成績が上がるテスト週間の過ごし方

勉強

お子さんですが、「テスト週間にどれくらい勉強すればいいかわからない」と悩んでいませんか?

そこで今回は、理想的なテスト週間の過ごし方を解説します。このやり方で進めれていただければ、定期テストの点数は必ず上がります!

その結果、高校受験の合格率も上がるでしょう。なお、本日は子ども向けの記事となります。よかったら、お子さんにもシェアしていただければ幸いです。

テスト週間の理想的な勉強時間

勉強時間

テスト週間の理想的な勉強時間って、どれくらいだと思いますか? これに対する答えは「起きている時間は全て」です。

平日は、最低でも2時間、できれば5時間勉強しましょう。土日の場合は、最低でも5時間、できれば10時間勉強します。

なお最大でも45分くらい勉強したら、一度休憩を入れることが大切です。その方が、勉強効率が上がります。

学習効率が上がる休憩の取り方

ゲーム

休憩中には、食事、入浴、トイレを始め、ゲームやLINEなどの息抜きをしましょう。気分転換をしたほうが、勉強へのやる気も持続するからです。

休憩を入れずに勉強すると、集中力が落ちてきます。勉強しても頭に入っていなければ時間の無駄なので、上手に休憩をはさみながら続けましょう。

睡眠時間を削ると太るって本当?

太る

時間がないという理由で、睡眠時間を削って勉強する子もいます。正直、おすすめできません。

たとえば、睡眠時間を削って夜中まで勉強していると、お腹がすいてきます。すると余計なものを食べてしまい、太る原因になるからです。

生活リズムが崩れると体調が悪くなり、頭も回らなくなります。睡眠時間は削らず、勉強した方がいいです。

テスト週間のおすすめ勉強法

英単語

テスト勉強の基本は、教科書の音読とワークを繰り返すことです。国語と英語は、音読を毎日1回ずつしましょう。

余った時間で、5教科のワークを繰り返していきます。漢字や英単語も、毎日コツコツ覚えましょう。

本日のまとめ

勉強

テスト週間の理想的な勉強時間は、平日なら最低2時間、できれば5時間です。土日は、最低3時間、できれば10時間勉強しましょう。

45分ごとに食事や入浴など、休憩をしっかり取ることが重要です。テスト週間でも、生活リズムを変えずに取り組みましょう。

明日ですが、「高校退学したらどうなる?」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!成績が上がるテスト週間の過ごし方

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 勉強

    記憶力3倍UPテクニック

  2. 通知表

    【元教師が暴露】内申点を上げる方法

  3. 英語長文読解

    英語の長文読解の解き方

  4. 罰

    確実に成績が上がる罰ゲーム戦略

  5. 勉強

    発達障害でも成績優秀を目指すことは可能?

  6. 英語

    道山流!英語の勉強法のまとめ

  7. 作文

    元中学校教師が解説!生活作文の書き方

  8. 勉強しない

    定期テスト終了後の動機付け手順

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP