした。その後教材の内容を実践していただき、今回見事65位までアップしました。

実はもともと川端さんのお子さんは、集中力がないことで悩んでいました。

そこで私が集中力をアップさせる勉強法を伝えたところ、最近それが少しずつできるようになってきて、今回見事に結果が出た形になります。

川端さんのお子さんの集中力をUPさせた方法とは?

ではどういった方法を使って、川端さんのお子さんは、集中力を上げることができたのか?

お母さまからいただいた成果報告を読むと、その秘密がわかります。

机に2、3時間向かうのですが、なかなか勉強出来ず、シャーペンや消しゴムをいじってしまったりします。

そんな息子にどうしたものかと思って道山さんにメールで相談させてもらって、15分からでもいいからタイマーを使ってやればいいと教えて頂きました。

一言でいうと、集中できる限界の時間に合わせて、タイマーをかけ、その時間まで勉強をするという方法です。

最初の段階で、その時間を15分にセットしていただき、15分の勉強を繰り返すように、私はアドバイスしました。

タイマーを使うとなぜ集中力が上がるのか?

人間というのは不思議なもので、「あと1時間も勉強しないといけない」と考えるとだらだらしてしまいます。

「最後の15分で頑張ればいいや」と体が自然に判断してしまうので、最初の45分はだらだら勉強に、なってしまうわけです。

しかし15分だけタイマーをかけ、カウントダウンが見える状態で勉強すると、「あと15分しかない」「やれるだけやってみよう」という気持ちになります。

その結果集中力が、大きくアップするわけです。

もし今お子さんの集中力が、1時間持たないという状態であれば、まずは15分から30分タイマーをかけ、勉強をしてみてください。

きっと今よりも効率よく、成績を上げることができるかと思います。素敵な成果を送ってくださった川端さん親子、本当にありがとうございました。

中学3年生の土壇場で5教科128点UP!(中学3年生:佐々木さん)

成果報告佐々木さん
※スマホ用拡大図※

成果報告佐々木さん
佐々木さんは今年の7月に、私の教材を購入してくださいました。その後次のテストでいきなり、5教科の合計点が128点アップしました。

中学3年生の2学期という時期は、おそらく中学3年間で最も成績が上がりにくい時期です。

なぜならこの時のテスト次第で、志望校が決まることが多いからです。そういった状況の中、128点アップはかなりすごいと思います!

佐々木さんはなぜ成績が上がったのか?

ではどうして佐々木さんは、最も成績が上がりにくい時期に、100点以上も成績を上げることができたのか?

今回佐々木さんのお子さんから、教材を使ったときの感想を送ってもらったのですが、その中に成績が上がったポイントが隠されていました。

僕は行きたい高校があり成績を上げなくてはならなかったが今まで勉強をした事がなくどうして良いのかわからなかった。

母が先生の本を買ってくれてアドバイスをしてくれたが少ししか実践しなかったので中間テストは思うように点を取る事が出来なかった。

その反省とし2学期期末テストでは細かく計画を立てワークを3回以上する事をきちんと実施した結果、1学期期末テストから128点も上回る事が出来た。

成績を上げなければいけない理由があった!

一番重要なポイントは、「行きたい高校があり成績を上げなければならなかった」という部分です。

極端な話ですが、もし次のテストで400点以上取れなかったら、命がなくなるといわれたら、死に物狂いで勉強しますよね?

おそらく99%の子が、400点以上取れると思います。これと同じ原理で、人間は明確な目標を持つと結果が出ます。

今回佐々木さんは、志望校に合格するために、絶対に成績を上げないといけないという状況でした。

ただやり方がわからなかったのです。そこで私の教材を活用し、その方法を実践したところ、成績が上がったというわけです。

もしあなたが今、なかなか成績が上がらないという状況なら、一度なぜ成績を上げないといけないのかを考えてみてください。

それが見つかれば、成績は自然に上がるので大丈夫です。

素敵な成果を送ってくださった、佐々木さん親子、本当にありがとうございました

学年順位が10位UP!(中学1年生:横山さん)

成果報告横山さん
※スマホ用拡大図※


横山さんは1学期の終わりに私の教材を購入してくださいました。その後初めてのテストで、5教科の合計点が44点、学年順位が10位アップしました。

まだ1年生なので、これから道山流学習法をしっかり実践していけば、おそらく今後は400点以上が当たり前に取れる状態になると思います。

なぜ横山さんの成績は上がったのか?

ではどうして横山さんは短期間で成績を上げることができたのか?実はお母さまからいただいた感想を読むと、その秘密がわかります。

今回は私も一緒に勉強をサポートしました。英語の音読を手伝ったり、コピーしたりしました。

本人もヤル気になり頑張っていましたよ。英語は何回も教科書を音読して覚えました。

どの部分かわかりますか?一番最初の「私も一緒に勉強をサポートした」という部分です。実はここが成績がすぐに上がったカギになります。子どもは2種類に分かれます。

  • 親に勉強を手伝ってもらいたいタイプ
  • 自分で勉強をしたいタイプ
の2つです。横山さんの娘さんは前者だったので、お母さまは一生懸命、お子さんの勉強をサポートされました。

その結果、親子で一緒に目標に向かって勉強を頑張るというスタイルを作ることができ、めでたく成績が上がった!というわけです。

子どもが望む限りできるだけ勉強をサポートしよう!

さすがにあなたのお子さんが、「手伝ってほしくない」と思っているなら、無理に勉強を手伝う必要はありません。

ただ「何か手伝うことある?」と聞いてみて、手伝ってほしいことがあるなら、できる限りそれを手伝ってあげてください。

これこそが、最短最速で成績を上げる秘密になります。またこの方法だと、勉強をさせるという形にならないので、愛情バロメータは下がらないので大丈夫です。

ぜひあなたも、佐々木さん、横山さんの成果報告を参考にしながら、今足りていない部分を細くしてみてくてください。

素敵な成果を送ってくださった、横山さん親子、本当にありがとうございました。

5教科449点達成(中学2年生:島田さん)


※スマホ拡大図※


島田さん親子のすごいところは、きちんと親子関係から修正して、成績を上げていったことです。

というのも、頂いた感想の中に、こんなフレーズがありました。

中学生になって部活が忙しくなり、学校から帰るとご飯、お風呂、時間割をして寝る…の繰り返しでテストが近くなってもエンジンがかからないようなかんじでした。

そんな姿を見ていると親の方が焦ってしまい、少しでも覚えて欲しくて一所懸命勉強を教えるのですが、本人も最初のうちは熱心にやるのですが、

結局集中力は続かず、そのうちに口喧嘩になりやる気が全く無くなってしまったりと一時期本当に険悪なムードが家中漂っていました。

これはどの家庭にもよくある「部活が忙しくて寝てしまう⇒親がイライラ⇒勉強しなさいという⇒親子関係が悪化」という悪循環です。

ここでお母さまが、一旦成績は置いておいて、愛情バロメータを上げることに集中しようと意識することができると成績は上がります。

しかしいつまでも「勉強勉強」と言ってしまうと、親子関係はさらに悪化して、成績も上がらないわけです。

島田さんのお母様は、ここがきちんとできたからこそ、今回大きく成績を上げることができたのだと思います。

素敵な成果を送ってくださった島田さん親子本当にありがとうございました。

全教科成績UP(中学1年生:小林さん)


※スマホ拡大図※


小林さんのお子さんのすごいところは、平均点が6点しか上がっていないにも関わらず、全教科の点数が上がっていることです。

成績を上げるうえで、最初にやるべきことは上がりやすい教科に絞り点数を上げていくことです。

その後自信がついてきたら、苦手な教科の対策をしていくと、効率良く点数を上げられます。

しかし小林さんは最初から、5教科全ての対策をされました。これをするためには、勉強量を増やさないといけません。

きっとお母さまが協力して、親子で取り組んでいったのだと思います。その結果全教科で成績アップという成果を出すことができたのだと思います。

素敵な成果を送ってくださった小林さん親子、本当にありがとうございました。

勉強しなさいを辞めた結果過去最高順位達成(中学2年生:八巻さん)

八巻さんの成果報告
※スマホ用拡大図※

八巻さんの成果報告
八巻さんのお母様は、元々2016年の夏休み頃に、私の定期テスト対策プログラムに、参加をしてくださいました。

その後すぐに成績が上がったのですが、また下がってしまいました。ここでお母様が再度やり方を見直して、2年生最後のテストで過去最高順位になりました。

常に30番~40番台の順位だったのが、いきなり19番まで上がっているので、本当にすごいことだと思います。

勉強しなさいと辞めただけで成績UP

ではどうして八巻さんのお子さんは、これほどまでに成績を上げることが、できたのでしょうか?

その秘密は成績アップ後に送ってくださった、感想を読むとわかります。

先生の教材をひと通り読み自分の子どもへの接しかたを見直しました。自分も干渉し過ぎていました。

特に定期テスト前になると子どもより自分がピリピリしてましたが、子ども自身がやる気になると勉強に取り組む姿勢も変わり今回3学期の期末定期テストは今までで順位としては1番良かったです。

なるべく勉強しなさいとストレートには言わないように意識しました。子どもから受験の話やテスト前問題を出してと言われたときは付き合ったりしました。

一言で言うと、「勉強しなさい」というのをやめ、テスト期間のピリピリした雰囲気を辞めるだけです。

もちろん本当は細かいところも、いろいろサポートしているとは思うのですが、一番意識をされたのがこの2点です。

なぜ勉強しなさいと言わないと成績が上がるのか?

ではどうして勉強しなさいというのをやめると、成績が上がるのか?

これは逆の立場になるとわかるのですが、毎日仕事であれやれこれやれ言われていたら、やる気がなくなりますよね?

でも何も言わず、「何かできることがあったら言ってね」という声掛けをされていたら、逆に頑張ろうって思いませんか?

子供も同じなんです。あと親が家でずっとピリピリしていて、「うちの子勉強しているかな?」と見張っていたら、これもストレスたまりますよね。

もしあなたが今、こういった対応をしているとしたら、一度勇気をもって何も言わない形に、変えてみてください。

これだけで、お子さんのやる気はアップすると思いますよ。

素敵な成果を送ってくださった八巻さん親子、本当にありがとうございました。

子どもが望むサポートをして学年順位が2桁に!(中学2年生:岩井さん)

成果報告岩井さん
※スマホ用拡大図※

成果報告岩井さん
岩井さんは、2016年11月に私の定期テスト対策プログラムにご参加くださいました。

その後1月のテストで、いきなり学年順位が3桁から2桁まで、大きく上がりました。

3桁と2桁って、子どもの気持ち的に、「自分はできる子」と思うか、「自分はできない子」と思うかが、大きく変わってくるラインなので、これはかなりすごいことだと思います。

子どもが望むサポートをすると成績が上がる

ではどうして岩井さんのお子さんは、成績が上がったのでしょうか?その秘密は頂いた感想を読むと、わかります。

 

1人では難しいと判断し、1月確認テスト前の冬休みには、一緒に計画を立て、親がワークのコピーを取り、1日のやる分をファイルに挟んで、毎日その日の分を渡してやりました。

以前はわからない問題を質問されれば教えるだけで、基本は任せて自分でさせていましたし、もしコピー取ってほしいと言われても自分でするように言ってたと思います。

子供が望むことをするというスタンスで協力したところ成績が上がる結果につながったと思います。

 

今までは、ただ問題を教えていただけだったのに、コピーを取ったりするなどの雑務まで、親が手伝うようにしたということです。

こういった対応をすると、子どもの意識が大きく変わります。ただやらされているという感覚から、親子で一緒に勉強をしているという感覚になります。

その結果、愛情バロメーターが大きく上昇し、成績も大きく上がるわけです。

もしあなたが今、お子さんにただ勉強を教えるだけのサポートをしているとしたら、

さらに踏み込んだサポートに変えてみてください。※もちろんお子さんが望む場合のみですが。

それだけでお子さんのやる気が大きく変わる可能性がありますよ。

素敵な成果を送ってくださった岩井さん親子、本当にありがとうございました。

ADDにもかかわらず偏差値が7UP!(中学2年生:浜田さん)

成果報告浜田さん
※スマホ用拡大図※

成果報告浜田さん
浜田さんは、昨年の10月に私の定期テスト対策プログラムにご参加くださいました。当時の偏差値は41でした。

それから、プログラムの内容をしっかり実践していただき、次のテストで偏差値44.9、学年末テストでは偏差値48.1まで上がりました。

わずか2回のテストで、偏差値が7上がるというのは、本当にすごいことだと思います。

話をひたすら聞いただけ?

ではどうして浜田さんのお子さんは、ここまで短期間で成績を上げることが、できたのでしょうか?

その答えは、浜田さんのお母様からいただいた、感想を読むとわかります。

私が何をしたということはとりたててない気がしますが、彼が明るくよく話をするようになり、私との関係もとてもよくなったように感じています。

なかなか劇的に上がらないのと、山のような宿題に、彼がくじけそうになって愚痴を言うこともありますが、

私はただ相づち打ちながら、もう一回道山先生の本読んでみたら?と言ったりしながら、聞いてやっています。

お母さまが行ってくださったこと。それはひたすら相づち打ちながら、子どもの話を聞くということです。

これをすると、どうして成績が上がるのかわかりますか?答えは「子どもの心のストレスが解消されるから」です。

結局子どもたちって、学校で先生に叱られたり、友達から嫌なことを言われたりして、毎日ストレスを抱えているわけです。

それを解消する唯一の手段が、親に話を聞いてもらうってことです。浜田さんのお母様は、今回それをしっかりやってくださいました。

その結果ストレスが解消されるため、机に向かうことができるようになったわけです。何においても愛情バロメーターを上げることが、大事だとわかる成果報告だと思います。

もしあなたが今、毎日「勉強しなさい」ばかり言って、逆にストレスをためさせているとしたら、まずはそれをやめてください。

そして子どもの話を、ひたすら相づちを打ちながら、聞いてあげてください。

その方がやる気が出るので、成績が上がるスピードは速くなると思いますよ。

素敵な成果を送ってくださった浜田さん親子、本当にありがとうございました。

教材実践後1ヶ月で5教科合計29点UP!(中学1年生:渡辺さん)

成果報告渡辺さん
※スマホ用拡大図※

成果報告渡辺さん
渡辺さんは、元々2017年の1月末に、私の定期テスト対策プログラムに参加してくださいました。

長い間家庭教師や個別塾を活用していたのに、全く成績が上がらず悩んでいて、それで道山流学習法を実践する形になりました。

最初はスマホやゲーム依存が酷かったのですが、お母さまがしっかりと愛情バロメーターを上げ、上手に動機づけをした結果、お子さんがすぐにやる気になりました。

そして今回見事、点数が大きく上がりました。

なぜ短期間で結果が出たのか?

ではどうして渡辺さんのお子さんは、短期間で成績が大きく上がったのか?その秘密はお母さまからいただいた、感想を読むとわかります。

道山先生を信じて取り組んだので、迷うことなく勉強出来ました。やるべき事が明確に記載されているので、迷うこともありませんでした。

シンプルな感想なのですが、実はここに成績を上げるうえで大事な秘密が隠されています。

それは「迷わず突き進む」ということです。人間にとって迷いというのは、結果が出ない一番大きな理由です。

「本当にこの方法でよいのだろうか?」
「もっと良い方法はないのだろうか?」

こういった気持ちで取り組んでいても、結果は出ないです。

この方法で行くんだ!という気持ちで取り組んだほうが、結果が出るスピードは絶対に早くなります。

もしあなたが今、不安な気持ち私の勉強法を取り組んでいるとしたら、期間を決めて、この期間だけは信じてやる!という想いでやってみてください。

そのほうが結果が出るスピードは早くなります。

素敵な成果を送ってくださった渡辺さん親子、本当にありがとうございました。

内申点44を獲得!(中学1年生:御友さん)


 

御友さんは、もともとお子さんが友達とのトラブルで、不登校になりかけているときに、私のところに相談をしてくださいました。

部活などでいろいろと、悩みを抱えていたようなので、それに対する親の向き合い方を、私なりにアドバイスさせていただきました。

その後お母様が、しっかりと子ども愛情を注いだ結果、勉強も頑張ることができました。そして今回、内申44という素晴らしい成績を、とることができたわけです。

もともと親子関係が良好だったからこその結果

子どもが不登校になりかけたと聞くと、親子関係が悪いように感じるのですが、実は御友さん親子は非常に良好な親子関係です。

なぜそれが言えるのかというと、子どもが学校で悩みができた時、素直にお母さんに話しているからです。

親子関係が悪い家族の場合、子どもが素直に話すことはありません。良好だったからこそ、すぐに解決することができたのです。

勉強面、子育て面なんでもそうですが、全てにおいて親子関係が大事になります。この土台ができていると、オール5の内申点を取るのも可能なのです!

※詳しい内申点の出し方はこちらの記事を参考にしてみてください。
>>内申点のしくみ

素敵な成果を送ってくださった御友さん親子、本当にありがとうございました。

5教科の合計点が463点獲得!(中学1年生:中村さん)


※スマホ拡大図※


中村さんはちょうど1年前に、思春期の子育て勉強会に、参加してくださいました。その後私の、定期テスト対策プログラムにご参加いただきました。

もともと学力は5教科460点と、かなり優秀だったのですが、今回はそれを上回る463点。

さらにすごいところが、平均点が421点から381点に40点以上下がっているというところです。

実質40点以上は、上がっている計算になります。このレベルの点数を取っている中でさらに上がるのはかなりすごいことです。

やる気を出すことができたのが成績が上がったポイント

中村さんなのですが、こちらも親子関係がかなり良好です。

私は毎日10名以上の方の学習をサポートしているので、メールを読めば親子関係がだいたいわかります。

親子関係が良好なので、子どものやる気を引き出すもの、それほど難しくないです。お子さんもかなりやる気がありました。そこで、私が、
  • 社会の気候を覚えるコツ
  • 集中力を保つ方法
などをアドバイスしました。またご褒美にipodを渡すべきかについてもアドバイスをしました。

私がアドバイスしたのは、これだけです。それで成績がさらに上がりました。

親子関係が良好で、すでにやる気がある子であれば、少しポイントをお伝えするだけで、成績が上がってしまうのです。

5教科合計420点達成、学年順位も約半分に!(中学1年生:Yさん)


※スマホ拡大図※


Yさんは今年の夏に、私の定期テスト対策プログラムに参加していただきました。

その後夏休み明けのテストでいきなり、5教科の合計点が54点UPして、420点を達成しました。

300点後半からの50点UPというのは、200点台から100点UPするのと同じくらい難しいことです。

また学年順位も62位から33位と、約30位上がりました。

行ったことはワークを繰り返しただけ

ではなぜYさんのお子さんは、ここまで短期間で成績を上げることができたのでしょうか?行った勉強方法は非常にシンプルです。

ケイ先生のサイトに行き着いたのは、小1から続けていた通信教育に全く手をつけなくなりまた反抗期も重なって急に話をしなくなって困っていた時でした。

ケイ先生の言葉は息子に素直に届いたようで、マニュアルを読んで夏休みにワークを3回やることを目標にがんばりました。

勉強の仕方がわからず時間ばかりかかっていた息子も、ケイ先生のやり方を実践して手応えを感じたようです。

私自身も息子に対する声かけなど反省するところが多々あり、愛情バロメータを意識するようになりました。

頂いた感想を読むと、行ったことは「ワークを繰り返すのみ」だということがわかります。

Yさんのお子さんはまだ1年生です。1年生の場合本当にこれだけで上がります。

ただここで大事なことがあります。多くの子は「ワークを繰り返すだけだよ」と伝えてもそれができません。なぜなら親子関係が良好ではないからです。

Yさんの場合、お母様自身もお子さんに対する声掛けなどを変える努力をしていただきました。

その結果愛情バロメータが上がるので、子どもが素直に勉強するわけです。これが短期間で成績が上がった仕組みです。

素敵な成果を送ってくださったYさん親子、本当にありがとうございました。

5教科合計25点(500点満点なら50点)UP!(中学3年生:本田さん)


※スマホ拡大図※


本田さんはもともと今年の春に、私の定期テスト対策プログラムに参加してくださいました。

最初のころはやる気が出ず、成績も伸び悩んでいたのですが、今回あることがきっかけとなり、やる気がUPしました。

その結果5教科合計で25点UPしました。平均点を見るとわかるのですが、どの教科も25~35点くらいです。

これは500点満点ではなく、250点満点のテストということです。つまり500点満点に換算すると、50点UPしていることになります。

3年生の2学期という、1年で最も大事な時期に50点UPするのは、本当にすごいことだと思います。

3年生は志望校が決まるとやる気が急上昇

ではなぜ本田さんのお子さんは、勉強に対するやる気が出たのでしょうか?お子さんからいただいた感想を読むとわかります。

私は勉強がとても嫌いで机に向かっても、なかなかやる気が出ませんでした。

そこで、母から勧められた、道山先生の教材の中に、夢や目標を決めるとあったので、先ずは志望校を決めることにしました。

自分の今の成績では到底行けるような高校ではないけど、そこではやりたいことが、たくさんあったので、それを叶えるためにも頑張ろうと思いました。

私はいつも、子どもの勉強のやる気を出すには、次の3つのステップが必要だと伝えています。

  1. 親子関係を良好にする
  2. ご褒美と目標でやる気を引き出す
  3. 親が上手にサポートする
の3つです。ただこれは、3年生の夏休みまでです。夏休み以降はステップ2が変わります。

なにに変わるかというと、心の底から行きたいと思える志望校を見つけるに置き換わります。

3年生の場合、志望校が見つかるかどうかで、合否の8割が決まると言っても過言ではありません。

志望校さえ見つかれば、心の底からやる気が出るので、何も言わなくても勉強できるからです。

本田さんは親子で一緒に、お子さんの志望校を考えました。それが見つかったからこそ、お子さんのやる気が出たわけです。

受験まで残りわずかですが、最後まであきらめずに、頑張ってくださいね。

素敵な成果を送ってくださった本田さん親子、本当にありがとうございました。

高等専門学校情報工学科合格!(中村さん)


中村さんのお子さんは、もともとかなり酷い反抗期でした。スマホ依存になり、それを注意したところ親子関係が悪化しました。
  • 家では一切食事をしない
  • 物を投げ家の壁に穴をあける
  • 志望校には「中卒フリーター」と書く
という状態でした。これではまずいと思い、お母様が私の思春期の子育て勉強会に、参加してくれました。

勉強会でお伝えした内容を、きちんと実践してくださったので、愛情バロメータもしっかり上がってきました。

そのタイミングで、高校受験対策プログラムに参加してくださりました。そして今年の3月に見事第一志望の高校に、合格することができたわけです。

※高校受験の勉強法については、こちらのページを参考にしてみてください。
>>高校受験の勉強法

中村さん親子は、親子関係が酷い状態から、どうやって高校受験に合格することができたのでしょうか?

愛情バロメータを上げると自然に志望校を決めるようになる!

今でも忘れないのですが、中村さんのお母様は、思春期の子育て勉強会に参加した後、

帰りの新幹線の中でこんなメッセージを送ってくださいました。

帰りの新幹線の中で、息子と共通の話題を作る為に、パズドラをダウンロード。ゲームしながら帰ってきました。

毎年11月末に行う思春期の子育て勉強会では、愛情バロメータを上げるためのテクニックをいろいろお伝えして、半強制的にやらざる負えない状況を作ります。

その結果、多くの方が半自動的に、愛情バロメータが上がるようになります。

中村さんは非常に素直な方だったので、私がお伝えしたことをしっかりやってくださいました。その結果、愛情バロメータが大きく上がったわけです。

そして先日頂いた感想には、こんなことが書いてありました。

うちに必要なのは、受験のための勉強をするより、正常な親子関係の改善でした。愛情バロメーターが下がっているということでした。

愛情バロメーターを上げるために自分たちの今までの行動を振り返りました。その後、自分で志望校も決め、見事合格しました。本当にありがとうございました。

勉強会が終わった後も、ひたすら愛情バロメータを上げることだけに集中してくださったわけです。

すると中卒でフリーターになると言っていたお子さんが自ら進路を決め、無事第一志望に合格できたわけです。

効率の良い受験勉強法も大事なのですが、やはり土台となるのは愛情バロメータです。

お子さんが今、高校受験に対して投げやりになっていたら、一度愛情バロメータが下がっていないかを、チェックしてみてくださいね。

素敵な成果を送ってくださった、中村さん親子、本当にありがとうございました!

※反抗期対策についてはこちらの記事が参考になると思うので、一度読んでみてくださいね。
>>中学生の反抗期対策

5教科の合計点394点達成!(中学3年生:加藤さん)


※スマホ拡大図※


加藤さんの親子は、2年生の3学期に、私の定期テスト対策プログラムに、参加してくださいました。

しかし最初は信じられなかったのか、プログラムの内容を実践しませんでした。そこでお母様が根気よく内容を伝えた結果、3年生に入り少しずつ実践してくれるようになりました。

そして夏休み前最後の定期テストで、394点を取ることができたのです。勉強は一度コツをつかむと、その後ぐんぐん成績が上がるようになります。

おそらく加藤さんのお子さんも、2学期以降さらに上がると思います。

集団塾から個別塾に変更したのがポイント

さて加藤さんのお子さんですが、どうして400点近くの点数を、取ることができたのでしょうか?

加藤さんのお母さまからいただいた、感想を読むとその答えがわかります。

また、先生にメール相談させていただき、思い切って集団塾から個別に変更しました。

集団塾が悪いわけではありません。ただ自分のレベルに合っていないと、成績は全然上がらないのです。

加藤さんのお母さまはこれを理解して、子どもの学習塾を変えました。これは成績を上げるうえで、大きなポイントになっていると思います。

素敵な成果を送ってくれた加藤さん親子、本当にありがとうございました。

関連記事

  1. 達成感

    脳は達成感を味わうことで強くなる!

  2. 親子勉強

    学習障害の子の勉強サポート法

  3. 壁にプリントを貼る勉強法は効果的か?

  4. 勉強机

    家だと勉強ができない悩みの解決法

  5. 塾

    なぜ子どもが嫌がる塾に無理矢理行かせるのか?

  6. 浅井さんの成果報告

    親子で勉強会に参加し第一志望合格

  7. 成果報告荒井さん

    1年の学期末テストから72点UP

  8. 理科

    中学生の理科の勉強方法まとめました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP