通信教育がたまるときの解決法

山積み

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

こんにちは。最近、困っていることがあります。私の子供に通信教育をやらせています。

やらせたのは、本人もやりたがっていたというのもありますし、私もやらせたかったからです。

困っていることというのは、テスト期間になると3ヵ月分もためてしまうことです。どうしたら、ためずに続けることができるでしょうか?

私自身も通信教育をやっていた経験があるので、すごくたまりやすいものだということはよく分かります。

そういうとき、辞めるべきか続けるべきか悩むと思います。そこで本日は、「通信教育を効果的に活用する方法」について解説します。

本日の記事を読んでいただければ、お子さんの通信教育がたまっている状態であっても、どのように改善していけば良いかが分かると思います。

その結果、定期テストの点数もどんどんアップしていくと思うので、参考にしていただけると幸いです。

ためずにやることが目的ではない

テスト

今回の相談者さんは、通信教育をためずにやる方法を知りたくて相談してくれています。しかし、通信教育はためずにやることが目的ではありません。

通信教育は、子どもの成績を上げるためにやるものです。そのため、たまっているかどうかは気にしなくて良いです。

チェックすべきポイントは、通信教育を活用して、効果的に成績が上がっているかどうかです。まずこの点を見ていただきたいと思います。

ためずにやることを目的になんとかこなしていても、成績が上がっていないのであれば本末転倒です。

必要でないなら期限をつけて解約

親子会話

もし、成績が上がっていないのであれば、通信教育は必要ではないということです。期限をつけて、解約しましょう。

勝手に解約すると、子どもの気持ちを傷つけてしまう可能性があるので、解約することを一度子どもに提案してみてください。

「最近通信教育がたまっちゃってるけど、お金もかかってるし、あと一ヶ月で終わらないようなら解約する?」という感じでOKです。

子どもがどうしても続けたいというなら、無理に辞める必要はありませんが、たまってしまっている時点でやりたくない可能性が高いです。

一方、成績が上がっているのなら、子どもに合っているということです。例えたまっていても、継続する方向で良いと思います。

通信教育が悪いわけではない

問題集

通信教育がたまってしまう子の親からすると、通信教育はあまり良くないもののように感じるかもしれません。しかし、そうではありません。

通信教育を活用して成績が上がっているのなら、子どもに合っているということなので、良い勉強法となります。

ただ、私の経験上、通信教育をやめて学校の問題集中心の勉強法に変えた結果、成績が大幅にアップした子がたくさんいます。

この経験則から考えると、学校の問題集を中心に勉強を進めたほうが、成績が上がる可能性は高いと思います。

なお、学校の問題集を上手に活用して成績を上げるステップについては、こちらの無料講座で解説しています。

>>7日間で成績UP無料講座

本日のまとめ

通知表

通信教育は、ためずにやることが目的ではありません。仮にたまっていても、成績が上がっているのなら問題ないからです。

「成績が上がっている=その子に合っている」ということなので、たまってしまっていても継続する方向で良いでしょう。

一方、成績が上がっていないなら合っていない可能性が高いです。期限をつけて解約することをおすすめします。

大事なことは、通信教育がその子に合っているかどうかです。辞めるか続けるかは、そこを基準に考えてもらうと良いかと思います。

明日ですが、「旦那が子供に甘い本当の理由」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!通信教育がたまるとき

 

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 転寝

    疲れて勉強できない場合の対処法

  2. 親子

    子どもが親に本心を話さない理由

  3. テスト勉強

    テスト習慣のおすすめ生活リズムとは?

  4. 学校

    進学した高校が想像と違った場合の対処法

  5. ご褒美

    ご褒美を提示しても欲しいものがない場合

  6. 愛情

    子どもが親に求める愛情とは?

  7. ご褒美

    部活を頑張ったらご褒美を買うのはアリ?

  8. 受験勉強

    受験勉強前に意識すべき2つのポイント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP