元中学校教師道山ケイの公式ブログです!現在道山ケイは思春期の子育てアドバイザー、成績UPコンサルタントとして中学生の子どもやそのお父さんお母さん向けに、効率の良い勉強の仕方や不登校、反抗期の解決策などを伝える勉強会を定期的に行っています!

menu

道山ケイ公式ブログ|効率の良い勉強法や不登校解決策を紹介

個人懇談会で先生と話すべきこととは?

個人懇談

nblog1 ← 道山はいま何位?

3学期制の学校の場合、そろそろ第1回個人懇談会が、
行われる時期だと思います。

では個人懇談会ではどんなことを意識すればよいのか?
私が大切だと考えている2つのポイントについて
お話ししようと思います。

ポイント1 子どものフォローをする

個人懇談
担任の先生にもよると思うのですが、
基本的に個人懇談会や家庭訪問で先生が親に伝えることと言うのは、
褒める内容よりも注意する内容の方が多いです。

 

すると子どもと言うのは、いろいろと言い訳をしようと考えます。
例えば宿題を出していなかったら、
「部活が忙しくてつい・・・」とか
「2学期からは頑張るからさ」とかです。

 

ここで、一番ダメなのは顔を鬼のようにして、
「家に帰ったら覚悟しなさいよ」と言ってしまうことです。
これをしたところで、
結局子どもが2学期から頑張るわけではないですし、
何より親子関係が悪くなります。

 

ではどうしたら良いのかと言うと、
フォローをしてあげることが大事です。

 

「まあそういうときもあるよ」
「お母さんも昔はよく叱られたよ」
「何か手伝えることあったら言ってね」
という感じです。

 

こういった対応をすると、
子どもの中で叱られると思っていたのに
叱られなかったというギャップが起こります。

 

その結果、
「次は頑張ろう」という気持ちが、出てくるわけです。
基本的に親が叱るべきことは、

 
  • 法律に触れること
  • 他人に迷惑をかけること
  • 自分を傷つけること
だけで十分です。

 

ポイント2 いつでも先生に相談できる関係を創る

相談
もう一つ意識すべきことは、先生との関係作りです。
人間関係は第一印象が全てです

 

初めて会ったタイミングで、
いきなり先生にクレームを言ってしまったら、
先生はあなたの事をクレーマーだと思います。
※例えあなたの意見が正論だとしても。

 

だからまず始めにやるべきことは、

 
  • 笑顔であいさつし
  • 日頃の感謝を伝え
  • 1年間よろしくと伝えること
なのです!

 

もし何か伝えたいことがあるなら上記のステップの後に、
「先生もし差支えなければ、●●していただけると助かるのですが」
という感じで軽く伝えるようにしましょう。

 

親子関係も同じなのですが、
まだ信頼関係ができていないうちからお願いをしても
最低限のことしかしてくれません。

 

きちんと信頼関係ができてからであれば、
ある程度大変なお願いでも、
「いつも協力してもらっているので今回は!」
と言う感じで協力をしてくれます。

 

何事も上手にやっていくこと
今の時代を生き抜いていくポイントだと思います。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1 ← 道山はいま何位?

 

関連記事

子どもの成績を短期間で上げたいお母様へ

image

子どもの反抗期を改善したいお母様へ

思春期の子育てメール講座    
    • TAKAHASHI MIKAN
    • 2016年 7月 07日

    道山先生。いつも大変お世話になります!
    とても、参考になりました。
    我が家は、まず子どもとの関係が悪くなっていたので、先生のアドバイスを読んでとても思い当たるふしがありました。
    少しずつですが、子どもとの関係の修復にあたっています。
    先生の第一印象もとても大切なのですね!
    頑張ります。

    • 読んでいただきありがとうございます!引き続き頑張りましょうね!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログランキング参加中

ブログランキング

7日間の成績アップ無料メール講座

7日間のメール講座

思春期の子育てメール講座

思春期の子育てメール講座

オフィシャルサイト

道山ケイオフィシャルサイト

プロフィール

道山ケイ

2014年まで公立の中学校で教師をしていた。その時、学年最下位のクラスをわずか9か月で学年トップに導く。また、体育大会や合唱コンクールの2冠を取るなど、子どもたちをやる気にさせる方法を習得。その後独立し、現在はメルマガやセミナーなどを通して、中学生の保護者向けに、子どもをやる気にさせる方法や効率の良い勉強方法、正しい子どもへの接し方(子育て方法)などを教えている。

>>続きを見る

>>プライバシーポリシー・運営者情報