中3で部活を辞めたいという子どものサポート法

部活

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

中3の娘ですが、バスケ部に所属しています。一つ上の先輩が引退してからは、レギュラーでやってきました。

しかし、この四月に、ミニバスの強豪チームからたくさんの一年生が入部し、あっという間に一年生にレギュラーを取られてしまいました。

レギュラーを取られた一年生に、バカにされる事を言われた様で、プライドはズタズタになり、あまり練習に行かなくなりました。

7月末の公式戦で三年生は引退です。残り2ヶ月、ここまで頑張ってやってきたのだから、最後まで頑張ってほしいと親としては思います。

残り2ヶ月の部活は、本人に任せておいた方がよろしいでしょうか。親として出来る事は何でしょうか。

私の元には、部活に関する相談も多く寄せられます。3年生まで頑張ったのに子どもが「部活を辞めたい」と言っている、という相談もよく来ます。

それ以外にも、3年生になった途端にレギュラーから外されてしまったり、怪我をして練習に参加できなくなってしまった、という相談も多いです。

上記のような部活に関する相談が来た時、私がいつもどのようなアドバイスをしているかを解説します。

今回の内容を理解していただければ、お子さんの部活は非常に充実したものになると思います。

また、間違った判断で辞めてしまうこともなくなると思うので、参考にしていただければと思います。

最後まで続けるメリットは、受験と思い出作り

受験

今回の相談者の方は、部活を最後まで続けてほしいという思いがあって、相談をしてくれています。

では、そもそも最後まで続けるメリットって何でしょうか?私自身は、「受験の際に推薦がもらいやすくなること」と、「卒業後も付き合える友達が増えるということ」の2つだと考えています。

部活は3年間続けたほうが、推薦がもらいやすいというのは事実です。また、卒業後に部活のメンバーで集まるとなると、最後までいた子たちで集まることが多くなります。

その結果、最後までいたほうが、卒業後も長い付き合いになる確率が高くなります。この2つが、部活を最後まで続けるメリットになります。

イヤイヤ続けても、ストレスが溜まるだけ

ストレス

ここまでの話を読むと、最後まで続けたほうが良さそうと感じるかもしれません。しかし、デメリットもあります。一番のデメリットは、ストレスが溜まることです。

行きたくない仕事に行くと、毎日がストレスフルになるように、子どもも行きたくない部活に行くと、それだけでストレスを抱えます。

ストレスが溜まるとどうなるか?勉強が手につかなくなったり、イライラしやすくなります。

ストレスを溜めながら部活を続けていても、それ以外の生活に支障をきたす。これが行きたくない部活を続ける最大のデメリットです。

メリットとデメリットを伝え最後は子どもに決めさせる

メリットデメリット

では、親としてどのようなサポートをすれば良いのでしょうか。大事なのは、メリットとデメリットを両方伝えて、最後は本人に決めさせることです。

何も伝えない状態で、辞めるか辞めないかを決めさせるのは良くないです。まずはここまでお伝えしたことを、子どもに教えてあげましょう。

その上で、本人に続けるかやめるかを決めさせるという順序が大事です。そして、子どもがどちらの道を選んでも、お父様お母様はそれを応援することが重要です。

子どもが辞めることを選んだとしても、それは間違った決断ではありません。子どもの意思を尊重することで、今後何かあっても子どもは親を頼ってくれるようになります。

本日のまとめ

応援

3年生になって部活を辞めたいと言われたとき、まずはその決断によるメリットとデメリットを伝えましょう。

最後まで部活を続けるメリットは、受験で推薦がもらいやすいことや、卒業後も長く付き合える友達が増えるということです。

一方、デメリットはイヤイヤ続けることでストレスが溜まり、生活に支障をきたすということです。

メリットとデメリットをどちらも伝えた上で、最終的な決断は子どもにさせます。親として大事なことは、「どちらの道を選んでも応援する」という姿勢です。

この姿勢がきちんと伝わっていれば、今後何かあっても子どもは親を頼ってきます。なんでも相談できる良好な親子関係になるはずです。

明日ですが、「私立高校特進クラスに合格した成果報告」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

 

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

動画で解説!中3で部活を辞めたいという子どものサポート法

関連記事

  1. テスト

    テスト本番に頭が真っ白になる悩み

  2. ご褒美

    ご褒美作戦が効かない場合の対応法

  3. 親子

    【元教師が解説】成績が上がらない中学生の特徴とは!?

  4. 子どもが睡眠時間を削って勉強する時は?

  5. 勉強させるタイミングを理解しよう

  6. 8科目で206点上がった成果報告

  7. 眠れない

    夜寝られない子どもに親がすべきこと

  8. 勉強しない

    定期テスト終了後の動機付け手順

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP