安倍首相から学ぶ新時代の学級委員

安倍総理

実は最近、リーダーの形が変わってきています。10年前までのリーダーは、小泉純一郎首相のようなタイプでした。

最近は、安倍首相のようなタイプです。そしてこれからの学級委員も、安倍首相のようなタイプが求められます。この違いってわかりますか?私なりに解説してみました。

自分についてこいタイプと人を動かすタイプ

小泉純一郎

小泉首相というのは、「俺についてこい」というタイプです。自分が先頭に立って、いろいろな改革を推し進めていきました。

小泉首相がxjapanを好きになれば、日本全体がxjapanブームになる!というまさについていきたい首相でした。

一方安倍首相は、チームを上手に使う天才です。国会の様子などを見ていると、安倍首相以上に麻生財務相が話しています。

予算のことなので、麻生さんが話すのが当たり前かもしれませんが、それ以外の分野でも上手にリーダーを作り、役割分担されています。

私自身、安倍首相のリーダーの形こそ、これからのリーダー像だと思っています。

時代の流れに逆らうことはできない

松下幸之助

これは完全に時代の流れです。一昔前までは社会も同じでした。パナソニックを作った松下幸之助のようなチームを引っ張るリーダーが日本を動かしていました。

現代も、そういった方はいるのですが、昔に比べてかなり少ない気がします。どちらかというと、個人事業主のような方が増えていて、

一人一人が自分の得意分野を生かしながら、お互いに支えあう形が増えています。そんな中でリーダーになる方は、彼らを上手につなぎ合わせることができる人です。

一人で全てのことをできるわけではありません。ただコミュニケーション力が高く、誰からも好かれる人がリーダーになっているのです。

人から好かれ、人を動かすリーダー

コミュニケーション

学級委員も同じです。一昔前までは、クラスを引っ張っていく子が、リーダーとして適任でした。

私が教師をしていた時も、そういった子が学級委員になると、学級運営が非常にやりやすかったです。

ただこれからの時代は、人を上手に使える子が学級委員として、活躍してくると思います。実際に教師時代の友達と話をすると、最近はそういった子が増えているそうです。
  • 自分ができないことは他人に任せる
  • コミュニケーション上手
  • 周りから好かれている
  • 苦手な分野もたくさんある
というような子が、学級委員に選ばれています。もしあなたが現在、
  • みんなを引っ張る自信はない
  • 大きな声を出すことも苦手
と悩んでいたとしても、
  • クラスの子みんなと仲良くすることができる
  • 先生とも気兼ねなく話すことができる
  • 人にお願いして人を頼るのが得意
というタイプだとしたら、次世代の学級委員の素質があります。来年度立候補してみると良いと思います。

本日のまとめ

クラス

日々時代は変わっています。私たちはその流れに逆らうことはできません。種の起源の著者であるダーウィンは言いました。

生き残る種とは、最も強いものではない。最も知的なものでもない。それは、変化に最もよ適応したものである。と。

新しい時代の学級委員は、クラスを引っ張る力がある子よりも、誰とでも仲良くなることができる子です。

もしそういった素質があったら、是非学級委員をやってみてください。必ず新しい自分を見つけることができると思います。

明日ですが、「小6から始める中学校の勉強の準備」というお話をします。今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

  1. 両立

    勉強と部活を両立する唯一の方法

  2. 音楽を聴く

    洋楽でリスニング力はつくのか?

  3. 勉強

    集中力が切れたら〇〇を変えよう

  4. 提出物

    子どもに提出物を出させる方法

  5. 成績上がらない

    たくさん勉強しても成績が上がらない原因

  6. 部活で勉強する時間がない時の考え方

  7. 授業眠い

    授業中眠い時の対処法

  8. 勉強効率を上げるテクニック<<一瞬で2倍?>>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

道山は今何位?

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

プロフィール

思春期の子育てアドバイザー。親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。>>続きはこちら
PAGE TOP