元中学校教師道山ケイの公式ブログです!現在道山ケイは思春期の子育てアドバイザー、成績UPコンサルタントとして中学生の子どもやそのお父さんお母さん向けに、効率の良い勉強の仕方や不登校、反抗期の解決策などを伝える勉強会を定期的に行っています!

menu

道山ケイ公式ブログ|効率の良い勉強法や不登校解決策を紹介

高校の勉強法vs中学の勉強法

高校勉強法

nblog1 ← 道山はいま何位?

先日こんな相談をいただきました。
※プライバシー保護のため、
内容を一部変更しております。

こんにちは。
昨日道山先生の事を知り
早速ご相談したく思いメールしました。

私の長女は中3の夏休み明けから
不登校になりこの春何とか高校進学しました。
道山先生のメソッドは中学生対象のようですが
我が家のように高校生になった子にも通用出来るでしょうか?

不本意な進学先で意欲はあまりなく、
かと言って塾のように
「嫌がる所に行かせない」という事も出来ずにいます。

要するに中学生の勉強法と
高校生の勉強法は同じかどうか?
という質問なのですが、

同じ部分と違う部分が存在します!

中学生の勉強方法と高校生の勉強方法の類似点

数学
まず最初に同じ部分について説明します。
これはたくさんあるのですが、

 
  • スケジュールの立て方
  • 効率の良い覚え方
  • 数学、理科、社会の勉強方法
  • 毎日の予習、復習の仕方
 

などは中学も高校も同じです。

 

特にスケジュールの立て方や、効率の良い覚え方などは、

今後社会人になってからも必要な力です。

 

あと数学、理科、社会の勉強と言うのは、
結局学校で習っているものを、
いかに記憶できるかが勝負になります。
これは高校に行っても同じです。

 

ただ高校の場合、
数学でも、数学Aと数学Iと言う感じで、2教科に分かれます。
つまり、
中学校の2倍の勉強量が必要になるわけです。

 

こういったことまで考えると、
中学以上に効率良く勉強を進める必要があります。

国語と英語の勉強方法は大きく異なる

英語
次に中学と高校の勉強方法の違いですが、
これは英語と国語の勉強方法が大きく変わります。

 

まず英語なのですが、
中学の場合学校の教科書の内容を頭に入れてしまえば、
それだけで誰でも点数が取れるようになります。

 

一方高校の場合、学校の教科書の内容が
そのままテストに出ることがあまりないので、
丸暗記だけでは点数が取れなくなります。

 

どちらかと言うと、受験勉強のような形で、
きちんと文法や長文読解力を付けていく必要があるわけです。

 

国語も同じで、
教科書の文章の丸暗記だけでは、点数が取れなくなります。
なぜなら、教科書の文章以外の文章が出る割合が、
中学に比べて一気に増えるからです。

 

なので国語の場合も英語同様、
高校入試対策のような勉強法をすることが必要になります。

道山流学習法は高校でも通用するのか?

勉強時間
今回頂いた相談は、
>我が家のように高校生になった子にも通用出来るでしょうか?
と言うことなのですが、もちろん通用します。

 

ただ上にまとめたように、
国語と英語の勉強法だけは、そのまま使わずに、
高校入試用の勉強法をする必要があります。

 

それ以外はほとんど変わらないので、
まずは道山流で進めていただいて大丈夫だと思います。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1 ← 道山はいま何位?

 

関連記事

子どもの成績を短期間で上げたいお母様へ

image    
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログランキング参加中

ブログランキング

7日間の成績アップ無料メール講座

7日間のメール講座

思春期の子育てメール講座

思春期の子育てメール講座

オフィシャルサイト

道山ケイオフィシャルサイト

プロフィール

道山ケイ

2014年まで公立の中学校で教師をしていた。その時、学年最下位のクラスをわずか9か月で学年トップに導く。また、体育大会や合唱コンクールの2冠を取るなど、子どもたちをやる気にさせる方法を習得。その後独立し、現在はメルマガやセミナーなどを通して、中学生の保護者向けに、子どもをやる気にさせる方法や効率の良い勉強方法、正しい子どもへの接し方(子育て方法)などを教えている。

>>続きを見る

>>プライバシーポリシー・運営者情報

アーカイブ