元中学校教師道山ケイの公式ブログです!現在道山ケイは思春期の子育てアドバイザー、成績UPコンサルタントとして中学生の子どもやそのお父さんお母さん向けに、効率の良い勉強の仕方や不登校、反抗期の解決策などを伝える勉強会を定期的に行っています!

menu

道山ケイ公式ブログ|効率の良い勉強法や不登校解決策を紹介

高校

先日こんな相談をいただきました
※プライバシー保護の関係で、
内容の一部を変更しております。

道山先生、
毎回のメルマガ非常に為になります。
基本的な事がわからないので教えてください。
高校の普通科と総合学科の違いは何ですか?
一緒だと思ってました。

普通科と総合学科って、
確かにすごく似ている気がしますよね?
でも似ているようで違いがあります。

普通科と総合学科で迷ったとき、
どちらを選択すべきかについて、
私なりの考えをまとめます。

普通科と総合学科では学ぶ科目が違う

大学進学
そもそも普通科高校って、
どういった内容を学ぶ場所か、
ご存知でしょうか?

 

普通科高校の目的は進学です。
だから大学に入ることが、
普通科高校が行う学習のサポートです。

 

じゃあ大学に進学するために
必要な教科って何かというと、
国語、数学、理科、社会、英語の
5教科になります。

 

一方総合学科の目的とは何でしょうか?
文部科学省はこう定義しています。

 

総合学科は、
普通教育を主とする学科である「普通科」、
専門教育を主とする学科である
「専門学科」に並ぶものである。

 

総合学科で行われる教育の特色として、
幅広い選択科目の中から
生徒が自分で科目を選択し学ぶことが可能であり、
生徒の個性を生かした主体的な学習を重視すること。

 

将来の職業選択を視野に入れた
自己の進路への自覚を深めさせる学習を重視すること。

一言で言うと総合学科とは、
「自分の進路を見つけるのが目的」
ということになります。

総合学科の特色とは?

絵画
では総合学科には、
どういう特色があるのでしょうか?
普通科の場合1年生から3年生まで、
5教科+副教科を学びます。

 

一方総合学科は、
1年生のみ5教科+副教科を学び、
2年生からは専門分野の授業が入ってきます。

 
  • 福祉
  • 絵画
  • 保育
  • マーケティング
 

こういった専門分野の授業が入ってきます。
どういった授業が入ってくるかは、
学校によって異なります。

 

ただ中学校では学ぶことができない
さらに深い分野を学ぶことができるのです。

夢が見つかっていない子は総合学科もおすすめ

夢
私自身は普通科を卒業しました。
だから自分の体験談から、
「総合学科がいいよ」とは言えません。

 

ただ、カリキュラムを見る限り、
夢が見つかっていない子ほど、
総合学科はお勧めだと思います。

 

普通科だとどうしても、
中学校と授業内容が変わらないので、
夏休みなどに自分の力で、
いろいろな経験を積む必要があります。

 

総合学科の場合、
それが授業に組み込まれているため、
より夢が見つかる可能性が上がります。

 

ただデメリットとして、
5教科の授業が少なくなるので、
大学入試の時勉強が大変です。

 

もし気になる総合学科があるなら、
まずは資料請求をしてみるとよいと思いますよ。

 

明日ですが、
「夜寝られない時の解消法」
というお話します。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

子どもの成績を短期間で上げたいお母様へ

image

子どもの反抗期を改善したいお母様へ

思春期の子育てメール講座    
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログランキング参加中

ブログランキング

7日間の成績アップ無料メール講座

7日間のメール講座

思春期の子育てメール講座

思春期の子育てメール講座

オフィシャルサイト

道山ケイオフィシャルサイト

プロフィール

道山ケイ

2014年まで公立の中学校で教師をしていた。その時、学年最下位のクラスをわずか9か月で学年トップに導く。また、体育大会や合唱コンクールの2冠を取るなど、子どもたちをやる気にさせる方法を習得。その後独立し、現在はメルマガやセミナーなどを通して、中学生の保護者向けに、子どもをやる気にさせる方法や効率の良い勉強方法、正しい子どもへの接し方(子育て方法)などを教えている。

>>続きを見る

>>プライバシーポリシー・運営者情報