元中学校教師道山ケイの公式ブログです!現在道山ケイは思春期の子育てアドバイザー、成績UPコンサルタントとして中学生の子どもやそのお父さんお母さん向けに、効率の良い勉強の仕方や不登校、反抗期の解決策などを伝える勉強会を定期的に行っています!

menu

道山ケイ公式ブログ|効率の良い勉強法や不登校解決策を紹介

毎日が幸せになるたった一つの考え方

幸せ

私のもとには、
毎日たくさんの相談や感想の
メールが届きます。

感謝のメッセージもあれば、
悩みが解消せず辛いという
メッセージもあります。

そういったメッセージを読んでいると、
おのずと「幸せな毎日になる方程式」
のようなものが見えてきます。

そこで本日は、
毎日が幸せになる一番大事な考え方を
シェアしたいと思います。

これを意識するだけで、
本当に気持ちが楽になると思います。

幸せな人と不幸な人の一番の違い

不幸
毎日生きていると、
様々な出来事が起こります。
そんなとき私たちは、
出来事に対して様々な考え方を持ちます。

 

例えば子どもが事故にあったとします。
この時あなたはどう考えますか?

 

「だから信号無視はダメって言ったでしょ」
「だから21時までに帰って来なさいって言ったでしょ」
「しばらくは外出禁止だからね」

 

イライラしてしまう人も、
いるのではないでしょうか?
一方、

 

「生きていて本当に良かった」
「神様、本当にありがとうございました」

 

と感謝する人もいると思います。
どちらが良いとか悪いとかはありません。
ただ考え方ひとつで、
その人の幸せレベルが変わるのは事実です。

基準を下げるだけで毎日幸せになる

幸せ
ではどういう考えをしたら、
毎日幸せになるのでしょうか?
一つのキーワードとして、
「基準を下げる」方法があります。

 

例えば先ほどの質問の場合、
「周りよりも良い生活をする」
というのが基準の人の場合、
事故が起きただけでイライラしてしまいます。

 

周りの子が事故していないのに、
自分の子だけがけがをしているからです。

 

しかし、
「生きているだけで丸儲け」
という基準の人の場合、

 

事故が起きようが病気になろうが、
生きているだけで幸せを感じることができます。

 
  • 周りよりも良い生活をする
  • 生きているだけ
どちらを基準にするかで、
毎日の幸せ度が変わるのです。

テスト結果に対する基準も同じ

成績表
これはテストの結果でも言えます。
オール4を基準にしている子の場合、
内申点が30だったら、
すごく悲しくなります。

 

しかしオール3を基準にしている子の場合、
内申点が30だったら、
非常にうれしくなります。

 

内申点を上げていく
という目標があるなら、
一つ上のレベルを基準にしたほうが良いです。

 

ただ毎日幸せに生きる
という目標があるなら、
基準は下げたほうが良いのです。

 

どちらが良いとか悪いとかは
ありません。
自分がどちらを選びたいかです。

 

もしあなたが今、
毎日楽しくない、つまらない、不幸だ
と感じているなら、
基準が高すぎるのかもしれません。

 

一度、
  • 生きているだけで幸せ
というところまで下げてみると
良いのかなと思います。

本日のまとめ

日本
人の幸せは、
自分の基準以上の生活を
できているかどうかによって決まります。

 

もし今毎日が幸せと感じないなら、
一度基準を下げてみましょう。
そのために、あえて貧しい国に
旅行に行ってみると良いです。

 

日本という国は、
どうしても生活水準が高いので、
普通の生活をしているだけでは、
幸せを感じられません。

 

基準を下げるという目的で、
日本以外の国に行ってみると良いと思います。

 

明日ですが、
「学習障害(LD)診断テスト」
というお話をします。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

子どもの成績を短期間で上げたいお母様へ

image

子どもの反抗期を改善したいお母様へ

思春期の子育てメール講座    
    • 佐宗直美
    • 2017年 10月 07日

    この記事を読んで私と娘の幸せレベルが違うことに気づかされました。私が娘の幸せレベルまで下げることは、娘の夢を諦めること、すなわち娘の将来を諦めることになる気がするのです。娘は口では夢を語りその夢を実現するためにこの高校に行きたいと言うのですが、行動が伴わず、その事を私が指摘すると、言い訳を並べて終いには勉強することが私の幸せではないと言うのです。娘の夢に向かう姿を応援し、娘と一緒に幸せになりたいのですが、娘の言う幸せは娘が夢を実現した先にあるものではなく、誰からも何も言われない自由が自分の幸せだと勘違いしてるようにしか私には思えないのです。どうしたらよいかわかりません。

    • 夢と現実が離れすぎている場合は、
      夢を追わせながら、保険として、
      次の道にも転換できるように進めていくと良いですよ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログランキング参加中

ブログランキング

7日間の成績アップ無料メール講座

7日間のメール講座

思春期の子育てメール講座

思春期の子育てメール講座

オフィシャルサイト

道山ケイオフィシャルサイト

プロフィール

道山ケイ

2014年まで公立の中学校で教師をしていた。その時、学年最下位のクラスをわずか9か月で学年トップに導く。また、体育大会や合唱コンクールの2冠を取るなど、子どもたちをやる気にさせる方法を習得。その後独立し、現在はメルマガやセミナーなどを通して、中学生の保護者向けに、子どもをやる気にさせる方法や効率の良い勉強方法、正しい子どもへの接し方(子育て方法)などを教えている。

>>続きを見る

>>プライバシーポリシー・運営者情報