宿題に時間がかかる時のチェックポイント

勉強

先日こんな相談をいただきました。
※プライバシー保護の関係で、
内容の一部を変更しております。

中学3年ですが、
夏休みも終わりが近いのに、
受験勉強が進まず学校や塾の宿題に時間がかかります。

計画を立てるのに、
直ぐに諦めて漫画やスマホをやっている状態です。
集中力が続かず何度も様子を見に行き、
注意してやるという状態です。

集中力がないので覚えるのもできず不安です。
宜しくお願いします。

学校や塾の宿題に時間がかかるとき、
チェックすべき2つのポイントがあります。
まずはここを見てあげてください。

ポイント1 宿題や課題の必要性

問題集
最初にチェックしてほしいのは、
課題や宿題の必要性です。
例えば今回の相談者の場合、
塾の宿題と学校の宿題が終わらず悩んでいます。

 

おそらくこの状態だと、
2つとも適当に終わらせて、
提出する形になるでしょう。

 

これだと成績は上がらないので、
非常に無駄なことをしていることになります。
であれば塾の宿題をいっそやめてしまい、
学校の宿題をしっかり解いた方が成績は上がります。

 

今の時代、
学校の宿題だけでもかなり量があります。
それすらこなせていないなら、
その他の課題はやらないほうが良いです。

 

広く浅くタイプが、
一番成績が上がらないので注意してください。

ポイント2 問題に対する思考時間

時間
もう一つチェックすべきポイントは
問題を解くときに、
1問に対してどれだけの時間を注いでいるかです。

 

わかりやすくするために、
極端な例で解説します。
例えば数学の問題1問解くのに、
30分かかっていたらどう思いますか?

 

30分もかけるくらいなら、
その問題を捨てて、
簡単な問題を覚えたほうが、
成績は上がりますよね?

 

30分だとわかりやすいのですが、
これが10分だと、
「考えていること=素晴らしいこと」だと
錯覚してしまうのです。

 

目安として、
  • 応用問題⇒5分
  • 文章問題⇒3分
  • 基本問題⇒1分
 

考えてわからなければ、
飛ばしてしまいましょう。
後で解説を読んでから理解したほうが、
勉強効率は上がります。

みんなと同じことが正しいわけではない

勉強
私たち人間は、
どうしても周りの子がやっていることを
正しいことだと勘違いしてしまいます。

 

周りの子が、
わからない問題を考えるのに、
15分使っていたら、

 

自分もそれくらいは考えないと
サボっていると思ってしまいます。

 

周りの子が当たり前のように
塾の宿題をやっていたら、
塾の宿題をやったほうが成績は上がる
と思い込んでしまいます。

 

実際は違います。
人によって状況は違うのです。
自分にとって何が大事なのかを考え、
無駄な時間は使わないようにしていきましょう。

 

明日ですが、
「テレビ中毒から脱出する方法」
というお話をします。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

  1. 部活

    学校の先生からの暴言への対応方法

  2. 長文読解

    道山流!長文読解問題の解き方の奥義

  3. 風呂

    風呂に入らず歯を磨かない子どもの対処法

  4. テスト

    一度上がった成績が下がったときは?

  5. 平均点換算69点UPした成果報告

  6. いじめがトラウマで人間関係が苦手になってしまった場合の対処法

  7. 公文式、家庭教師、個別塾どれがおすすめ?

  8. 5教科合計100点台から200点台に上昇した報告

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

道山は今何位?

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

プロフィール

思春期の子育てアドバイザー。親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。>>続きはこちら
PAGE TOP