あえて受験に失敗させるのはアリか?

受験

先日こんな相談を頂きました。
※プライバシー保護の関係で、
内容の一部を変更しております。

中三男子ですが
全くヤル気にならず

 

ダラダラ生活で
私立併願推薦合格したら尚です。
公立受験レベルを下げるか
悩んでます。

 

来週三者面談ですが
ほとんど会話のない毎日です。

 

この子どうなるかと思いますが、
彼の為にも何でも
何とかなってきたので

 

公立に失敗する経験も
必要かと思いますが、
本音は失敗させたくありません。

 

これから一カ月私は
何をしたらいいのでしょうか?

推薦の合格がほぼ決まり、
ダラダラしている子にたいして、
親はどうしたら良いのか?

 

またあえて受験を失敗させる
という方針はありなのか?
という2つの相談です。
私なりのアドバイスをまとめます。

推薦に合格したらダラダラするのは普通

合格通知
最初にお伝えしておくと、
私が今までにたくさんの中学生を見てきて
100%断言できることがあります。
それは、

 

推薦に合格した子は勉強しなくなる!
です。これはオール5の子も
オール1の子も同じです。

 

それが嫌なら、
そもそも推薦なんて受けさせない
方が良いです。

 

今回の相談者の子が、
推薦に合格してダラダラするのは、
想定の範囲内ということです。

 

まずはここを受け入れるのが、
親としてやるべきことになります。

受験をあえて失敗させるのはあり?

大学
次にあえて受験で失敗することを
経験させるのはありか?
ということですがこれはありです。

 

高校受験対策プログラムに
参加していただいている方には、
私が個人的にメールで受験を
サポートしています。

 

今年も数えきれないほど、
サポートしているのですが、
お子さんの状況的に、
わざと不合格の道を選ばせている方が
たくさんいます。

 

なぜそうさせるのかというと、
人生のゴールは高校受験ではない
からです。

 

あえてここで失敗経験をさせることで、
大学受験への気持ちが変わります。

 

お子さんが今までの人生を
  • 特に努力せず進めてきた
  • 他人の力ばかりでやってきた
なら一度挫折させるくらいが
ちょうど良いです。

相談者のお母さんがすべきこと

愛情
上記の2つを考えると
今回の相談者のお母様が
やるべきことが見えてきます。

 

志望校ですが、
これは子どもの意思で決めます。
無理に合格しやすいところに
下げる必要はありません。

 

その後は見守ります。

 

そして不合格になったら、
「大学受験では同じことが
起きないように頑張ろう」
と励ませばいいです。

 

愛情バロメータが高ければ、
子どもは納得します。
低ければ子どもは親を恨みます。

本日のまとめ

成長
親として子どもに失敗させたくない
と考えてしまうのは仕方がないです。
しかしその気持ちこそ、

 
  • 子どもの成長を妨げる
  • 愛情バロメータを下げる
原因になることがあります。

 

少しだけ考え方を変えて、
失敗=成長と捉えましょう。
それだけで子育てがかなり楽になります。

 

明日ですが、
「最低限すべきお金の教育」
というお話をします。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

  1. 勉強

    親が伝えた勉強法を子どもがやらない時は?

  2. 子供

    だらしない子どもへの対応法

  3. 恋

    子ども向け!先生に恋をしたら?

  4. 階段

    子どもの態度を変える魔法の方法はあるのか?

  5. ノート

    中学校のノートってどのように点数が付いているの?

  6. 勉強

    私立で確約を取った後の勉強法

  7. オール1

    オール1から高校受験の勉強を始める方法

  8. 学生

    子どもが荒れるのは親のせいなのか?

コメント

    • 小池昌子
    • 2018年 2月 05日

    前略
    相談を載せて頂きありがとうございました。
    もんもんとした日々を過ごしてきましたが、三者面談の時に本人から志望校を変えないという事を言ってくれました。それからは遅まきながら勉強しています。私もやるだけやってダメだったら…と、心配はしていますが、先生からの失敗した場合の話し方まで記載して頂き、また私の考えが先生た同じだったの事に安心しました。今日は、入試成就の御祈祷をあげて頂きました。親はそんな事しか出来ませんね。もちろん、最大限に応援しています。あと1ケ月、親子で緊張感を持ちながら頑張ります。また、最近の記事では、将来のことを記載していてとてもためになります。毎日、ありがとうございます。先生にご縁があった事に感謝です。
    まだまだ寒い日々が続きます。お身体ご自愛下さいませ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

道山は今何位?

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

プロフィール

思春期の子育てアドバイザー。親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。>>続きはこちら
PAGE TOP