高校受験直前の模擬試験の結果が悪いときは?

模試

先日こんな相談を頂きました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

中3です。リハーサルテストの結果が返ってきたんですが、ひどい結果で、志望校の合格点にとどいていませんでした。

1月なのに結果がひどく、不安で仕方ないです。これからどうすればいいですか?

リハーサルテストというのは、高校受験の模擬試験のことです。地域によって、模試、北信テスト、W合格もぎ、全県模試など呼び方は様々です。

こういった模擬試験で、悪い結果が出てしまったらどうしたらよいでしょうか?実は、こういったとき、非常に大事な考え方があります。

この考え方を頭に入れておけば、直前の模擬試験で結果が悪くても、心配することなくテストを受けることが可能です!その結果、第一志望の合格率も上がるでしょう。

なお本日は中学生本人からの相談なので、中学生向けに記事を書いていきます。よかったら、お子さんにもシェアしてあげてください。

結論:模擬試験の結果に振り回されるな

バツ

最初に結論からお伝えします。模擬試験というのは、あくまでも予測で作られたテストです。塾の先生や模試作成業者が、「おそらくこんな問題が出るだろう」という予測で作っています。

模擬試験の結果が悪いからと言って、本番のテストが悪くなるわけではありません。では、高校受験直前の模擬テストで結果が悪かったとき、どう考えればよいのか?

答えは「気にしない」です。あくまでも業者が作ったテストなので、それに一喜一憂していてはダメです。「まあ、こういうときもあるさ」という感じで考えれば大丈夫です。

模擬試験の結果が良いからといって合格できるわけではない

勉強

模擬試験の仕組みを理解していると、もう一つわかることがあります。それは「模擬試験の結果が良かったからと言って、当日合格できるわけではない」ということです。

私自身、中学生の時に受けた模擬試験で、A判定だった私立高校の特進クラスに落ちたことがあります(笑)

最終的に、公立高校に進学したので、落ちても問題なかったのですが、この時模試の合否の適当さを痛感しました。

あなたが、直近に受けた模擬試験の結果がA判定だったからといって、安心してはいけません。最後まで気を緩めず頑張りましょう。

不安になるなら模試を受けないほうが良い

英検

模擬試験=あてにならないテストなのですが、それでも悪い結果が出ると不安になってしまうこともあるでしょう。

もしあなたが、そういったタイプなら、12月以降は模擬試験を受けないほうが良いです。高校受験に合格するうえで最も大事なことは、自信です。

自信を喪失するくらいなら、受けないほうが良いのです。試験になれるという目的であれば、英検や漢検でも十分なので、無理に模擬試験を受けるのはやめましょう。

本日のまとめ

受験

高校受験直前になればなるほど、模試、北信テスト、W合格もぎ、全県模試などの模擬試験の結果が気になると思います。

しかし、こういったテストの結果はあまりあてになりません。あくまでも目安程度に考えるようにしましょう。

A判定だから受かる、C判定だから落ちるというとはありません。諦めずに最後まで頑張りましょう!

明日ですが、「中学生向け!頭がいい人の筆箱の中身」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

 

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 高校生がアルバイトするのはアリか?

  2. ゲーム

    ゲームはどこまで規制すべきか?

  3. カンニング

    子どもがテストでカンニングをしたら?

  4. 将来の夢

    子どもに必要な力を見極める方法

  5. ランニング

    不登校の子どもの体力作り戦略

  6. 4月

    不登校の子の親が4月と5月で注意すること

  7. ミス

    問題を読まずに回答して間違える子どものサポート法

  8. 友達から悪口を言われるときの対処法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP