学年順位2位を取った成果報告

勉強する

最近ありがたいことに、たくさんの方が成果報告を送ってくださいます。今回紹介するのは、川地さん(仮名)です。

現在、川地さんのお子さんは高校生でクラストップ、学年2位の成績。そして「獣医になりたい」という夢を持っています。

しかし中3のときは「ニートになりたい」と言っていたぐらい、人生に希望を持っていない状況でした。

何をきっかけに変わることができたのでしょうか?お子さんの成績が上がらず悩んでいたら、川地さんの子育てを参考にしてみてください。

ガミガミ言ったり高い塾に入れなくても、子どもは自ら勉強を頑張るようになるはずです。

元々の川地さんの状態

過干渉

元々川地さんは、お子さんに意見を押し付ける過干渉タイプでした。

「高校は〇〇に行った方がいいんじゃないの?」「もっと勉強した方がいいんじゃないの?」と親の意見ばかり伝えていたそうです。

その結果、「私の人生は親が決めるんだ。勉強してもムダ。ニートになりたい」とお子さんは考えていました。

過干渉をやめたことで子どもが変化

獣医

そんなときに川地さんは私のことを知ってくださり、過干渉をやめることを意識されました。

子どもに行かせたい高校があったそうですが、その気持ちは押し殺し、子どもが自ら行きたいと言っていた学校を応援したそうです。

その結果、子どもが変わりました。勉強を頑張るようになり、見事志望校に合格することができたのです。

さらに「獣医」という夢を打ち明けてくれました。今まではどうせ否定されると思い、言いたくても言えなかったそうです。

過干渉をやめ、子どもの夢(進路)を無条件で応援した結果、子どもが変わったのです。

獣医という夢をきっかけにさらに勉強

勉強する

川地さんのお子さんは、小さい頃から動物が好きでした。そのため動物園や牧場へ連れて行ったり、家でもネコを飼ったりしているそうです。

こういった経験が「獣医」という夢を見つけるきっかけになりました。そしてその夢を応援してあげることで、自然と勉強を頑張れるようになったのです。

子どもに勉強をさせるために必要なのは、効率のいい勉強法を教えたり、高い塾に入れることではありません。

愛情バロメータを上げて、良好な親子関係を作ること。そして、子どもがやりたいという夢を応援してあげることです。

本日のまとめ

サポート

過干渉をやめて愛情バロメータを上げる。子どもの意志を尊重して応援する。この2つのサポートが、子どものやる気を引き出します。

なかなかお子さんが勉強しない場合、この2つができているか確認してみてください。そこを改善すると、お子さんが変わる可能性があります。

明日ですが、「スマホ中毒から抜け出す方法」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!学年順位2位を取った成果報告

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 1ヶ月で5教科合計400点超えした成果報告

  2. 過干渉をやめたら不登校が改善した成果報告

  3. ご褒美

    個別相談を受けた方から頂いた成果報告

  4. 成果報告宮坂さん

    内申点が過去最高になった成果報告

  5. 成果報告前田さん

    学年順位が41位から24位になった成果報告

  6. 引きこもりを改善し、家から出られるようになった成果報告

  7. 不登校

    不登校を解決するために行った声かけ法

  8. 最も荒れる2年生に子どもが落ち着いた成果報告

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP