思春期ニキビの治し方

洗顔

思春期の子にとって、一番の悩みの種は「ニキビ」です。なぜなら思春期という時期は、

  • 最もニキビができやすい
  • 最も周りからの目線が気になる
からです。ではどういう対処をしていったら、上手なニキビケアができるのでしょうか?

私の体験談や、たくさんの子にアドバイスした結果をまとめたいと思います。

私は皮膚科の先生ではないので、これだけで全て解決できるとは言えませんが、少し意識するだけでかなり抑えられると思います。

思春期になるとニキビができやすくなる原因とは!?

思春期
そもそもなぜ思春期になると、急にニキビができやすくなるのでしょうか?

ネットや本で調べると、「二次性徴によってホルモンのバランスが崩れるから」という感じで書いてあると思うのですが、正直よくわからないですよね?

そこで簡単に説明すると、「子どもから大人に変化するから」です。小学校高学年から高校生くらいにかけて、人間は子どもから大人に変化します。

その時に肌も一緒に変化していきます。その過程で肌が荒れやすくなるという感じです。

だから思春期にニキビができやすくなるのは、ある意味仕方がないことなのです。中学生の多くが、ニキビに悩むのも普通なのです。

できる人できない人がいる理由

ニキビ
「道山先生、私の友達はニキビができないのですが」とあなたは思うかもしれません。

確かに思春期なのにニキビができない子もいると思います。この理由は何かというと、
  • 正しいニキビケアを知っている
  • 生活リズムが整っている
  • 体質的にできにくい
ことが原因です。元々の体質もあれば、自分できちんとケアできている可能性もあるのです。

体質は遺伝で決まることが多いので、これを全て変えることはなかなか難しいです。ただニキビケアや生活リズムなどは、意識すれば変えることができます。

そこで、最もニキビができなくなる生活リズムと、思春期の子にしていただきたいニキビケアの基本をお伝えします。

最もニキビができなくなる生活リズム

お菓子
中学生や高校生の子は、毎日本当に忙しいです。朝起きたらすぐに部活の練習があり、学校が終わった後も部活がある。

その後塾があり、寝る前には友達とのLINEのやりとりがある。

日本で最も忙しい会社で働く以上にハードな生活を送っているのではないでしょうか?

そうなるとどうしても生活リズムが壊れてきます。実は生活リズムの乱れこそ、ニキビができる一番の原因なのです。

そこで意識してほしいのが、次の3つになります。

①睡眠時間を7時間確保する

睡眠時間が少なくなると、どうしても体に疲れがたまってくるため、ニキビができやすくなります。できる限り7時間は睡眠時間を確保しましょう。

私の感覚だと、6時間以下になるとニキビが増える気がします。

②お風呂に10分以上つかるようにする

忙しくなってくると、お風呂につかる時間を削り、シャワーで済ませてしまう子が多くなります。

お風呂に入ることでをかき、余分な脂(ニキビの原因)を出すことができます。

最低でも5分、できれば10分以上は、お風呂に使ってしっかり汗をかきましょう。

③野菜と水分をたくさんとる

最後は食事です。ポテトチップスなどのお菓子とジュースを大量に食べた次の日はニキビができやすいです。

体というのは食べたものに敏感です。できる限り脂っぽいものは避けて、野菜、脂身の少ない肉、魚などをたくさん食べるようにしましょう。

また飲み物もジュースではなく、水を飲むのがお勧めです。

洗顔料や化粧水で意識すること

化粧水
生活リズムが整っていないのに、洗顔料や化粧水を意識しても無駄です。気休めにしかなりません。

しかし生活リズムが整っているなら、洗顔料や化粧水を意識するだけで、かなりニキビを減らすことができます。

洗顔料や化粧水は、人によって合う合わないがあるので、この商品が良いとは言えません。ただ3つ意識してほしいことがあります。

そこを守って選べば、失敗することはかなり少なくなります。

①洗顔⇒化粧水⇒乳液orクリームを使う

基礎化粧品
ただ洗顔をするだけだと意味がないです。まず洗顔をして、次に化粧水を塗り、最後に乳液やクリームで保湿するからこそ意味があります。

必ずこの3つをセットで、使うようにしてください。また洗顔はお風呂に出る直前に行うようにしましょう。

お風呂から出たらすぐに化粧水を塗り、最後に乳液かクリームで保湿をします。時間が経つとまた肌にが出てくるので注意してください。

あと洗顔のし過ぎも良くないです。これも個人差があるのですが、朝起きた時に1回、寝る前に1回が目安になります。

ここまでやると肌が荒れる場合は、朝は洗顔をやめて化粧水と乳液だけにするとよいです。

②日焼け止めを使うようにしよう

太陽
ニキビケアというと、つい化粧水と洗顔ばかり意識してしまいますが、意外と抜けてしまいがちなのが日焼け止めです。

強い紫外線を浴びれば浴びるほど、肌にとっては悪影響です。そこで学校に行く前と部活をやる前の、最低2回は日焼け止めを顔に塗りましょう。

直射日光を避けるだけで、酷いニキビを軽くすることができます。

③添加物が少ないものを選ぼう

肌
最後はどういったものを選ぶかです。予算によって変わってくるのですが、可能であれば「添加物が少ないもの」を選ぶと良いです。

ドラッグストアに売っている、安い化粧水や日焼け止めなどは、肌に良くない添加物がたくさん入っている可能性が高いです。

そういったものはできるだけ避け、肌に良い成分で作られているものを選ぶのがおすすめです。

なお私がいろいろ試した結果、一番効果があったものをこちらで紹介しているので、良かったら参考にしてみてください。

 

>>道山がお勧めする洗顔、化粧水はこちら

皮膚科に行くべきかどうかの判断方法

医者
ここまでに解説した方法を、しっかり実践していただければ、薬を使ったり皮膚科に行ったりしなくても、ある程度ニキビを抑えることができると思います。

ただ最初にもお伝えしたとおり、人によって個人差があるものなので、全員がこの方法で改善できるとは言えません。

もし上記の方法を1か月間全て試したのに、全く改善されないのであれば、一度皮膚科の先生に診てもらうと良いです。

何が欠けているのか教えてくれますし、一時的にニキビを抑える薬をもらえることもあります。

それを試してみて改善するなら、そちらに切り替えるのも手だと思います。まずはできるところから、試してみてくださいね。

 

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー
道山ケイ

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

  1. お金持ち

    中学生向け!お金持ちになる方法

  2. 伊藤先生佐々木先生道山

    過保護のすすめ講演会DVDを紹介します!

  3. 価値観

    価値観を変えないと結果は変わりません!

  4. 価値観の合う友達

    自分と価値観の合わない友達からは離れよう!

  5. 本

    目標を見失いつつある方に読んでもらいたい本

  6. 道山ケイのプロフィール

  7. 問題解決

    問題の解決策を見つける方法

  8. 中学校生活

    道山の中学生時代の生活とは!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

道山は今何位?

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

プロフィール

思春期の子育てアドバイザー。親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。>>続きはこちら
PAGE TOP