元中学校教師道山ケイの公式ブログです!現在道山ケイは思春期の子育てアドバイザー、成績UPコンサルタントとして中学生の子どもやそのお父さんお母さん向けに、効率の良い勉強の仕方や不登校、反抗期の解決策などを伝える勉強会を定期的に行っています!

menu

道山ケイ公式ブログ|効率の良い勉強法や不登校解決策を紹介

子供のスマホ、親はどういう規制をかけるべきか?

スマホ

 ← 道山はいま何位?

先日行った東京勉強会が終わった後、
先行で申し込みをしてくださった方限定で、
簡単なお茶会を開きました。

そこでこんな質問が出ました。
「道山先生、最近スマホの問題が多いですよね」
「子どものスマホってどこまで規制をかければ良いのでしょうか?」

そこで私は何と答えたのかと言うと、
「何もかけなくて良いですよ」
と伝えました。

今日はこの理由について解説します。
相談をくれた方がおっしゃるように、

今の世の中と言うのは、

  • ネットで簡単に知らない人とつながることができる
  • 子どもが誘拐されるような事件も多く起こっている
などたくさんの危険があります。
親として子どもをこういった危険から
守るのは当たり前のことです。

 

ただ冷静に考えてみてください。
もし全ての危険から、
子どもを守ろうとしたら、
どんなことをしないといけないでしょうか?

 

おそらく100%守ろうとしたら、
地下の部屋に子どもを監禁するしか
方法がありません。

 

なぜなら、
学校に歩いて登校させると
誘拐される危険があるし、
かといって、

 

親が学校に車で送っていくと
事故して命を落とす危険があるからです。

 

スマホを規制するのは勿論、
家の電話も規制しないといけません。
なぜなら電話を使った出会い系クラブなども
存在するからです。

 

私の言いたいことがわかりますか?
結局子どもを危険から100%守る方法なんて、
この世に存在しないのです
地下に監禁しても地震が来たら終わりですしね。

 

じゃあ親はどうしたら良いのか?
実は子どもを危険から守るうえで、
一番効果的なものがあります。
それは何かと言うと、
「良好な親子関係」です。

良好な親子を築けば規制なんていらない

親子
考えてみてください。
もしあなたが今中学生で、
お父さんお母さんのことが大好きだとします。

 

そしてお父さんお母さんから、
「ネットは危険だから変なサイトは見ないようにね」
と伝えたとします。

 

子どもは好奇心旺盛なので、
こういった忠告をしても100%見ます(笑)

 

※ここまでは想定の範囲内です。
何か怪しい掲示板を見たとして、
そこにこんな書き込みがあるとします。

 

「楽しいイベントがあるから
○日○時に渋谷のハチ公前に集合」
ここで親子関係が良好であれば、

 

「お父さんに言われたから、
こんなところ行ったら危険だな」
と考えて絶対に行きません。

 

逆に日頃から親子関係が悪く、
毎日イライラしているとしたら、
「まあ最近楽しいことないし、
試しに行ってみるか」と考えて行ってしまうのです。

もし下記の子のスマホを、
親が規制したとします。
規制しても結果はほとんど変わりません。

 

親子関係が悪い子は、
もし道を歩いていて、
「楽しいことあるから遊ぼうよ」
と言われたら、
同じ理屈でついていってしまうからです。

 

規制ではなく親子関係を創る


結局規制だけでは、
子どもを守ることはできません。
唯一守れるもの親子関係です。

 

私が日頃から、
親子関係を良好にしようと言っているのは、
こういった理由からです。

 

親子関係が良好であれば、
成績もグングン上がります。
家庭も本当に明るくなります。
本当に良いこと尽くめです

 

私たちは、
規制ではなく親子関係で、
子どもを守っていきましょう!

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックをいただければとても嬉しいです 🙂

 ← 道山はいま何位?

 

関連記事

子どもの成績を短期間で上げたいお母様へ

image    
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログランキング参加中

ブログランキング

7日間の成績アップ無料メール講座

7日間のメール講座

思春期の子育てメール講座

思春期の子育てメール講座

オフィシャルサイト

道山ケイオフィシャルサイト

プロフィール

道山ケイ

2014年まで公立の中学校で教師をしていた。その時、学年最下位のクラスをわずか9か月で学年トップに導く。また、体育大会や合唱コンクールの2冠を取るなど、子どもたちをやる気にさせる方法を習得。その後独立し、現在はメルマガやセミナーなどを通して、中学生の保護者向けに、子どもをやる気にさせる方法や効率の良い勉強方法、正しい子どもへの接し方(子育て方法)などを教えている。

>>続きを見る

>>プライバシーポリシー・運営者情報

アーカイブ