ご褒美をあげるべきかあげないべきか

ご褒美

nblog1 ← 道山はいま何位?

先日こんな相談をいただきました。
※プライバシー保護の関係で、
内容を一部変更しております。

期末の結果が今日は出て、なんと中間より80点上がったんです。
30点アップしたら小遣い1000円アップ、
60点アップしたらプラス1000円アップと
私と息子との話でしてたんですが、息子が何点以上取ったら携帯?
と条件をだしてきたので、ある条件を出しました。

その結果、わずかにたりなかったんです。
それで息子は小遣いアップはいいから、携帯を買って欲しいとの事…
お父さんと相談した結果、
やはり決まった点数をとらないとダメと言ったんです。

それがきっかけで勉強やる気でるどころか、
落ちてこないか、大丈夫か心配でメールしました。


目標を決めたのはいいものの、
それをぎりぎり達成できなかったとき
親として非常に心がいたいと思います。
この時の対処法についてまとめます。

目標は低くした方が良い理由

目標
私が今までにたくさんの保護者の方を
サポートしてきて感じることがあります。
それは多くのお母さんたちが、
目標を高くしてしまいがち言うことです。

 

確かに親としては、同じご褒美をあげるなら、
少しでも成績を上げてほしいと思うので、
これは仕方がないことだと思います。

 

ただ、目標を上げすぎると、
それと同じくらい達成できない可能性も上がります
もしギリギリ達成できなかったら、
今回の相談者の方のような悩みが発生します。

 

またそもそも目標が高すぎると、
勉強に対してやる気が出なくなります。
ですので今後は、
目標はできるだけ低めに設定すると良いと思います。

目標を達成できなかったら?

ご褒美
では今回のケースのように、
もしお子さんが目標をギリギリ達成できなかったとしたら、
どのようにすればよいのか?

 

実はこれは愛情バロメータによって、
対応方法が変わります。
もし愛情バロメータが高いのであれば、
今回の相談者の方のようにご褒美はあげなくて良いです。

 

「次こそは絶対に目標を達成しようね」
と言って背中を押してあげれば、子どもはしぶしぶ頑張れます。

 

ただ愛情バロメータが低い場合、
「結局そんなこと言って買ってくれないんでしょ?」
と言ってやる気がなくなってしまったり、
「やっぱり私には無理だよ」と最初から諦めてしまうことになります

 

これだと逆効果です。この場合は、
「まあギリギリ目標には届かなかったけど、
すごく頑張っていたから特別にプレゼントするね」
と言ってご褒美をあげた方が良いです。

最後は心の声を信じよう

心
どこまでを許してどこからはダメにするかは、
親子関係によって異なるので
なかなかアドバイスが難しいのですが、
一つ判断方法としては、

 

「このままご褒美を上げないときっと次は勉強しないだろうな」
と親が感じたら、その感覚を信じて、
ご褒美をあげた方が良いと私は思います。

 

結局自分の心の声と言うのは、高確率で正しいことが多いので、
頭で考えるのではなく心の声に従うのが
一番良い判断方法だと思います。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1 ← 道山はいま何位?

 

関連記事

  1. 偏差値70

    偏差値70を目指す場合に必要な2つの事実

  2. 親子本選び

    問題集や参考書は親が買うな!

  3. 朝

    勉強は朝か夜どちらがおすすめ?

  4. 成績上がらない塾

    成績が上がらない塾に入るメリット

  5. すごい学習メソッド

    子どもを勉強させたいときに読むべき書籍

  6. 家庭教師

    嫌いな家庭教師の先生はどうすべきか?

  7. 毎日だらだらする時間で復習をする方法

  8. 勉強しない状態に悩む親

    勉強させることの副作用について理解しよう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

道山は今何位?

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

プロフィール

思春期の子育てアドバイザー。親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。>>続きはこちら
PAGE TOP